人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

飛行機(ジャンボジェット機)の翼は接着剤でのみ胴体と接合されているとなにかで聞きましたが本当ですか?また、ボディーの鉄板(?)の厚みも1mm以下だとも見た覚えがあります。性格な情報があれば教えてください。

●質問者: uemussan
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:ジェット機 性格 鉄板 飛行機
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● yoshikichin
●23ポイント

飛行機は「羽と胴体が」と言うより表面大半が接着剤でくっついています。以前は「リベット」で接合していたようですが軽量化、空気抵抗の問題でそうなったようです。

「竹本 喜一・三刀 基郷【著】接着の科学」の本の中にも書かれています。


2 ● kurukuru-neko
●23ポイント

>翼は接着剤でのみ胴体

以下の記事から、接合・取り外しが可能であると思えるので

接着剤ではないと思います。

ANSWER 14 OF 20 JSTPlus JST COPYRIGHT

http://pr.jst.go.jp/cgi-bin/sdi_search/sample.cgi?TN=JS029&F...

>ボディーの鉄板

チタン合金、炭素繊維、アルミ合金、各種複合材のようです。

厚みは不明ですが写真でかなり厚みあるのようにみえます。

民間航空機の設計情報

http://www.iadf.or.jp/8361/LIBRARY/MEDIA/H16_doukochosa/H16_4-5....

エアバス A380

GLARE(アルミニウム箔とガラス繊維布を接着した強化積層板)

http://www.airbusjapan.com/media/a380_technical.asp

エアバスA380に見る複合材料の選定方法

http://www.designnewsjapan.com/magazine/2006/05features_01.html

==その他====

FSW

http://www.designnewsjapan.com/news/200408/0831_09.html


3 ● Jupiter-1
●22ポイント

接着剤はここのハイソール航空機接着剤が使われているそうです。

http://www.thinky.co.jp/k-sample-2.html

ジャンボジェットの構造についてはここが詳しいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/camonohasi555/26959198.html

機体にはアルミ合金などが使われていますがさすがに厚さが1mm以下ということはないようですね。


4 ● Ma2
●22ポイント

ジャンボジェットはどう飛ぶか

http://www.bk1.co.jp/product/2181351

によれば、

胴体の外板はアルミニウム合金で、最小の厚さは1.6mmだそうです。(p104)

正確には超ジュラルミンと呼ばれたこともあるアルミニウム合金2024で、アルミニウムに銅5.4%、マグネシウム合金1.5%などを入れたもの。(P134)

胴体の取り付け図(P121)ものっていて、取付金具がたくさん載っているし、ボルトも見えるので

接着剤「だけ」ということはないでしょう。

ちなみに、この本が発行されたのは昭和55年、B747が最初に就航したのは昭和45年だとか。

リベット接合より接着剤のほうが軽くできるというのを読んだこともあるのですが、どの本だったのかは忘れました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ