人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会話(雑談)が始まると楽しく話ができるのですが、会話を始めるとっかかりをつかむのが苦手です。
例えば会社で親しみや仕事上の信頼を感じている同僚に出会っても、最初に話しかける言葉が見つからなくて、お互い黙ったままになってしまうことがあります。
野球ファン同士なら「昨日の阪神、惜しかったなぁ」などと定番の話題があって、とっかかりがつかみやすそうです。私はスポーツ観戦に興味がないので、そういう話題がありません。天候の話題はもう飽き飽きしてしまいました。
親しみを感じるちょっとした雑談を始めるのに、いいきっかけになる話題、使いやすい定番の話題でいいのがあったら、教えて下さい。m(_"_)m

●質問者: uta_at_home
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:スポーツ 会社 野球ファン 阪神 雑談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● clever_playboy
●15ポイント

飽き飽きしてしまいましたとの事ですが、天候の話題は定番ですから、外せません。


相手の服装・アクセなど、uta_at_homeさんと趣味の合う好きなものをしてたら、それとなく誉めてみたらいかがでしょうか。

どこで買ったの?みたいな・・・


「お昼ごはんを一緒にさせて下さい」と面と向かって言ってみたらどうでしょう。

美味しいね・・・とか、食事の時は誰しも気分がほぐれますから、うまくいくと思います。

◎質問者からの返答

女性を口説くわけじゃなくて、会社の中の同僚(主におっちゃん)なんですけど。(笑)

説明不足ですいません。

天候の話をまったくしない訳じゃないんですけど、毎日のように顔を合わせているので、しばらく雨が続くと同じ話ばかりになってしまい、面白みがなくなってしまうんです。

ちなみに服装は全員作業服です。


2 ● TomCat
●80ポイント

誰にでも使える話題というのは難しいですよね。人それぞれ趣味や好みが違いますから、テレビの話題というのも難しいですし、かといって世相の話なども今の時代、殺伐とし過ぎてしまいます。

そんな中で、わりと幅広い相手に使えるのは、季節感のある話題です。天候の話と似たような物ですが、うまく使うと話に広がりが出てくるので、天候よりはずっと使いやすい話題になります。

「秋ですねー。食い物がうまいっすよ。課長、もうサンマ食べました?」

「おー、食った食った」

「いいですねー、私はまだなんですよ。もう脂乗ってます?」

「おう。もうなかなかのもんだよ」

「そうですかー。あ、そういえば去年の今頃は、もう私も食べてましたよ。ちょうど選挙があったのが今頃でしたもんね」

「あ、そうか。もう何年も前だった気がするけど、去年だったっけ」

なんて、どんどん話が広がっていきます。

ただ、こういうのは、予めアンテナを張ってネタを仕込んでおかないとうまくいきません。そして、仕入れた情報から連想される話題を、何通りも考えてセットにしておくことも大切です。

たとえば、もうスーパーにサンマが並んでいるという情報を得たら(だいたいこういうのは新聞のチラシを見れば分かります)、そこに、

等々、関連する話題をいろいろセットにして仕込んでいくわけです。

考え方としては、ソーシャルブックマークにタグを付けて整理していくのに似ています。こうして一つの主題に何通りかの派生した話題を関連づけて持っておけば、おそらく会話のとっかかりも掴みやすいですし、途中で話が詰まることもなく、スムーズなコミュニケーションが楽しめると思います。

◎質問者からの返答

季節感のある話題って、天候の話に似てるけど、こんな風に広がりを持たせられるんですね。

広がりを持たせるネタの仕込み方もなんとなく雰囲気がつかめました。最近はテレビを見てないもんで、よけいにネタが少なくなっていたんですが、こういう感じで少しずつ小ネタを用意しとくといいんですね。

ありがとうございました。m(_"_)m


3 ● monkey_timpo
●30ポイント

「いいお店(飲み屋)見つけたんだけど今度どう?」や「最近〜が流行ってるらしいね。知ってる?」など、自分で発見したものや新しい情報を紹介するような感じで、入っていくとまず間違いなく話題に飽きが来ませんよね。また、ああそういえばあの時uta_at_homeさんが言っていたよねなどと注目を集めたり、うまい具合に展開する可能性も多いに秘めており、外せません。

また、話相手の性格や趣味などをもし知っていれば、その人に適した新しい情報を事前にチョイスしておくなどすればいいと思います。「〜ちゃん、そう言えば〜好きだったよね?今度〜ができるんだけど知ってる?」みたいな感じで。+αですが、更に親密になれるきっかけともなるでしょう。

また、東京ウォーカーや東京一週間系の情報雑誌がマストアイテムともなってくるとは思いますが、初期投資だと思えば安いモノです(立ち読みでもいいですね。)。

◎質問者からの返答

やっぱりネタの仕込みは、大事なんですね。

雑誌を買うのはいいのですが、ゆっくり読んでる時間がなくて。

さらさらっと眺めて、いいネタを拾えるようになるのも、慣れというか訓練でなんとかなるもんでしょうか?


4 ● sami624
●20ポイント

1.共通の接点は何かを常に認識していく。

→貨車の仲間であれば、ポジション上どのようなミッションを担当しており、どのような課題を解決する必要性があるのか…とか。

2.常に自分が接している状況につき、明確な事実認識を持つようにする。

→自分が直面している状況がどのようなものであり、相手との共通の接点がある環境において、実態がどのようになっているかを把握していく。

3.現在自分が置かれている状況の制約要因を把握する。

→自分が置かれている状況の事実認識が明確になったら、次はその状況に関わる、法令・習慣・倫理がどうなっているかを確認する。

4.当然これらの事象が明確になれば、共通の接点において、今後どうあるべきかが把握でき、内容の濃い会話が出来るでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

でも仕事の濃い話より、単に親しみの気持ちを交換し合える軽い雑談をしたいのです。


5 ● komeke
●80ポイント ベストアンサー

ネタの仕込みがいらない雑談を考えてみました。


「最近何か楽しい(出掛けたりした)事ありました?」

「この前の土日は天気良かったですけど、どこか行かれたりしたんですか?」

→これで話が広がらなければ行ってみたい場所の話に持っていく。


「休みの日は何してることが多いですか?」

「普段どんなテレビ見てるんですか?」

→話が広がらなければ、見たい映画や話題の映画の話など。


というような相手に質問する形で会話のきっかけをつかみ、

あとは相手の話を聞きつつ、自分の事を話せばネタの仕込みが無くても大丈夫だと思いますよ。

会話が始まると大丈夫との事なので、こんな感じでいかがでしょうか?

◎質問者からの返答

あ、これいいですね。

ネタを仕込まなくても、気軽に話しかける決まり文句で使えそう!

話も広がりやすそうだし。

こんな回答待ってました。ありがとうございます。m(_"_)m


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ