人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

彼女が1年以上前にですが、元彼氏からレイプにあったと聞きました。
レイプというよりは、元彼氏とその友人にまわされたとのことなので、輪姦にあたると思います。
正直、怒りに打ち震えています。相手を刑罰を受けさせたいと思うのですが。
彼女が法律関係の仕事を行っているため、
どれだけレイプ被害の裁判が辛いか(姦淫の争いや公開される裁判で行われること)を知っている上、昔のことなので証明も難しいと、拒否しています。
私は犯人を許せない。
けど、彼女は、人に知られるのが辛い&裁判の辛さをよく知ってるので、何もしたくない。
という状況です。
自分なりに調べてみたところ、輪姦は親告罪ではないとのことでしたので、
もし私が警察に相談に行ったら、すぐ事件として扱われて、彼女本人の意思とは裏腹に進んで行ってしまうのでしょうか。

いったいどうしたらよいのか、わかりません。

彼女の意思を尊重するべきでしょうか?
無理にこちらから、警察に行こうなどということはやめた方がいいのでしょうか?

どちらにせよ、PTSD症状が彼女には見られるので、同意を得たので早く精神的なケアを受けさせるつもりです。

●質問者: iaps
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:PTSD ケア レイプ 上前 彼女
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 31/31件

▽最新の回答へ

[1]警察は動かない。 Yoshiya

私の場合はちょっと事情が違うのですが、イトコが旦那に暴行を受けて足を複雑骨折させられました。全治3ヶ月でした。

イトコも離婚する予定だったので、私は所轄暑に相談に行きました。

そこで、言われた事は親告罪の場合は、訴状と診断書、その上で事情聴取しないと事件として扱うかどうかわからない。

輪姦などの親告罪でない場合も被害届けを出さないと動きようがない。とにかく本人に事情を聞かないと話にならないといわれました。

いとこは後の仕返しが怖いので告訴を断念しました。民事訴訟もかかわりたくないからと拒否し、結局なにもしないまま終わりました。

まずは診断書を必ず取ること。次に精神的なケアを行い、告訴するかどうか冷静に考えさせる。その上での対応でしょう。ちなみに強姦罪の時効は10年です。


[2]陰ながら応援いたします jahno

この話しを聞いて正直、犯人(元彼)に怒りをおぼえます。しかし本当に難しい問題ですね。弱い者が苦しまなければならない、現法の中ではこの問題の解決は大変難しいですね。まずは彼女の精神的ストレスの治療に全力を尽くされるのが先決ではないでしょうか。その上で法律家に相談し、彼女に最適な処置を検討するのが良いかと思います。この手の犯罪は泣き寝入りする人が多いと思いますが、逆に闘っている被害者も多々いると思います。

東京・強姦救援センター

http://www.tokyo-rcc.org/center-hp1.htm

中にはこのような民間団体もありますので電話相談も行っているみたいなので、是非相談を持ちかけるのも一つも方法かもしれません。

私には今このような情報を提供することしか出来ませんが、応援していますので是非とも彼女を救ってあげてください。


[3]>1 診断書は難しいです。 iaps

お返事ありがとうございます。

1年以上前のことなので、診断書は難しいですし。

当時の下着(体液で立証できるらしいのですが・・・・)もないので、どっちにしろ事情聴取が避けては通れなそうです。

親告罪じゃなくても、被害届けを出さないといけないのですね。

結局、問題は親告罪云々というよりも、彼女がセカンドレイプを恐れて泣き寝入りということなんだと思います。

いろいろと考えていたんですが、精神的なケアを行い、

その回復過程で彼女自身に訴える/訴えないを決めてもらうのが最善なんでしょうか。

私がいくら、訴えよう、許せないといっても辛い思いをするのは彼女ですし・・・。

仮に訴えたら、どれくらい裁判などの期間がかかり、

どれくらい彼女は(警察や公判で)証言しないといけないのでしょうか?

裁判では彼女本人がでていかないといけないのでしょうか?


[4]>2 ありがとうございます。 iaps

本当にそうなんです。

被害者なのに、辛い思いをしないといけないのが不憫でなりません。

かと言って、私が犯人の住所などを聞きだし、殴りこむわけにもいかず・・・。

しかし、調べれば調べるほど、セカンドレイプ(警察の事情聴取や公判での証言)がいかに辛いがわかり、安易に訴えようとは言えません。

彼女は精神的に参っており、実際、フラッシュバックなどのPTSD症状がでています。

精神的に回復すれば、訴えるということもありうるかもしれませんので、そばで支えていきたいと思います。

もう1つの問題としては自分自身も怒りと彼女への心配でちょっと精神的にまいってしまってることですね・・・。


[5]>3 こればっかりは難しいですね。 警察の事情聴取は絶対です。 Yoshiya

レイプ裁判は本人が証言台に立つのが原則ですからね。

今は、被告や傍聴人と顔を合わさないように、つい立で証言台を隠して証言できますけど。 被告と顔を合わせばPTSDが再発するとも限りませんからね。

PTSDがあるのならば、強姦罪ではなく傷害罪での告訴も可能だと思います。

この場合は強姦での診断書は不要だと思いますし、心的傷害の診断書で可能だと思いますが、いかんせん罪が強姦罪より軽いのと強姦の事実認定が必要ですから結局は証言しないと無理ですね。 病院に通院していたらカルテが証拠になりますけど、こればっかりはわかりません。

裁判の期間は一概には言えません。被告が否認して最高裁まで長引けば数年はかかります。 被告が事実を認めて争わなければ、数ヶ月で結審しますが。

民事訴訟と平行して行うのも一つの手です。こちらは原告側代理人(弁護士)が出席すれば彼女が、毎回裁判に出廷しなくても済みますけど、被告側からの尋問には出廷しなければならないので、どちらにせよ出廷はさけられません。


[6]彼女の気持ちはどうなのか? b-wind

個人的に「相手に刑罰を受けさせたい」という気持ちにとても共感しますが、

仮に相手に刑罰を受けさせられたとして、それで彼女の気持ちは晴れるのでしょうか?

すでにご存知の通り、裁判となると更なる精神的な苦痛をうることにもなります。

現時点で、元彼との縁が切れているのならあなたとの新たな道を作ることを優先された方がよいと思います。

腹立たしく残念ですが、現在の法律下ではそれがベターなのではないかと考えます。


[7]>6 ありがとうございます。 iaps

客観的なご意見ありがとうございます。

そうなんですよね、彼女は「望んでいない」のです。

私との新しい道を作っていくというお考えは私たち二人にとっては大きな光となると思います。

ありがとうございます。

ただ、気になるのは、一生、後ろめたさを彼女が抱えるのではないか?ということなんです。

仕方ないのかもしれませんが、これからの一生をもっと楽に生きて欲しいと切に願っています。

私の光で彼女を闇を消すことができるのかな?私の一生の仕事にしようかとも少し考えたりもします。

ご意見を拝見する中で、少し冷静になれた気がします。

私自身、気が動転しており、あまり冷静な思考ができなくなっていて・・・。

ありがとうございます。


[8]>5 そうなんですか・・・。 iaps

詳しいお話ありがとうございます。

法律関係には詳しくないので、とても参考になります。

PTSDがあるというか、まだ精神科などには行っていないのでPTSDだと私が思う症状が見られています。

(一応、心理学が専門なので、的外れではないと思います。)

数ヶ月もしくは数年の裁判を闘うというのは相当なエネルギーが必要ですね。

その上、精神的にも辛いとなると彼女が躊躇するのがとてもよく理解できます。

ご意見を頂かずに、実際の辛さをよく理解していなかったら、安易に訴えると言ってしまうところでした。とても参考になります。

正直、普通の状態の自分でもその裁判には耐えられる気がしません。

やはり、精神的ケアを重視し、彼女の決断を尊重することでしょうか。

ちなみに、告訴しないにせよ警察に被害届けを出すという行為には意味があるのでしょうか?

二次被害を防ぐという意味として機能しないのかな?と思ってたりもするのですが・・・。

結局、事実認定が付いて回るんでしょうか。


[9]>8 被害届けをだせば捜査はしてくれるでしょう。 Yoshiya

輪姦は親告罪でないので、告訴しなくても捜査はしてくれます。

犯人が確定しているのであれば必ず警察は犯人と被害者の事情聴取をするでしょう。 そうすると逮捕されれば必ず裁判になりますから、結局被害者の彼女を警察と法廷に出すことになります。 彼女がそれを望まないなら残念ですが被害届けは出さない方がいいですね。

他に犯人を罰する事ができればいいのですが、私には見当がつきません。弁護士や、レイプや犯罪被害の相談窓口、市町村が行っている無料法律相談で判断を仰ぐしかないのかなって思います。

二次被害というのは、彼女に対してなのか他の女性に対してなのかわかりませんが、なんらかのアクションが必要でしょうね。

これ以上つきまとったり、レイプを口外した場合は告訴すると内容証明を送るとか? 治療費と慰謝料もまず内容証明でゆさぶりを掛けて示談にするとか?

本当はお金で解決するものではないのですが、懲罰的な事もありますので…

犯人が若い様にみうけられるので犯人の親と話し合いをもってみる方法もあるんじゃないですか? まともな親なら子供に意見して謝罪をさせる事もできるでしょうから。

すみません安易な方法しか思いつきません。

最後に彼女が立ち直る事を祈っています。 貴方も大変だとは思いますががんばってください。 私の様にくやしい思いをしないように祈っています。


[10]基本的には彼女の意思を尊重するべきです。 ad1975

彼女もあなたに打ち明けるまでの間、悩み続け、苦しみ抜いての選択をしているはずです。今はどうかその考えを尊重してあげて下さい。これから彼女と以前のような関係に戻るには時間も掛かると思います。彼女への想いが本物であれば、ゆっくり時間を掛け、一生単位で見守る覚悟を持ち、常に彼女のそばにあって、その支えになり続けて下さい。








(ただ…私が今のあなたの立場であれば、彼女へは言わずに元彼達を殴りに行きます…。個人的には、絶対に許せない…。)


[11]彼女の痛みと貴方の怒りは別と考えて・・・ yumi1219

絶対許せない行為ですし、怒りに満ちる貴方の気持ちも分かりますが、彼女自身は早く忘れ去りたいのではないでしょうか?訴えると、又記憶を戻して色々な事に答えなくてはいけません。傷口が癒える間がなく、長期間 痛みにさらされます。理不尽で、とっても悔しいと思いますが、そういう人にはいずれ天罰が下ると信じて回復に時間を使って下さい。二次被害のために怯えているのかもしれませんから、「絶対、僕が守る」と言ってあげて下さい。

時間が薬ですし、貴方に告白した彼女の勇気を支えてあげて下さい。


[12]>9 「形式上」捜査はしてくれますが DRY

証拠が無ければ捜査しようがないのが現実。


もしも犯人が常習で、今もそういうことを続けているのなら、他の被害者に強力してもらうことで本格的に捜査してもらうことが可能です。


[13]冷静になってというのが誤りかもしれませんが。 murokawa1131

貴方の怒りは十分分かります。想像しただけでも嫌でしょう。でもまずは彼女のことから優先してください。精神的なショックは計り知れないからです。とにかくケアーが大事で彼女の心の傷を一日でも早く[治すことは不可能でしょうが。]癒すことは出来ます、それは貴方次第だと私は思います。彼女の受けた屈辱と精神的な苦痛は貴方の彼女に対する接し方に委ねられたと受け止めてあげてください。そして、徹底的な癒しを与え貴方の彼女を思う強い心すなわちおおらかな愛で包んであげて下さい。男なら誰しも許しがたいことで、私なら相手を殺していたかカタワにしていたでしょう。男なら同じことを考えるものだと思いますが。ここは冷静になって、人間の過去は消せませんが、ある程度のケアーで薄れさせる事は出来ます。まずそこに専念して彼女を支えてあげてください。貴方のコメントを読んで憤りを感じながらこれを書いています。


[14]彼女にとって、彼氏であるアナタのそんな気持ちと態度が辛い。 doriaso

現時点の彼女の判断を尊重しないと、逆に彼女を傷つけることになる。

将来の話はまた別です。


[15]>14 同意 DRY

質問者さんの怒りはよくわかります。


ですが、彼女はそれ以上に怒りと悲しみを背負っていて、それを我慢しているはずです。


それを「質問者さんの怒りを収める手段」として相手に制裁を加えたいのであれば反対です。


本当に彼女のために行動したいのであれば勝手に警察に行くことはせず、もっとよく話し合うべきです。


[16]被害者は誰でしょう Baku7770

iapsさんが許せない気持ちも理解できます。

本当の被害者は誰でしょう。彼女さんですよね。

他の回答にもありますが、警察の事情聴取は避けられないでしょうが、警察も婦人警官にが調書を取るなどよう気を遣ってくれます。お願いしてみて下さい。

裁判も証言の際は衝立で隠してくれるでしょうが、弁護側は被告を無罪にしようと嫌がらせみたいな質問をしてくるでしょう。

ここは現在の恋人だということを忘れて精神科の専門家として治療に役立つ等の観点から、彼女に刑事告発を勧めるかどうかを判断されては如何ですか?

現在の恋人に知られて、恋人としての判断を押しつけられるだけでもつらい思いをされていると想像しますよ。


[17]弁護士に相談 jyouseki

やはり法律問題はプロの意見を聞くのが最善だとと思います。

相談料は30分5000円が相場です。

相談したから告訴しなくてはならないということはないです。

http://www.law-japan.net/cost.htm


[18]>16 裁判というものは、 aoun

本当に長期に渡って、多大な苦労と出費を余儀なくされるものです。現実はそうです。ここで重要なことは、本人の闘う意思の如何です。恋人と言えども、本人に代わって闘うことは出来ません。ですので、自分の恋人が「本当に、まわされた」というあなたの怒りと、ご本人自身が現に裁判で闘う、ということとは別です。もう一つには、法律関係の仕事をしている女性がなぜこんなことに?ということがあります(事情が分かりませんのでこうなるのではありますが、しかし)。もしかするとですが、かなり乱雑な、或いは、かなり自由な、そんな態様の行為事実の中で、このような事態になった結果になってしまい(残念なことではあるのですが)、さらには、ご本人自身が立証が困難と言っておられるのであれば、ということは、裁判につても、その点あなたとしては(話として厳しいようで、ごめんなさい)分別を重々しなくてはなりません。そこがあなたの必須判断点なのですから。そうしなくては、余計に大変な状況が生まれてしまうこともあるかもしれません。


[19]みなさんと同じですが UCHASAN

彼女さんの意見を尊重してあげてください。

iapsさんの気持ちもわかりますが、iapsさんが怒りが彼女さんに伝わることだけで、彼女さんは更に辛くなるのではないでしょうか。

iapsさんにも申し訳ないと思ったりすることで、更に思い出してしまったり。

彼女さんだけでなく、お二人でケアを受けられて、一緒に先のことを見ていかれるようになられるのが1番良い気がします。

素人考えで申し訳ないのですが、彼女さんがもし自分だったらって考えるとそう思います。

犯人は絶対に許せないですが、早く忘れてお二人の未来が幸せになるようにお祈り致します。


[20]彼女が嫌なら・・ sakura19749

レイプされたことを知られるのはとても苦痛だと思います。

女性なのでわかります。

あなたの怒りもわかります。

他人の私でもレイプをする人間なんか死んでほしいと思います。

私だったら違う方法で復讐します。

法律に触れないものでですね。


[21]>17 無料相談できると思います izumiken

私は以前、痴漢の被害に遭い、弁護士に相談したことがあります。相手は警察に捕まって一応事件解決はしたのですが、どうしても気が済まなくて告訴を考えていました。当時川崎に住んでいたのですが、自治体が行っている無料法律相談があり、話だけでも聞いてもらおうと思って行きました。川崎市の場合は一般の無料法律相談のほかに「女性専用」というのがあり、弁護士さんも女性でした。確か、時間は30分くらいだったと思いますが、私のようなケースで告訴した場合に考えられる結果など、聞けただけでも有意義だったと思います。各自治体に、このようなサービスがあるのではないでしょうか。とにかく話を聞いてもらうだけでも、何らかの方向性が見えてくると思います。


[22]>13 ありがとうございます。 iaps

憤りはどうしても感じざるを得ません。

住所や名前がわかれば、いつ殴りこんでもいいくらいです。

しかし、1日経ってたのと、彼女と話した(普通の会話ですが)のとで、

今大事なのは、相手への報復ではなく、彼女のそばにいることだと気づきました。

1年以上も前の話であり、彼女にとっては忘れたい過去のようです。

もちろん、彼女が回復過程で相手への怒りや憎しみを抱き、法的な処罰を行うことを決断したら全力で支援するつもりではいますが、

ほかの方が書かれているように、それは先の話で、今は彼女を支えることが大事なんですよね。

ただ、支えよう、支えようとして腫れ物を扱うようにならないように気をつけたいところです。

ありがとうございます。


[23]>10 そうなのですが・・ iaps

私も殴りに行きたいところです。

でも、下手に相手を刺激して、彼女に変なことをまたされたら?と思ってしまいます。

1年以上前のことであるので、相手へは法的な手段でなんとか。と思います。(先の話ですが。)


[24]>9 ありがとうございます。 iaps

やはり、被害届を出す=捜査なんですね。

それは、彼女も望んでいないと思います。

しかし、写真を撮られたといっており、それが気がかりです。

インターネット上に公開されたりはしないのか、などと心配でなりません。

彼女は消してくれと言ったから、消したと思うと言うのですが・・・。

いま思ったのですが、仮に裁判になっても

昔、携帯でメールでどれだけつらかったかを相手に言ったと言っていたので

その携帯にメールが残ってれば、多少は証拠になるかもしれませんが・・・。

結局、いま考えることは彼女を立ちなおせることですよね。

法的手段を行うと彼女が決断したら、彼女の方が知識があるので実質的な面では問題はないような気がします。


[25]>16 ありがとうございます。 iaps

そういえば、彼女も仕事柄、知っており、

被告の弁護側が無罪にしようと執拗に「被害者側にそういう意思があった」と言ってきたりするから、とても辛いと言っていました。。

確実な証拠もないので(せいぜい携帯メールの内容くらいでしょうし。)難しいですよね。

連絡を取ろうとすれば、元彼氏には連絡は取れるらしいので、電話で彼女にその話をしてもらい録音なんて方法も思いつきもしますが、現実にはできないでしょう。

精神的な療法の面から言えば、クライエントがしたいと思わなければ薦めるわけには行きません。

クライエントの意思を尊重し、こちらはクライエントの全人格を肯定し、受け入れることが求められます。

なんだか、自分で書いていて、答えがでているなぁと痛感します。

とても良いご意見ありがとうございます。


[26]>18 そうですね。 iaps

あまり事の経緯については私も詳しく聞いていませんが、

しかし、推測するに、当時の彼女は怒りという感情が起こるよりも悲しみに心が支配されたのでしょう。

その犯人たちと飲んでいて、そうなってしまったそうです。

信頼していた彼氏に裏切られ、抵抗したら生命の危険もあった状況です。

辛すぎるあまり、感情をそのまま抑えて、そういう状況になった自分が悪いと思ったのだと思います。

だから、いやなことを思い出すような証拠は処分したのでしょう。

また、法律関係の仕事ということから、裁判になれば職場の人間に知られる可能性があるという思いもあるのだと思います。


[27]>11 ありがとうございます。 iaps

きっと、二人とも忘れ去ることはできないと思います。

私自身もこれから、一生、それを忘れることなく生き続けるでしょうね。

それはともかく。

二次被害は今のところはないと思います。

1年以上経って、そのままなので、相手が味を占めてとかはないでしょう。

仮にあったとしても、ほぼ毎日私の家に一緒にいるので付け入る隙はないと思います。

がんばって支えて生きたいと思っています。


[28]>19 ありがとうございます。 iaps

こんなこと言うのはよくないかもしれませんが、

こういうことを知ってから、ますます、彼女への愛が深まりました。

この最悪な事実の中の良い面はただそれのみですが、それが大事なように思えます。

UCHASANさんがおっしゃるように、私もセラピーを受けようと思います。

このままだと、彼女を傷つける発言(被害届をだそうなど)と言ってしまいそうで恐いです。

もうPTSDの治療だと割り切ってセラピーを生活の中にいれ、

あまりこのことについては普段は考えない方がいいのかもしれません。

ありがとうございます。


[29]ケア→告訴でも遅くないのでは… yue_5885

法律に関しては素人なので間違っていたら申し訳ないのですが、時間が経過しても告訴は出来るのではないかと思います。


ですので、まずは彼女のケアを最優先して欲しいと思います。

彼女が「自分が悪い」と思ってしまっているのならば、

たとえ告訴しても戦うどころではなく、セカンドレイプに傷ついて二度と立ち直れないかもしれません。

最優先するのは彼女に「あなたは悪くない!相手が悪いんだ!」、「辛い思いをしたけどもう大丈夫だよ」と思わせてあげることだと思います。

レイプを受けた女性はとかく自分が悪いと思ってしまうようですが、悪いのは犯人です!!!!


質問者さんの怒りは痛いほど分かります。そして犯人を許してはいけないとも思います。

彼女には「あなたが快復したら、告訴した方が良いと思う」と言うようなことを時間をかけて伝えていく方が良いと思います。


それから質問者さん自体の気持ちを前向きに、でも落ち着いた方向に持っていけるようにしてください。

質問者さん独自で実際にレイプ(輪姦)が警察、裁判でどのように扱われるかということを調べたり、関係機関に相談したりして、彼女が実際に告訴したい気持ちになったときにすぐに動けるようにしておく、というのも良いかもしれません。あるいは彼女からの話が聞けたらメモをしたり、まとめたり。

今すぐ動く!!!と言うような気持ちではなく、彼女が望んだときにすぐに動けるようにと言うような少し落ち着いた気持ちで。


[30]適切な治療機関で治療を受けてください neko-yashiki

他の方も書いておられますが、「彼女」さんのケアがまず必要だと思います。

といっても、PTSDをちゃんと扱える治療機関は多くありませんので、治療機関を選ぶ必要があります。

東京近郊にお住まいでしたら、麻布十番の精神科「さいとうクリニック」と、関連の心理治療室「IFF」をお勧めします。どちらも、早い時期からDV被害やトラウマ障害の治療に携わっていた斎藤学医師が設立した機関です。治療を受けるにあたって、

「受付の電話で、トラウマティックな出来事について話さなくてはならない」

といったことはあり、そのときにも辛い思いはされるでしょうけれども、

「信頼できる第三者に話す」

は治療の一歩ですから、何とか頑張ってください。治療が進んでいけば、

「あのことをなかったことにしない」

という勇気もわいてくるかもしれませんし、逆に治療戦略として

「刑事告訴する」

というのもアリです。「さいとうクリニック」には提携している弁護士がいたりもしますので、単なる

「精神科でPTSDの治療を受けた」

に終わらない、社会的な解決が得られる可能性が高いです。強姦の刑事時効は7年ですから、まだ時間はあります。

http://www.iff.co.jp/


お住まいが東京近郊でないのでしたら、↑のリンクから、IFFあるいは「さいとうクリニック」に電話をして、御地にある適切な治療機関を紹介してもらう、という手もあります。


「彼女」さんの、少しでも早い回復をお祈りします。


[31]>30 追加です(電話相談) neko-yashiki

様子の分からない精神科や心理相談室にいきなり行くのに抵抗がおありでしたら、「日本トラウマサバイバーズユニオン」の電話相談が利用できます(無料)。

http://www.just.or.jp/modules/hotline3/


私は自分自身のトラウマ問題で、6年ほど前に利用したことがあるのですけれども、大変役に立ちました。特にトラウマの問題に特化しているわけではない「い○ちの電話」を利用するくらいなら、こちらをお勧めします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ