人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

石油の精製過程において「有鉛ガソリンから無鉛ガソリンへの転換」という作業があるそうですが、どういう作業なのでしょうか?できれば文型の僕でもわかるように教えて下さい。よろしくお願いします。

●質問者: takky2006
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:ガソリン 石油
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/3件

▽最新の回答へ

1 ● toshi_nishida
●35ポイント

『石油の精製過程において「有鉛ガソリンから無鉛ガソリンへの転換」という作業がある』わけではなくて、有鉛ガソリンの販売が禁止され無鉛ガソリンに移行した歴史を言っていると思います。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-ngt/unchiku_data/lead_gas/index.ht...

『1.有鉛ガソリンとは』

『2.廃止のキッカケ』

『3.無鉛化』


2 ● ken911kojima
●35ポイント

そんな作業が精製過程にあるとは思えません。精製過程ではなく、歴史的に転換したということではありませんか?

もともと、有鉛ガソリンは、オクタン価が高いガソリン(今で言うプレミアムにあたりますが)として、製品として存在しました。これは、ガソリンにわざと鉛化合物を添加したものです。

その昔、現在のような無鉛でもオクタン価の高いガソリンというものは存在しなかったのです。

また、エンジンも、その昔には、有鉛ガソリンでなければ壊れてしまうようなものでした。

鉛の環境汚染問題が重要視されるにつれて、自動車メーカーは無鉛ガソリンで動くエンジンを開発し、これにともない、有鉛ガソリンは次第に不要となっていきました。そして、無鉛ハイオクガソリンが商品化されるに至り、今やガソリンスタンドで見かけることはないだろうと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ