人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

建物賃貸借契約における敷金の返還に関しご教授願います。

賃貸借契約を解約し、
退去手続きを進めると、敷金の精算段階になります。

その際に、貸主であるオーナーから、
敷金の返還をされることとなりますが、
この返還する期限に関しては、法律上、
あるいは通達により、「何日以内に」というのは決まっているのでしょうか。

規定に限らず、努力義務等があるのであれば、
その根拠となる情報も頂けましたら幸甚です。

宜しくお願い申し上げます。

●質問者: kamo-kamo
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:オーナー 努力 契約 建物賃貸借 教授
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● hyo-nao
●35ポイント

http://www.h7.dionn.ne.jp

賃貸借における敷金のトラブルは年々増えていますよね。

借主側からの敷金返還請求権は明け渡し時ですが、その支払期限は特にないと思います。

法律的には敷金は賃料の担保ですから、丸々返すのが常識。

でも実際には修繕箇所があるといって、全額戻ってこないケースがほとんどですよね。

ちなみに私も知識がなかったので全額かえってきませんでした。

常識的に考えて明け渡しから1週間くらいで返還するべきではないでしょうか?


2 ● sami624
●35ポイント

http://www.houko.com/00/01/M29/089B.HTM#s3.2.7.3

資金が消滅しない旨の条文はありますが、返還期日に関わる法令はありません。

判例等も特にありませんが、時効には気をつける必要があります。

http://www.houko.com/00/01/M29/089.HTM#s1.7.3

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ