人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

学校等において、「仰げば尊し」を強制される事について、どう思われますか?

生徒側は教育の経費を税金としてを支払っており、教師にタダでボランティアをしてもらっている訳ではありません。
教師側が給料を受け取る事は一つのビジネスとして成立している以上の理由付けは難しく思います。
「我が師の恩」と言う歌詞を歌う行為は、個人的に教師に恩を持つ人間がそれぞれの場で感謝し謳えば良い物であると考え、一斉に強制的される物ではないと考えます。
卒業式など重要に参加せざる得ない場所で、強制的に教師に向かって起立しを斉唱すべき事は「仰げば尊しに反対する者も少なからずおり、このような主義主張を持つ者の思想・良心の自由も、他者の権利を侵害するなど公共の福祉に反しない限り、憲法上保護に値する権利。 起立や斉唱の義務を課すことは思想・良心の自由を侵害する」
一方的な一定の理論や観念を生徒に教え込むことを強制することに等しく、教育基本法10条1項で定めた『不当な支配』に該当し違法すると考えられます。

●質問者: かわせみかげ
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:ビジネス ボランティア 人間 仰げば尊し 侵害
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 48/48件

▽最新の回答へ

[1]同意見です umisenbei

生徒が自分たちで曲を選ぶようなシステムになれば別の話ですが、教師が生徒にうたわせると言うのは確かに意味がないと思います。


[2]教育の目標は自主性ある生徒の育成 TomCat

卒業式に限らず、あらゆる場において、生徒の自主性の育成が重視されなければなりません。その点において、あらゆる強制は教育の成果を阻害し、到達目標を低くします。

したがって、歌一つにしてもそれを強制するような学校では、その教師はとても仰いで尊しとは思ってもらえないということになるわけです。

教育者としては、教育の成果が存分に発揮される、生徒一人一人が大切にされる指導方針を打ち立て、自主的な歌声の流れる校風作りに努力していくことが大切です。その場合、仰げば尊しが別の歌になるかもしれませんが、それはそれで良いことです。


[3]実際の教育経験からの考察 tata1212

以前、塾の講師を7年ほどしていた経験からお話しするので、

違法か、どうかではなく、生徒側の視点で。

まったくもって、ナンセンスだと思います。

都知事が、「国歌の強制は違法」判決にたいして、「判決を下した裁判官は、現場を知らない、崩壊しているから、必要」

みたいなことを言ってましたが、都知事こそ、現場をしらない。

生徒は、ネットメディアが発達したことで、多くの情報を得るようになりました。情報のない世界では、一歩的な情報支配による独裁で、言うことを聞かすことが可能です。北朝鮮のように。

都知事が言ってる、昔は・・・というのはこれと同じこと。

情報が少なければ、国歌を歌わして、仰げばと落としを歌わして、一方的に教育を、していけば、子供は言うことを聞いたでしょう。

しかし、今は違います。

生徒は、ミクシー・ブログで自主発信のコミュニティを形成しうる時代。強制するのではなく、自主発生させる仕組みが求められている。

講師をしていたときは、物理を教える時も、音楽好きの生徒には、ライブやギターの音の仕組みとか、興味をもっていることをベースに押していました。(こうすると、情熱がすごいんです。)

なので、将来的には、クラスという枠組みがなくなるんじゃないかと、。すんでいる地域でわけるのではなく、興味や、関心、ごとに授業を形成するなんて考え方もあるかもしれません。

まとめ

集団行動のための、ルールを教える(強制する)ことは、必要です。

が、仰げば尊し・国歌は、価値観を強制しています。

必要なし、悪影響のみ。

だと思います。


[4]自分が当事者の時に siigimaru

自分が生徒だったときに、おかしいと思うなら、先生や親に聞けば良い。しかし大人になっておかしいと言う意見は、変です。逆の方向に子供を押し付けていると思います。


[5]押し付けは変だが、 kamisama

> 生徒側は教育の経費を税金としてを支払っており、

> 教師にタダでボランティアをしてもらっている訳ではありません。

> 教師側が給料を受け取る事は一つのビジネスとして成立している

これを理由として取り上げていることがもっと変。

尊敬しているか、恩を感じているかを争点にしないと。


[6]>5 または kamisama

歌詞なんてどうでもいいじゃんとか。


[7]僕の学校は強制されませんでしたが… massunnk

なんというか「仰げば尊し」を歌うのは卒業式のお約束、というか形式ですよね。別段そんなにみんな心を込めて歌ってるわけではないとは思います。「強制」というより「伝統」みたいに思ってました。


[8]日本文化の美徳が間違った方向へ利用されてる気がする昨今。。 takokuro

? 私は音楽の時間に、日本の国家、『君が代』と『校歌』、『仰げば尊し』はしっかりと!練習すべきですが、卒業式で歌う、歌わないは生徒も先生も自由です。。

その自由を認める美徳が日本文化の『形』にでなく『心』を追求する視点の特長に思います。発想のたおやかさ、フレキシブル。。!(ブラボ-!)

? 歌わない理由が、音痴であろうと何かトラウマがあるからでも、、別に表明主張する必要も無く、

? その代わり!人に歌うなとか、歌う人に対して偏見を持つことも避けていただきたい。。

東京都知事は政治家になってから、殊、息子が議員としてジッツ狙いになってからは、生臭く、いっぱし、文化人として以前のように発言してますが、政治的立場、力関係でしゃべってるだけで、文化人面するのはまずいと思う。。 しっかり! 一線を敷くべきではないでしょうか?マスコミも。。

石原都知事の視点は二元論で割り切ってる。。

一番の生徒への悪影響は、二元論で割り切って、他者を切り捨てる暴力です。。形を整えても、心が暴力で押さえつけられたものなら、それは陰湿化していつか暴発するか、自己殺人?して精神神経症になるのではないでしょうか??!

体の良い理屈つけた精神的暴力に繋がるのではないでしょうか?


[9]歌わない自由 everwell

尊敬する先生の一人や二人いらっしゃればその方に対して感謝の気持ちを歌えばよろしい。いらっしゃらなければ歌わない自由がある。それはまたそれで寂しい学生生活だ。強制と感じるか感じないかは人それぞれではないかな。


[10]教育とは多かれ少なかれ強制が基本だと思うが tokuya_n

勉強は個人のものですが、教育となれば、

「こんな風な大人になってほしい」というイメージがどこかにあって、

そうなるように「教え育てる」という側面がありますよね?

「仰げば尊し」が教育として相応しいかどうかという議論をするのならともかく、

強制することの是非を論じるのはちとどうかと思います。


> 生徒側は教育の経費を税金としてを支払っており

教師に給料を払うのは「こんな風な大人に育ててね」と思う社会(個々の親だとは敢えて言わない)であって、

生徒が払ってるわけではないでしょう。


[11]>5 同意 riverside52

同感。「教師がビジネスとして働いている以上は敬意の対象にならない」とかいうのでは、あまりに稚拙な議論といわざるを得ない。

そもそもどうしても歌いたくないなら歌わなきゃいい(別に卒業できなくなるわけじゃないんだから)だけのことでは?「押し付け」であってもそれを有名無実化できる以上目くじら立てるほうが幼稚。


[12]Give&Takeの関係ではあるが… Yoshiya

本当に尊敬し感謝できる先生が一人でもいたら心を込めて歌えばいい。 そうじゃなきゃ歌わなきゃいいだけの事。 卒業式で一人が歌わなくても一々チェックしないでしょう。 歌っている生徒も歌の内容なんてわからないんだから。 君が代だって同じ事。


[13]あなたがそうやってごちゃごちゃ言うせいで mummy-a

誰かの公共の福祉が害されるでしょう。

他人に対して色々言う割に何も考えてないのですか?

いや、むしろあなたのようにそんな事まで考えてるのは少数派でしょうから確実にそれは他人に対して不快をあたえるでしょう。

まぁ、つまりは色々取り上げる事はあるけどなぁなぁでいかないと

社会は成り立たないという事。

強制されるのが嫌であれば卒業式休めば良いじゃないですか。


[14]>1 そのようなシステムこそ問題。 mummy-a

自分たちで選ぶ = 全員が納得。これは違いますよね。結局はスレ主のような人が出て来ます。

誰かが我慢しなきゃいけないのにできない人っているんですね。。僕は歌うのなんて大嫌いだけどみんな歌ってたからちゃんと歌いましたが。


[15]マネーによるギブ&テイクは幻想 castle

教職が仕事であるのは事実ですが、すべてが金とサービスの等価交換だなんてセンスで社会に出たら生きていけません。「お前何様?」といって干されます。

世の中はマネーのギブ&テイクではなくハートのギブ&テイクで動いています。仕事を貰うには人としての信用をまず獲得しなければなりません。つまり恩を忘れないこと、人としての心情に敏感であるが求められます。

よって、「仰げば尊し」の強制は依然として社会人教育における有用なやり方だと思います。


[16]>3 正しいかどうかは別にしても il-mare

先生は歌いたくなければ歌わなくても良いのに、生徒は強制されるのか?と生徒から言われたときに先生はなんて言葉を返すのかは気になります。

気持ちは理解できますがこれ(先生側も生徒側も)が増殖していけば学校とかクラスとか成り立たなくなるような気が個人的にはします。


[17]儒教の影響が残っている例ですね miharaseihyou

身分制社会を安定させるために導入された中国の古い思想ですが、形骸化しても歌だけが残っただけでしょう。もう少し時代に合った歌に変えれば良いとは思いますが、具体的な候補が無い。とりあえず有る物で我慢するのも止むを得ないと思います。


[18]世の中には、いっぱい強制されることがあります kuramoto

なのに

なぜ

「仰げば尊し」

だとか

「君が代」

とか

「日の丸」

だけが、

問題になるのか

そこに

こそ

今の

日本の

問題が

あります


[19]そもそも卒業式なんてアホな儀式に qjpem028

なんで参加するの?

サボればいいじゃん。

人並みに皆と同じように卒業証書もらいたいのに、

自分は他の奴より賢いと思い込んでる性根が。。。


[20]「強制論」は協調性のない人間が陥る幼稚な考えです。 ad1975

みんなで歌も歌えない人間は、社会に出ても適応できないでしょう。社会とは強制と、協調で成り立っています。学生では許されるわがままも、社会人になれば通用しません。生きる為には、耐えなければいけないことばかりです。学生時代にルールや協調性を身につけることができなっかた人間は、会社や社会に適用できず、社会への不満や、屁理屈しか言えない幼稚でわがままな人間になります。


[21]「蛍の光」の方が問題 itarumurayama

「仰げば尊し」より圧倒的に問題でしょう。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/7891/coffee/4.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%8D%E3%81%AE%E5%85%89

>現在は「蛍の光」は2番までしか歌われていないが、

>本来は4番まである曲であった。

>3番と4番は、辺境の地であってもそれは日本の守りの

>ためであり国のために尽くす、というような歌詞で

>あり、この内容が敬遠されて戦後には歌われなく

>なったようである。

以前の歌詞は

「台湾の果ても 樺太も 八島の内の 守りなり(日露戦争後)」です。


[22]たくさんある歌の中の一つにすぎないと思うけど tehi

なんでそこまでこだわるのかわからない。金払ってんだから給食の時間に手をあわせていただきますと言う必要がないとか、金払ってんだから、授業が始まる時に先生におじぎする必要はないとか、そういう問題じゃないような気がするんですけど。


[23]蛍の光は「琉球処分」後に作られた itarumurayama

http://www6.plala.or.jp/fynet/4tegami2002-1.htm

この事件を機会に、日本政府は「琉球は日本国の一部である」と清国に認めさせます。

そして琉球王国をつぶし、沖縄県として日本国に組み込んだ「琉球処分」の2年後に作られた歌が『蛍の光』だったのです。


[24]>5 たしかに massunnk

そこは変だ。つーかこれって「いただきます」論争と構造いっしょじゃねーか。


[25]社会的な儀式には、 imagaichiban

儀式には、形式をふまなければなりません、行動が伴わなければならないこともあります。

行為を共にすることに、意義が見出せない場合は、己のみが行動しなければいいのです。

形式に応ずる思いをもちながら、参加すべきです。

形式の中身を批判することに、意味はありません。

自分が、納得できない形式なら、参加しなければいいのです。

結婚式。

葬式。

成人式。

卒業式。

入学式。

参加しないことで、なんら差別されることは、ありません。

自分に参加しないという意志が、ないかあるかです。

形式の中身を云々する人物は、その儀式を糧としている人しかいません。

だから、自分の葬式は、自分でこしらえるような時代になっているではありませんか。


[26]誰が主催しているのかで決まるのでは oojiji

例えば、生徒が卒業パーティーを主催して教師を招き、教師の信条に反するような歌を斉唱したとしましょう。これに対して教師は歌うのを止めることを強制出来ないですよね。教師に出来るのは、席を立つ事だけです。

学校行事は学校が主催するものですから、生徒に対して何を歌うか指示することは出来ると思います。それに対して、生徒が出席しないのも自由です。もし欠席を理由として卒業出来ないとか不利益を得るような事があって、初めて思想信条の自由を犯すものとなると思われます。

個人的な意見ですが、思想信条をどう持とうとも勝手ですが、社会生活に置いてその思想信条に不愉快な思いを持っている人達と軋轢が生じるのはしょうがないでしょう。その軋轢と折り合いを付けながら生活すると言うのが、現実の社会生活なのですから。


[27]「仰げば尊し」な考え方を toohigh

教える、というか、紹介するちょうどよい機会、程度のノリで考えるならまぁアリかな、と思います。

あの歌詞の「わが師」を今目の前にいる教員に限定して考えるとたしかに奇妙な光景(教員を敬えって教員自身に言われても・・)には見えますが、長い人生の中で師匠と言いたくなるような相手にはやがて出会うでしょうからその時にしっかり感謝しようね、みたいな考えを紹介してるだけ、くらいだとそれほど違和感なくはないですかね。

このレベルの考え方ですら同意できないと言われれば、まぁそれまでですが・・・。


[28]あれって強制で歌わされてたのですか? fallaway

普通に良い曲だと思って歌ってたんだけど。


[29]「仰げば尊し」そのものには罪はない takahiro_kihara

僕は左翼だ、と自認してますが、

君が代のメロディーと歌詞だけは良い歌だな、とは思います。

歌詞だけ見ると問題あるような気もしますが。


[30]では、納税者に「仰げば尊し」を歌って下さい maxthedog

>生徒側は教育の経費を税金としてを支払っており

生徒が授業料を払っている事を言っているのでしょうが、学校教育の費用が授業料では賄いきれないので、税金が投入されています。これは、私立、公立ともそうです。正確なデータは失念しましたが、例えば公立小学校で年間生徒一人あたり55万円の税金が使われています。

>教師側が給料を受け取る事は一つのビジネス

と言いきり「仰げば尊し」を卒業式で歌うことは必要ないと言うのであっても、日本の学校で生徒が学んで卒業出来るのは納税者あってのことです。特に私には子供がいませんから直接的な恩恵を受けることもありません。では、質問者さんは我々に「仰げば尊し、納税者の恩」と歌ってくれるのでしょうか。

質問者さんの言っていることは、私が言ったような屁理屈のようなものです。

また、「思想・良心の自由を侵される」と言いさえすれば何でも自由になる訳ではないと思います。仰げば尊しを教師に歌うことがムカツクと言う『感情』と、侵害される『思想や良心』の違いは説明出来るのでしょうか。「公共の福祉」の公共とは教師、生徒のどちらかの立場から見たものではありません。それは教師、生徒だけではない、親や地域社会、伝統や文化までも含んだ広い概念の事だと思います。となると、卒業式の形をいたずらに壊すことは伝統を個人の自由で否定しようとする、公共の福祉に反する行為だとは言えないでしょうか。

そして、お金だけを全ての価値を計る物とするのならば辛い人生が待っていると思います。もちろんお金は大事な物であり否定するべき物でもありませんが、お金が唯一の評価基準だとするとそれをともなっていない物は価値のない物だと言うことになります。となると「はてな」なんかはちんけな取るに足りないどうでも良い存在と言うことになりますが、そう言い切りますか? お金や契約関係は人が働く多くの理由の一つとして考えることは出来ないのでしょうか。


[31]その通りですね。 noboru

歌いたくない人は歌わなければいいと思います。


[32]この手の議論はたいてい(税)金が根拠になりますよね。 sirouto2

でも個人的には「仰げば尊し」より、「(税)金を払っているから?」という論法の方が嫌ですね。

そのロジックを推し進めていくと、金持ちは税金をたくさん払っているので、金持ちのための社会になるのは避けられないと思う。


[33]>28 「強制と感じる」って不幸な学生生活のような… castle

勉強嫌いだったとしても、普通に学校生活を過ごせたら

卒業式にあの歌はぐっとくるものがありますね。


[34]>28 最近多いですね moonstones

当たり前にやっていたと思ってた事を、強制されてるとか言う意見

別に気にしなければ良いとおもう。あんまり細かい事気にするようになると

精神が疲れて病んでしまいますよ


[35]柳に枝折れなし masyuta

>教師にタダでボランティアをしてもらっている訳ではありません。

>教師側が給料を受け取る事は一つのビジネスとして成立している

>以上の理由付けは難しく思います。

この論理ですと、私たち回答者も「回答者にタダで・・(中略)・・ポイントを受け取る事は1つのビジネスとして成立している・・以下略」という立場にありますね。嬉しい限りです。

>一方的な一定の理論や観念を生徒に教え込むことを強制することに等しく

つまり「起立」や「斉唱」により、生徒たちは「一定の理論や観念を強制的に教えられる」訳ですか?

このような話を聞くにつれ、まるで「子供という未熟な細い木を育てるために、ありとあらゆる外敵や環境から保護し、眼に見える限りの支えで周りを固めてやるのが正義」と言っているように思えてなりません。

しかし、そのような木は見た目は大木となろうと、自分の身を自分で支える事が出来ない、凝り固まった大木になるのではありませんか?

資源がない、また途上国の追い上げの中で、これからの日本という国は楽な国とは言えないでしょう。そんな時代を生きてゆくこれからの子供たちには、自らの意思で強く生きるという「心」を学んで欲しいと思います。そして強く生きるという心は、決して「法や他人の保護」によって育まれはしないでしょう。

願わくばこのような論争が長く続かない事を。


[36]>28 君が代って強制で歌わされてたんですかね? yabooooo

普通に良い曲だと思って歌ってますけど。


[37]卒業後、四十年五十年経って、ふと思い出したときに Sakon

歌を歌わずにに適当にだべってるヤツがいたり、脇で携帯メール打ってるやつがいたり、担任が教頭と口喧嘩してるのが脳裏に浮かんできたりするとしたらどうでしょう。

それ考えると、強制もやむを得ないと思います。


[38]思いやりの気持ちがあれば自然に strikefactory

他人(家族も含めて)に対して思いやりの気持ちがあれば自然と抱く感情。それは「ありがとう」、つまり感謝だと思います。他人同士が共同生活するのですから当然衝突はあると思いますが、それもひっくるめて教育なのではないのですか?


[39]>33 同感です。 strikefactory

中学を卒業して20数年経ちますが、いまでもぐっときますね。


[40]>39 感動です。 Light_o

ぐっと来る方が幸せな感じです。

君が代はぐっときませんけど。厳か過ぎて。


[41]強制されたことないから tachibana26

当事者にならないと何ともいえないですね。でももしそんな恩着せがましいこと強制されたら、絶対歌ってやらないですけど。

歌を強制して何の意味があるんでしょうか・・・そもそもそこが疑問です。アホらし。


[42]論点のスリ替え Xegnyph

教員は、生徒や父兄とは何のビジネス関係も無く対等でもありません。

あくまでもビジネス的に対等な関係を構築したいのであれば、自費で個人教授を雇うべきでしょう。それ以外に手立てはありません。

それ以前に、思想信条や自由平等を論ずる論拠が「ビジネス的な成立性」では説得力に欠けますね。

屁理屈をコネるよりも、単に「歌いたくねーのになんで強制されるんだよ!」と言うほうが説得力があります。

(まぁ、ビジネス云々は無用な話でしょう)


”教育”=”公教育”ではありません。

”公教育”を受けるということは、多かれ少なかれ、社会への順応や適応を受け入れるということです。

社会一般での集団生活の決まりごと(慣行・慣例を含む)を否定し、それに従うことそのものを拒否するのであれば、公的な集団教育を受けるべきではありません。

整備された公教育の場で、実際に受ける内容は個人教授並みの自由度を……と、「いいトコ取り」をしたくなる気持ちはわかりますがそれは非現実的です。

社会への順応教育を拒否するのであれば、公教育以外の教育を選択するしかありません。

私学でも個人教授でもホームスクールでも、教育を受けることは可能です。実際にそういった例もありますね。


教育とは、受ける個人においては社会で生きていくための教養を身につけるためのものですが、社会にとっては社会を維持するための人材を効率よく養成するためのものです。

宗教国家では宗教教育が行われ、共産主義国家では共産思想が教育されるように、日本では民主教育と資本主義を重んじる中でうまい具合に国に従順な人間を量産しているのです。

そういう意味で、「何の強制もない公教育」はあり得ません。

公教育とはそもそもそういうものです。


主義主張が無く妄信的に受け入れるだけでも、一方的な主義主張を掲げるだけでも、幸福な人生を実現するのは困難ですね。

指導要領にも試験にも出ませんが、そういうバランス感覚を身につけることも、集団教育の中で身につけていくべき重要な事柄ではないでしょうか。


[43]最初の方の二行が余計かな? chipmunk1984

>生徒側は教育の経費を税金としてを支払っており、教師にタダでボランティアをしてもらっている訳ではありません。

>教師側が給料を受け取る事は一つのビジネスとして成立している以上の理由付けは難しく思います。

これなくても,質問者の意図は通じると思いますよ.逆にこの二行に反応して議論が飛んじゃっていますね(^o^)


[44]最低限の礼儀 solipsist

「仰げば尊し」を強制する、と言うのは無茶で無理な話ですが、教師が金を貰って教えているとはいえ、形式的にせよ物事を教わる立場の人は教える人に対してある程度の礼儀をもって接するべきではないかと思います。なにせ相手はその分野においては自分より目上なわけですから。

「そんなの強制だ!」と言って頭も下げないのは、例えば、柔道を習いに行ってそこの師範にふんぞり返って「おい、柔道教えろや」と言うようなものではないでしょうか。


[45]歌詞ってそんなに気にしてる人いるのかな DRY

そんな歌詞の歌を教科書に載せるなと言われればまあそうなんですが、仰げば尊しを歌う時に恩がどうのとか考える人ってどれぐらいいるんだろうか。

歌われた側も「生徒が我々に恩を・・・」とか考えるとは思えないけど。


恋してなくてもラブソング歌うことはあるし、その程度のものってことで考えていいんじゃないでしょうか。


[46]陰気な論理 ykaw

この論理で行くと社会の授業は特定のイデオロギーに洗脳される。キリスト教徒だったら進化論は受け入れられない。等々いくらでも難癖つけることはできますよね。


金を払ってるんだからすべて自分の好きなようにするという論理は、なんだかとても傲慢さを感じますね。

大人が言うこととは思えません。

家庭でろくにしつけもできない親が、学校に授業だけでなくしつけまで希望している方がはるかに異常でしょう。


何か学校に対して過剰な期待や妄想を抱いている方が多くないでしょうか。

仰げば尊しを歌えばそのような思考をするようになるとでも思っているのでしょうか。

子供の時はわからなくても大人になってから世話になったと感じることもあるでしょう。

先生に感謝する歌ぐらい一曲歌ったところで害はないですよ。


大人のおおらかさというものを持つべきでしょう。


[47]ヒステリックな論調 integral

道ばたで先生と会ったとしましょう。

「おはようございます」

と言いますよね。

給食食べるときに

「いただきます」

って言いますよね。

仰げば尊し、の歌詞は確かに「師を敬う」という意味ですが、

「先生と言うからには絶対に敬ってへつらえ」

という深い意味はなく、

「3年間おせわになりました。ありがとう」

ぐらいの軽い謝意を表現する歌と言えませんか?

強制といって「歌わなかったらどつき倒す」というのならまだしも、教育も公民性を育成する目的がある以上「ありがとうぐらい言えよ。」という教育の手段としては容認される範囲じゃないですか?

この手の論調は「100%正当化されない以上絶対にダメだ」みたいな感じがすごくします。他に歌があるかもしれませんが、別にこれでもいいじゃない、という穏当な論調で落としどころをつけるという選択肢はないのでしょうか?

もう少し言うなら、この質問で上げられる主張からするなら

「給食は給食費を払っているのでいわばレストランに食いに行っているようなものだ。それを「いただきます」「ごちそうさま」と言わせるとは何事か」といわれたらどうします?そういう意見もまた一つ、というのなら別ですが、通常それは礼儀知らず、というそしりをうけると思いますよ。


[48]当事者の時にどう思うかでしょう。 ken_kusakabe

当事者の時に学校では『意味あること』と、『意味はありそうだけどまったく意味のないこと』について教えていただいたので、特に強制されてる気はなかったですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ