人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

不動産取引(売買・賃貸・媒介問わず)における、
所謂「物件にまつわる嫌悪すべき歴史的背景」についてお教え下さい。

一般的には殺人事件の現場、自殺現場等がこれにあたるとは思いますが、
他にどのようなものがこれに該当するのでしょうか。

また、重要事項説明の際における、この旨の記載方法や、
何度目の取引まで明示しなくてはならないといった、
商慣習上の約束等もお教え頂けましたら幸いです。

不動産鑑定時における値下がりの率や、
明示しなかった場合に起こりうるトラブル等、
本件に関するあらゆる情報を頂けましたら幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

●質問者: kamo-kamo
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:トラブル 不動産 媒介 嫌悪 歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kyhr
●60ポイント

こちらのページがお役に立つのでは

http://www2.odn.ne.jp/~escrow-tumura/html/about173.htm

http://www008.upp.so-net.ne.jp/surusuya/page030.html

http://www.yglpc.com/contents/qa/topics/hto/hto_a012/index_html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ