人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

家を建てる時の事でわからないことがあります。昔の言い伝えで、新しい家を建てる時、母屋よりも屋根を高くしてはいけないという事を聞いたことがあるのですが、それってあまりよくない事なのでしょうか?ただの言い伝えなのでしょうか?わかるサイトや答えがあれば教えてください。

●質問者: reiji12
●カテゴリ:インターネット 生活
✍キーワード:サイト 屋根 母屋
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/3件

▽最新の回答へ

1 ● daikanmama
●35ポイント

家相研究家の方が書かれていることを引用させていただきます。

http://www.kasou.org/main/omoya.html

家相では昔から、母屋より屋根の高い建物を建てたり、母屋の南側や東側に建物を建てることなどを凶としてきました。これは、母屋が屋敷の中心となる建物であり、母屋>他の建物というバランスを重んじた考え方からいわれてきたものでしょう。

昨今の住まいでは、昔ほど「母屋」を第一とする考えはなくなってきています。母屋より屋根の高い建物があると良くないといっても、それは見た目や体裁の問題が主であって、それがもとで災い事が起きるというわけではありません。せっかく建て替えをされるのですから、住み良さを第一に考えていただければよいと思いますよ。

「ただの言い伝え」と割り切って考えればいいようですね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます^^

助かりました・・・・これでなんとか!契○頑張りましゅ!


2 ● jyouseki
●35ポイント

http://www.tukide.jp/event_Folder/event041219/event041219.html

>離れの高さが母屋より高くなることを嫌いますので、屋根勾配を若干ゆるくし、二階は登り天井として建物高さをおさえることで、母屋より低くしています。

昔からの風習を大切にする地域では今でも御質問のようなことを行っている場合があります。

現在の社会情勢の中では「建築基準法に触れなければいい」というのが一般的な考え方です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ