人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「情報基盤整備是正」という言葉を知人から聴きました。

どうやら購入した情報システムの数パーセントは税金控除の対象となる・・という制度のようですが、何かの言葉と勘違いしていると思います。

正しい言葉とその意味について教えてください。

●質問者: dakyo-an
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:システム パーセント 制度 勘違い 税金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●27ポイント

『情報基盤強化税制』の勘違いでしょうか。

http://ascii-business.com/zeisei/zeisei060401.html


『IT投資促進税制』

http://ascii-business.com/zeisei/zuhantest.html

◎質問者からの返答

あ、それかもしれませんね。


2 ● clever_playboy
●27ポイント

情報基盤整備


全国的規模で各種料金や税金などの収納業務を電子化する構想(=マルチペイメント)がある

情報基盤の整備が本格化する中で、個々の業務についても詳細に見直したところ、税金の支払い方法や時期など情報システムが密接に絡む業務の差異が次々と明らかになり・・・

等々ということで自治体などが現在、構想として情報基盤整備を考えているということではないでしょうか。

http://www.pref.mie.jp/pdf/jh/jh04k/job20040000001857.htm


違いますか?

◎質問者からの返答

うーん、違うような・・・


3 ● flying_baobab
●26ポイント

情報基盤「強化税制」ではないでしょうか?

http://www.woodland.co.jp/erp/biz_info/security_tax.html

◎質問者からの返答

是正じゃなくて税制ですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ