人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

信号源のインピーダンスが高い(5M以上)場合の微少電流(100?1マイクロアンペア)を測定するプリアンプはどうすればよいか(どういう方式がベストか)

●質問者: youkan_ni_ocha
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:アンペア インピーダンス プリア ベスト マイクロ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ROYGB
●35ポイント

信号源の周波数にもよるのですが、それほど高速でない場合はOPアンプを使った電流電圧変換回路が簡単だと考えられます。

例えば、アナログデバイス社のAD8603というOPアンプの利用例にのっています。データシートの14ページの図47がそうです。フォトダーオードの出力電流を電圧に変換しています。スピードはかなり遅く、16Hzと書いてあります。

AD8603の紹介ページ

http://www.analog.com/jp/prod/0%2C2877%2CAD8603%2C00.html

データシート(英語pdf形式)

http://www.analog.com/UploadedFiles/Data_Sheets/641094459AD8603_...


もっと早い信号の場合は早いスピードのOPアンプを使う方法もありますが、発振しやすいという問題もあります。

AD8304や8305は、入力電流を対数化した電圧に変換する専用ICです。

AD8304の紹介ページ

http://www.analog.com/jp/prod/0%2C2877%2CAD8304%2C00.html

AD8305の紹介ページ

http://www.analog.com/jp/prod/0,,759_847_AD8305%2C00.html

◎質問者からの返答

SOPパッケージ?で電流電圧変換回路を組んだ場合、漏れ電流の処理はガードバンドで十分でしょうか?(できればCANがいいけど、最近CANはかなり減っているみたいですね)ディファレンシャルとか、計装アンプを考えていたのですが、、こちらについては、どのようなお考えでしょうか。周波数はDCですので、正確に増幅できれば良いというレベルです。


2 ● ROYGB
●35ポイント

ガードはあった方がいいかと思いますが、それで十分かは断言できません。一般的な注意事項ですが汚れが残っていると絶縁が低下するので、ハンダ付け後にフラックスなどによる付着物をアルコールなどで拭いてきれいにしておくと特性が多少良くなります。

http://miyasan.serio.jp/series2/noise152.html

http://www.nahitech.com/nahitafu/mame/mame3/iv.html


計測アンプなどの場合は、シャント抵抗に電流を流してその両端の電圧を測定する方法になると思います。この場合もゲインの大きな素子を選べば大丈夫でしょう。あと信号源に何か負荷が接続されている状態で流れている電流を測定するのならば、IV変換回路は使えないので必然的に計測アンプを使った方法になります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ