人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人魚姫は何を食べているのですか?娘に聞かれましたが答えられませんでした。教えてください。

●質問者: RAMBO
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:人魚姫
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 8/10件

▽最新の回答へ

1 ● bijyou

○○ちゃん。パパ、人魚姫のごはんを電波妖精ハテーナに聞いてきたよ。それによるとね、赤ちゃんのときはプランクトンを食べるんだって。プランクトンというのは海に住んでいる小さな生き物たちのことでね、増えすぎると赤潮の原因になるんだよ。怖いねえ。

それで○○ちゃんくらいになると魚を食べ初めて、すぐにサンマの内臓の苦みのよさがわかるそうだよ。人間より早いねえ。

でもね、おとなになるころには、さすがに人魚姫も魚を食べるのに飽きちゃうんだって。

じゃあ何を食べるのって、パパ、妖精さんに聞いてみたの。

そしたらね、おとなの人魚姫はね、パパやママの言うことを聞かない子供が海に近づいた時に、『ガバー』と後ろから襲って、海にひきずりこんでムシャムシャ食べちゃんだって。怖いねえ。○○ちゃんも、パパの言うことをちゃんと聞かないとだめだよ。


※意味もなく教訓風に仕上げてみました。もう海には行かないか。


2 ● sukeshi

人魚姫は王子様に恋をしている真っ最中で、胸が苦しくて食事も喉を通らないんです。


3 ● TomCat

たしか、アンデルセンの人魚姫の物語の中には、人魚の食事シーンの描写はなかったと記憶しています。ですから、これは作品が成立した背景をたどって想像するしかない、ということになりますが・・・・。

http://homepage3.nifty.com/~akasatana/akasatana10.html

とりあえず、イギリスでは人魚の好物はロブスター、とする考え方があるようです。またアメリカではニシンの酢漬け、なんていう話もあるようです。

http://island.site.ne.jp/fairy/stories/mermaids.html

あるいは、グレートブリテン島とアイルランドに囲まれたアイリッシュ海の中央に位置する島国、マン島の民話では、人魚はリンゴがお気に入り、という話もあります。

さて、アンデルセンなのですが、この人は旅が好きで、ヨーロッパ諸国をずっと旅して回っているんです。この旅の経験が、アンデルセンの創作の土台になっていると考えられるんですよね。

もちろんアンデルセンは、イギリスにも渡っています。最初の渡英は1847年、42歳の時です。この時、「クリスマス・キャロル」を前々年に出版したディケンズと知り合っています。

もっとも人魚姫が発表されたのはそのずっと前の1836年で、この前にアンデルセンはドイツ、フランス、イタリアへ旅行を行っています。ですから、人魚姫の下敷きになっているのは、おそらくローレライに代表されるような「妖精」としての人魚。妖精は人外の存在ですから、これは物を食べないか、あるいは自然の気のようなもので生きています。きっと執筆当時は、人魚が物を食べるとは、アンデルセン自身も考えなかったのでしょう。

でも、もしかすると後になって、ああ、人魚ってロブスターやリンゴが好きなんだな、なんて思ったのかもしれません。

ということで、人魚は妖精のような存在なので物は食べない。海の中に差し込む光や、水や、泡などの輝きが人魚のエネルギー源。

あるいは、ロブスターやニシンの酢漬けやリンゴが好き。

このどちらかということになるのではないでしょうか。


4 ● monkey_timpo

http://www.hoshinohana.ne.jp/rainbow-r.html より抜粋

人魚の好物はアクアマリン

http://homepage3.nifty.com/~akasatana/akasatana10.html より抜粋

ロブスターが人魚の好物

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FXLC 商品の説明より抜粋

ロブスターをいきなり殻ごと食べてしまうといった豪快さ

以上より、人魚の姫である「人魚姫」の好物はロブスター、もしくは夢を忘れさせないためにロマンチックに「アクアマリンという鉱物が好物」と説明してあげればいいんじゃないでしょうか?


5 ● naokn

お寿司です。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ