人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

特に高齢者の身体に付いて詳しい方にお聞きしたいのですが。
来年80歳になる母の身体に黒い痣のような黒斑の様なモノができるのですがどの様な原因で出来るのか、また、対処法はあるのか御教授願います。
尚、本人に聞きますと特に何処かにぶつかった覚えも無いようですし特に転倒した記憶もないようです。それに、医師に聞いたところ判断が付かないようです。宜敷お願いいたします

●質問者: nomu1953
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:医師 対処 教授 来年 記憶
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● clever_playboy
●60ポイント

特に高齢者の身体に付いて詳しいわけではありません。

医師に聞いたところ判断が付かない事が分かるほど、「赤ひげ」でもありません。

でも、とっさに浮かぶことがありました。


老人斑じゃないでしょうか?

老人斑

ろうじんはん

中年以後に出現し、褐色、黒褐色の境界明瞭な類円形の色素斑で、手背、顔面などに好発します。病理組織学的には、色素増殖型、黒子型、色素失調型に区別されます。老人斑は良性のものであり、悪性黒子とは区別されます。ー医学用語解説よりー

http://blog.kansai.com/kaoringo0912/272


写真はこちらです↓

http://homepage2.nifty.com/skincarem/pigmentation.htm

スクロールすると対処法も出ています。

◎質問者からの返答

早速のご解答有り難う御座いました。

只、残念な事に「老人斑」ではなさそうです。

云えることは完全な痣だと云うことです。まー本人があまり気にするようでしたら近々に皮膚科を受診する予定です。


2 ● yuki1113
●10ポイント

「老人性紫斑」(ろうじんせいしはん)ではないでしょうか?

高齢者は血管がもろいので、本人がぶつかった記憶がないような

ささいなことで(圧迫しただけでも)出血(皮下出血)して

黒い跡になることは、よくあります

特に、血液をさらさらにする薬(色々種類がありますが)を飲んでいる場合には

血液が止まりにくくなっているので、傾向が強くなります

はじめは赤いような斑で、その後、黒くなったり黄色っぽくなったり

変化しながら消えていくことが通常で、心配はないと思いますが

出血しやすい病気の可能性もありますので、

内科的にも(血液検査など)診ていただいたほうがいいかと思います

もし、血液の薬などを飲んでいる場合には

医師に相談するのがいいと思います

真ん中あたりに「老人性紫斑」の写真があります

http://www2.tokai.or.jp/hiramatu/hifuk/derdzi02.htm

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ