人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

イラスト関係の仕事をしている方に聞きたいです、私もフリーでイラスト関係の仕事を約1年前からしているのですが5ヶ月ほど前にある依頼を受けてホームページ用のキャラクターを作ってほしいとの事でした、それで相手方の要望を聞き可愛い女の子受けする猫のキャラクターを作りました、それで忘れて今頃になって先方が急にそのキャラクターを商品化とかしたいので著作権を含めての全ての権利を買い取りたいとのことのメールを送ってきました、それで皆様に聞きたいのですがこの場合値段いくらつけたほうがよろしいでしょうか?先方も価格はいくらと聞いて来てますのでご回答のほうよろしくお願いします。

●質問者: kugakei
●カテゴリ:ウェブ制作 芸術・文化・歴史
✍キーワード:イラスト キャラクター フリー ホームページ メール
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● adlib
●60ポイント

あなたの、イラストレーターとしてのキャリアは、才能の評価よりも、

経歴や年数で推量される段階だと思います。今回は、忘れていた作品を

思いだされ、採用されることに感謝して、先方に一任してみませんか。

そうは云っても、あなたの将来の野心を尊重して、一般的な契約手順

をあげてみましょう(現場の実態は理不尽かつ奇々怪々ですが)

あなたの作品を、お金に換えるには、つぎの方法があります。

1.一括売渡金20万円を受けとり、以後の権利を放棄する。

2.印税前渡金10万円を受けとり、以後は印税を受けとる。

3.著作権のレンタル契約を交わし、以後は使用料を受けとる。

印税契約は、特許事務所などの諸費用が約10万円かかります。

発注主が負担する場合は、発注主に有利な契約内容になります。

長期間のレンタル契約は、発注主の同意を得ることが困難です。

かりに、これらの契約を結んだとしても、のちに契約違反が生じて、

損害賠償を訴えるには、約50万円の裁判費用がかかります。

逆算すると約1000万円の損害でなければ、訴訟が成立しません。

発注主も受注者も(これらの契約に)未経験な場合は、特許事務所に

相談料(約一時間1万円)を払って、いろいろ教わってみましょう。

これからのイラストレーターは、作品よりも交渉技術が重要ですね。

わたしの経験から、おすすめしたいのは、あなたの作品集をまとめて

「この作品で一時金をいくら受けとった」というような電子アルバムを

作っておくことです。点数が多いほど、交渉がはかどります。

http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&...

キャラクターの著作権(画像索引)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ