人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今年こそ第九の演奏をなまで聴きたいと思っているのですが、どこにしようか迷ってしまっていつも行くことが出来ません。
お勧めを理由を添えて教えてください。
クラシックコンサートは結構行っている方だと思うのですが、フジ子・ヘミングonly・・・そのためか?楽章間拍手をしてはいけないとか、いろいろクラシックのマナーは全く解りません。出来ればそういうマナー気にせず気楽に聴ける人のところに行きたいです。
更に海外から来た人?で聴きたいです。(ドヴォルザークシンフォニック交響楽団とかモスクワフィルハーモニーとか?)
よろしくお願いします

●質問者: kanachan
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:お勧め クラシック コンサート シンフォニック ドヴォルザーク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● spadmin
●20ポイント

http://www.nhkso.or.jp/schedule/concert_132.shtml

URLはNHK交響楽団です。

純粋にメンバーが素晴らしいこと、日程の選択肢が豊富なことと、上のほうの安い席があること、以上3点の理由で推薦します!

◎質問者からの返答

早速のご回答ありがとうございます!

検討してみます。


2 ● Chase
●18ポイント

拍手のタイミングに関しては回りの様子を見ては

いかがでしょうか?私も最初のころはそうやってました。

マナーに関しては演奏中に飲食しない、しゃべらない、

携帯使わないとかでしょうか。

http://arakipage.jp/sakkyou/manners.htm

どこのオケを聴くかは悩みますよね。国内のオケも

上手ですよ。一つ抑えておいたほうが良いのは

「定期演奏会」と書いてあるものへ行くのを

お勧めします。定期以外だと正団員じゃない人が

数多くのっている、もしくはほとんどが団員じゃない

場合があります。フリーランスを馬鹿にするわけではないですが

やはりいつものメンバーでやっているほうが質は

高いです。気に入ったオケが見つかったらそこの

友の会などに入るとお得な場合があります。

◎質問者からの返答

飲食や形態の電源は基本ですよね^^これはポップスも同じなので大丈夫です^^

が…楽章間だけは難しくて^^;一度だけ周りが拍手していたので安心して拍手をし、隣の人にその手をはたかれた経験まであるんです><どうやら楽章間だったらしい(爆)

そういう経験があると気楽に聴けるほうが良い!という気持ちになってしまうんです。情けない限りです。

でもいろいろ教えてくださってありがとうございます!勉強になります。

CDでももっと沢山聴いて勉強して行こうと思います。


3 ● akumukas
●19ポイント

12月は『第九』シーズンですね。

東京交響楽団・秋山和慶さんの組み合わせです。秋山さんはまぁまぁ無難な演奏が多いですが、はずれは少ないです。サントリーホールなので、音響・居心地は抜群です。URLは東京交響楽団です。

http://www.tokyosymphony.com/concert/special.html

拍手は他の人にあわせれば心配ないかと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

無難ですか…はずれが少ない分最初はそういうほうが良いのでしょうか。

検討してみます。


4 ● adlib
●3ポイント

◆ 第九入門 ? 初めてづくし ?

この曲は全四楽章ですが、拍手できる回数は3回以上あります。

約70分の中で、咳払いできるのも、つぎの間合いだけです。

指揮者の入場(最初から合唱団が並ぶこともある)拍手?。

1.第一楽章・第二楽章・第三楽章の間(小休止)。

2.第二楽章・第三楽章の間(ここで合唱団・独唱者が入場)。

3.第三楽章と第四楽章は、休まず連続するので要注意。

4.第四楽章(終楽章)が終ったら、拍手?、「ブラボー」の絶叫や、

歯ぎしり、咳払い、地団駄、大小用、あらかじめ用意しておいた花束を

(舞台下から)プレゼントすれば、握手を求めることも可能です。

合唱団や独唱者への拍手は(他の曲とちがって)一回すくないので、

終わったあとの声援が、いくぶん割増になる傾向があります。

アマチュア合唱団では、しばしばユニークな声援も出現します。

長く敬意を表したければ、小刻みに拍手?を続けるのがコツです。

入場料のモトを取るため、アンコールを要求する不届者もいますが、

この曲のように特殊な編成では、よほどの例外でなければ叶いません。

何度も指揮者を呼びもどしたければ、その表情を観察しましょう。

自分だけの手柄で、楽員・独唱者・合唱団を振りかえらなかったり、

息も絶え絶えなのに、マネージャーや主催者に強要されていないか……。

みんなが拍手している中を、ひとりだけ退場する場合の心得。

列車時刻など、個人的都合によるときは、目を落しながら去る。

演奏に不満があるときは、席を蹴って立ち、胸を張って早足で去る。

知合いと、開演前後の会場ロビーで声高に語りあう“廊下とんび”や、

興奮さめやらぬまま、バスや電車で語りあう“不粋者”は嫌われます。

帰り道に、同行者と語りあえる、静かな場所を決めておきましょう

◆ 初心者におすすめ ? “炎のコバケン”こと小林 研一郎 ?

外来オーケストラの演奏会が見あたらないのは、それぞれの地元で、

教会聖歌隊を中心にアマチュア合唱団との共演を重視するからでしょう。

祭り神輿のように、あなたの街のオーケストラに財政協力を!

2006年末:サントリーホール「第九」演奏会(九回)より

http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/perform/cal0612.html

公演カレンダー

12月01日(金) 玉川大学管弦楽団「第九」演奏会

指揮 秋山和慶

出演 大倉由紀枝(S)、永井和子(M-s)、錦織健(T)、木村俊光(Bs)

合唱 玉川大学「第九」合唱団

12月12日(火) 新日本フィルハーモニー交響楽団「第九」特別演奏会

指揮 広上淳一

出演 大隈智佳子(S)、黒木香保里(A)、佐野成宏(T)、堀内康雄(Br)

合唱 栗友会合唱団

12月21日(木) 読売日本交響楽団「第九」特別演奏会

指揮 ゲルト・アルブレヒト

出演 林正子(S)、坂本朱(M-s)、中鉢聡(T)、三原剛(Br)

合唱 武蔵野音楽大学

12月22日(金) 日本フィルハーモニー交響楽団「第九」特別演奏会

指揮 小林研一郎

出演 井上圭子(Org)、菅英三子(S)、菅有実子(A)、錦織健(T)、青戸知(Bs)

合唱 武蔵野合唱団

12月25日(月) 読売日本交響楽団第485回名曲シリーズ

指揮 ゲルト・アルブレヒト

出演 林正子(S)、坂本朱(M-s)、中鉢聡(T)、三原剛(Br)

合唱 武蔵野音楽大学

12月26日(火) 東京都交響楽団スペシャル「第九」:序曲「コリオラン」

指揮 ジェームス・デプリースト

出演 澤畑恵美(S)、竹本節子(M-s)、福井敬(T)、福島明也(Br)

合唱 二期会合唱団

12月27日(水) 日本フィルハーモニー交響楽団「第九」特別演奏会

指揮 小林研一郎

出演 井上圭子(Org)、菅英三子(S)、菅有実子(A)、錦織健(T)、青戸知(Bs)

合唱 日本フィルハーモニー協会合唱団

12月28日(木) 東京交響楽団特別演奏会「第九と四季」

指揮 秋山和慶

出演 佐藤しのぶ(S)、井戸靖子(M-s)、ライナー・トロースト(T)、

アイケ・ヴィルム・シュルテ(Br) /エリック・シューマン(Vn)、

合唱 東響コーラス

12月29日(金) 東京交響楽団特別演奏会「第九と四季」

指揮 秋山和慶

出演 佐藤しのぶ(S)、井戸靖子(M-s)、ライナー・トロースト(T)、

アイケ・ヴィルム・シュルテ(Br) /エリック・シューマン(Vn)、

合唱 東響コーラス

◆ うんちくノート ? 知ったかぶりしないために ?

── ベートーヴェン《交響曲第9番ニ短調“合唱”18240507 初演》

終楽章に、つぎの原詩の一部が挿入される。演奏時間(約71分)。

── シラー《歓喜に寄す頌歌》17930126 フィッシェニッヒ書簡

第1楽章:完璧無比、空前絶後の傑作。

第2楽章:自虐と諧謔、異称“ティンパニ協奏曲”とも。

第3楽章:天国か地獄か?“天上の音楽”睡魔との闘い。

第4楽章:すべての常識を破った奇想天外な“地上の混沌”解説不能。

?:Allegro ma non troppo, un poco maestoso

?:Molto vivace

?:Adagio molto e cantabile

?:Allegro assai(*)

── 横田 庄一郎《第九「初めて」物語 200211‥ 朔北社》

四六判 上製 300頁 定価2730円(本体2600円)ISBN4-931284-91-4

http://www.sakuhokusha.co.jp/book/dai9.htm

◎質問者からの返答

詳しい説明をありがとうございます。

でも、ごめんなさい。こんなにいっぱいあると返って解らなくて。

コンサートでの最低限レベルのマナーは心得ているつもりです。(携帯電話の電源を切るとか、咳払いとか録音撮影付加とか)

クラシックってそういうレベルのマナーだけではいけないって事でしょうか?いや、、、楽章間が解らなくて周りも一杯拍手してるし演奏がすっごく良くてついつい楽章間に拍手してしまい思いっきりその手を払われた事はありますけど…

クラシックにはクラシックのマナーがあることは理解できたんですけれど、、、こ?んなにいっぱい書かれると逆に興醒め。

それに沢山紹介してくれたのも嬉しいけど、だからどれがどう良いのさ?と伺いたい。

そんなことも知らないのか?!と突っ込まれても仕方ないと思うんですけれど、、、初心者だっているんだしすっご?く解りやすい紹介欲しかったです。

これじゃあ。。。生で聴きたい第九も心置きなく満喫できない感じ。

クラシックってさ?ズブの素人とかクラシックわからないヤツらは来てはいけない世界みたい。

申し訳ないけどそう思っちゃった回答です。

かなり残念かも。


5 ● aveguen
●20ポイント

なんで、みんなクラシックの鑑賞っていうと身構えるのでしょう。

楽章間に拍手しないのは、

楽章の合間のタイミングや空気も交響楽の一部と捉えるからだと思っていたのですが...

ちなみに声楽家が出てくると、なんか特別ルールが発生しますね。(オペラのお作法ですね。)

でも、

すばらしい演奏の時に、楽章間での拍手や独奏後の拍手は元来ありだったはず。

が…楽章間だけは難しくて^^;一度だけ周りが拍手していたので安心して拍手をし、隣の人にその手をはたかれた経験まであるんです><どうやら楽章間だったらしい(爆)

って、その手を叩いた人のほうが無粋だと思います。

自分の気持ちを優先してほしいです。

ちなみに、楽章については事前もしくは会場でのパンフを観れば何楽章ある曲かわかりますのでそれでカウントすればよいのでは。

ちなみに

ズブの素人とかクラシックわからないヤツらは来てはいけない世界

が好きな聴衆はいますが、主催者や演奏者は全くそうは思ってないです。

あくまで、聴衆の中に時々、そういう無粋な人がいるだけだと。

※まぁ、演奏者も権威主義的なんでメンドイですけど。

最後に「第九のコンサートですが」

http://mbs.jp/daiku/2006/

とかがいっそうのことおすすめです。

年末年始は、海外のオケは地元のニューイヤー演奏会で大忙しでしすし、国内オケは、どーも恒例行事でやっているだけな感じで。。。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

我侭な私の話に耳を傾けてくれてホッとしました。

パンフで何楽章まであるかは見ています、一応。。。私の場合これが問題なのか?演奏始まるとパンフで見たこと、パンフの存在、自分が今どこにいるかすら忘れるほど演奏の世界にドップリ浸かっていて、周りのお客様の音?でわれに返る感じです^^;なので事前にパンフを見ても覚えていない。。。演奏者にとって良い聴衆であるといいんですけれどね(苦笑)

何松年始、地元のニューイヤー演奏に行っているなんて考えもつきませんでした!言われてみればそうですよね^^;

この時期はやっぱりどのオーケストラも地元での恒例行事を大切にしてるんでしょうか…

お勧めくださったところ、検討してみますね。ありがとうございます。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ