人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

いわゆるバイオベンチャーを就職先として考える時に、
こういう点に気をつければいい、などといったことはありますか?マイナス面という意味で。
バイオベンチャー特有や、ベンチャー一般に特有という観点でお願いします。
(本人/知人が現職の人や、バイオベンチャーファンドの方など、だと尚嬉しいです)

●質問者: match7
●カテゴリ:就職・転職 科学・統計資料
✍キーワード:バイオ ファンド ベンチャー マイナス 就職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● かぴ
●60ポイント ベストアンサー

最初にお詫びを申し上げておきます。

私自身わりと近い分野にいるもので、どうしても奥歯に物が挟まったような表現が多くなってしまいました。

申し訳ありません。

また、どのような職につくかによって異なってくる面もあるかと思います。


わりと身近な知人が現在バイオベンチャーで研究員をしています。

主にその人から聞いた話になってしまいますが、ご参考になれば。


もちろんご存じだとは思いますが、大手に比べてどうしても福利厚生を含めた待遇面で不利ではあるようです。

残業手当などもあってないようなものだとか。

ただ、学生時代と同じような雰囲気で研究に没頭できることが好きな人なのでそれ自体は苦ではないとのこと。


しかしながら、国からの補助金頼みのバイオベンチャーがほとんどで、自社の研究開発をもとにした利益を上げているところが皆無に近い現状では…

正社員といえども雇用の安定性が確実に担保されるかどうかは疑問ですね。

契約社員に近い扱いになっている人もいるとのことです。

知人の働く会社もベンチャーとしての研究開発内容ではなく、詳しくは言えませんが別の業務で主に利益を上げているようです。

雇用が続いたとしても、合併や買収に伴って待遇や、研究職なら研究環境そのものも大きく変わる可能性はあるでしょう。


担当する職務内容にもよりますが、人数が少ない分人を育てるというよりも会社側としては即戦力を期待することが多いですよね。

使えなければ切り捨てる、までは行かなくとも、例えば研究(補助)職が派遣社員から正社員として雇われたところ、しばらくして配置換えで書類書き(薬事申請の補助業務だったかな)に回された、という話なども聞きます。

また、バイオベンチャーに限らず小さな企業では使える人に仕事が集中しがちなので、肉体的精神的にストレスがかかりやすいと言うことが言えるかもしれません。

そう言う場合には派遣の方が残業手当などもつけやすいので、研究補助職の知人は正社員の誘いを断り続けて派遣でばりばり働いているそうです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

これが奥歯に物のはさまった言い方とは……

きちんとずばずば書いて下さっていると思います。

僕が漫然と抱いているマイナスイメージをきちんと言葉で表して下さった感じですね。

特に、

>国からの補助金頼み

ってところは、まさにそうですね。

○○国家プロジェクトの一員、みたいなことをよく言ってるけど、逆に言うと、それがなくなれば生きていけない、みたいな……

うーん、研究としてみたら、

環境的には、アカデミックや大企業と大差ないけど、

職業としてみたら、疑問符だらけってことですか。

僕が聞いたりしているのと似た感じだなあ。

昇給とかはどんな感じなんだろう?

あと、歴史自体が短いけど、果たして本当に昇進できるのかとか。うーん。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ