人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【アメリカの出版業界についてお教え下さい】日本では、出版社、取次ぎ、書店がありますが、アメリカでは、どうなっているのでしょうか?書籍と雑誌では売っているお店が違うという事は分かったのですが・・・。特に、流通事情が知りたいです。出版社、取次ぎ、書店の取り分なども分かると非常に助かります。よろしくお願い致します。

●質問者: ビギン
●カテゴリ:ビジネス・経営 書籍・音楽・映画
✍キーワード:アメリカ 事情 出版 出版社 書店
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● りくっち
●27ポイント

http://www.shuppan.jp/houkoku/ryutu.html

↑のサイトに少しですが日本とアメリカの書店の違いについて要約している文章があります。

質問者さんが提示されている雑誌と書籍の販売ルートの違いと、

アメリカには再販制度がない点を挙げて、

書店経営の実際に触れられています。


以上ご参考まで。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!!


2 ● hnishiki
●27ポイント

まとまった記事はなさそうなので、集めてみました。


2004年1月時点、出版、印刷、流通の枠を越える動きの記事がありました。

http://www.bookmall.co.jp/abj/amepub/ame040105.html

この記事には「ホールセラー」「ディストリビューター」という流通業者が見られます。


ホールセラーについて

一方、ホールセラーは、ブローカーと全く異なり、小売業とは運命共同体の関係にある。レギュラーチェーン、ボランタリーチェーンや独立店(10店舗以内)を組織化して小売本部機能を発揮している。大半がDC(Distribution Center)を持ち、メーカー・小売の間で商品の受発注と売買に介在し、在庫、配送およびチェーン店支援を行っている。

http://mitsui.mgssi.com/compass/html/0005/toku_03.html

書籍のではありませんが、米国の流通システムについてふれているページがありました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!!


3 ● takeship
●26ポイント

http://www.bunkanews.jp/book/index.htm

洋販という洋書販売会社の社長である賀川洋さんが書いた「出版再生…アメリカの出版ビジネスから何が見えるか」が参考になると思います。とりわけアメリカの出版界の流通事情に明るく、アメリカ出版史の新陳代謝など歴史的にも押さえてある。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ