人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

多くの人の左右の足の長さは微妙に違うそうですが足の長さの違いによる姿勢の歪みを矯正する為の靴や室内履きというものは存在しますか?靴底の深さをカスタマイズできる靴でもいいです。

●質問者: gimondarake
●カテゴリ:医療・健康 美容・ファッション
✍キーワード:うそ カスタマイズ 姿勢 存在 微妙
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●27ポイント

矯正する為の靴は存在します。

(正確には元々あるのではなくインソールでその人に合うように矯正します)

http://www.41shoes.jp/

http://www.shoesonnet.com/baranss.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● pikupiku
●27ポイント

http://www.shoetechnique.com/index.html

シューテクニック・ジャパン

◎質問者からの返答

これはいいですね!ありがとうございます。


3 ● whitecat
●26ポイント

http://www.painclinical.com

治療をしている立場からお答えしたいと思います。

私は、都内でAKA(関節運動学的アプローチ)と言う、整形外科の最新の治療法を実施している者です。

足の長さの違いを気にされる方、また必要以上に気にさせるように煽るような事を言う方が世の中にはいるようなのですが、現実的な話としまして何か余程、病的な問題を抱えていない限りにおきましては足の長さが違わない人を探す方が難しいのです。また、どの位違っていたらダメでどこからが大丈夫などと言うようなことは誰にも分からないのです。ただし、5センチ以上も違えば明らかにビッコを引くことになりますからこれは治療が必要だと思いますが、よほどの事情が無い限りそのような方はまずいらっしゃいません。

関節の医学的な最新の治療をしている立場からお話をさせて頂きますと、まずすべき事は体の中心であり土台になっている、骨盤の仙腸関節の異常をまず正常に戻し、重心バランスをその方にとって正しいポジションに戻すことが最も大切なこととなります。今まで、見てきた患者さんの失敗は人から言われて足の周囲や末端をいじったり固定するような道具を使ってますます体の痛みの症状を悪化させている方がもの凄く沢山いらっしゃると言うことなのです。体の土台でもあり、基礎となる骨盤の重要な関節をまず最初に治すべきであって末端をいじるようなことは基本的にしなくても自然に異常な症状は消えていきます。

なぜならば、土台が狂ったひずみを末端でカバーする為に無理矢理作り出している異常である以上、根本が治ればその異常な形状や痛みは無縁になると言う極めて当たり前のことだからです。道具を使ってなんとかするようなことをなさる前に、まず体の根本をきちんと治すことをお考えになってはいかがでしょうか。これは、何十年も後になってご自身の体に大きな問題となって返ってくる重大な問題を秘めている話でもあるのです。

治療法の詳細は、もしご興味がありましたら上記の私の個人のHPを参考になさって頂けたらと思います。お役に立てるようであり、ご参考になるようであれば幸いに思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ご意見はごもっともだと思います。これを元に新たな質問を作ることにします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ