人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「時差」という概念を初めて発見したのは誰か教えてください。個人でも○○世紀の××人という形でも結構です。発見時のエピソードなどもあるとありがたいです。よろしくお願いします。

●質問者: ohkura
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:概念 発見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sibazyun
●100ポイント

http://members.at.infoseek.co.jp/shakaino/short/06.html に、16世紀、マゼランが地球を一周してもどってきたら日付が1日ずれていたが、理由がわからず、スペインの学者がこれについて理由を推定して、時差があることに気づいた旨の記述があります。

◎質問者からの返答

求めていた回答です。ありがとうございました!


2 ● くまっぷす
●150ポイント ベストアンサー

現在でいうような時差の概念は、少なくとも何らかの通信手段でお互いに今何時〜と確認しあうような状況がない限り実感できない概念ですね。

実際問題現在の時差(グリニッジを標準時とする)は1884年の国際子午線会議で決められました。

http://www.jcwa.or.jp/knowledge/trivia.html

で、これは当然通信技術(電信)の発達に影響されています。

http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/intercomp/telxtimeline.h...

とはいえまったく概念がなかったはずはないのですが、上記のような目立った記録を見つけられませんでした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%99%82%E8%A8%88

まず一日の中の時刻という概念を考え出して日時計を作ったのは古代バビロニア人であったと考えられています。

で、時差ではないのですが「太陽の南中時刻が場所によって違うはずだ」と考えた有名な例は

http://wwwsoc.nii.ac.jp/icic/08_MUSEUM/03_HISTRY_ROOM/ERASTO/ERA...

エラトステネスによる地球の大きさの計算でしょう。これがおそらく紀元前250年ぐらいですから、これよりは前に概念はあったと思われます。

◎質問者からの返答

想像していたよりも遙かに詳しい回答をありがとうございます!

エラトステネスの実験は子午線沿いの実験のようなので時差とは直接関係ないように思いますが、「地球の円周」という概念がこの当時からあったことが分かりますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ