人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

・和式トイレ
・洋式トイレ
それぞれの
・メリット
・デメリット
を教えてください。

特に和式トイレのメリット希望。

●質問者: kunitz
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:デメリット トイレ メリット 希望
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/13件

▽最新の回答へ

1 ● daikanmama
●15ポイント

こんなページがありました。

「和式トイレ普及委員会」

和式・洋式それぞれの長所・短所をうまくまとめてあります。

http://homepage3.nifty.com/tohkubo/http/toilet.html

◎質問者からの返答

すばらしい


2 ● batti55
●15ポイント

http://uruu.jp/news16.htm


3 ● HONMA9691
●15ポイント

http://s03.2log.net/home/testtestte/

http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB000100/tpl/rxr07_11/bkn/2006012...


4 ● ksh
●15ポイント

●和式トイレのメリット

掃除が楽です。公衆トイレが和式なのは、この点が大きいそうです。

●和式トイレのデメリット

しゃがんで立ち上がる、という動作が体によくないです(お年寄りが倒れる場所として、多いそうです)

●洋式トイレのメリット

用を足すのが楽ですね。私は洋式の家で生まれ育ったので、和式は使えないです。

●洋式トイレのデメリット

掃除が和式と比べると面倒です。あと、思わず本とかを長々と読んでしまうことがあります。

http://d.hatena.ne.jp/ksh/


5 ● Gelsy
●15ポイント

使い勝手の面では意見が分かれているみたいですね。ところが、洋式便所のほうが、圧倒的に作るのが楽なんです。


洋式便所の作り方は、

  1. 配管を仕込む
  2. 床のコンクリートを打設する
  3. 壁や床の仕上げをする
  4. 便器を据え付けて、配管をつなぐ

大まかに言ってこんな感じですが、和式便所は

  1. 配管を仕込む
  2. 床のコンクリートを10cmほど低めに打設する(1回目)
  3. 便器を据え付ける
  4. 便器にコンクリートやアスファルトがつかないように、テープなどでぐるぐる巻きにする
  5. 床をアスファルトで防水する
  6. 床のコンクリートを打設してかさ上げする(2回目)
  7. 壁や床の仕上げをする(便器を割ったりしたら、防水からやり直し!)
  8. ぐるぐる巻にしたテープなどを取って、きれいに磨く

こんな感じ。かなりめんどくさいです。

http://www.nihon-as.or.jp/as_shiyo/re_rp.html

(リンク先に、便所のタイル下の防水仕様の一例があります。)

和式便所の場合、掃除する時ジャバジャバ水使いますよね。バケツで床に水をぶちまけるくらいに。防水してないと、下の階にぽつぽつと汚いしずくが・・・。


洋式でも、バケツで水をまいて掃除するなら防水は必要ですが、便器の取り付けが最後なのは同じ。ほとんどの場合、洋式だとこぼれても、ぞうきんやモップで拭き取る程度なので、上記のようなアスファルトを使った防水まではしないことが多いです。少なくとも、ここのところ「ふき取り便所」が支持される傾向にあります。


当然、手間がかかる分お値段も高くなります。最近、店舗やビルのような公共のトイレでも、洋式が多くなっているのはこういう背景があるからです。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ