人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

スパムメール(出会い系)の対策です。
身に覚えなく、どこかで当方のアドレスが業者に漏れたんでしょう。
「他の登録者が連絡を取りたがっている」とか「○○です。返事を待ってます」のような内容です。
差出人は詐称なのか、ほとんど個人の名前・アドレスです。。
何が目的でしょうか?無視が一番だと思いますが、業務にさしつかえます。
(1)本文中のURLをクリックさせHPに導く広告でしょうか?それとも本当に他の登録者からの求愛のメールなのでしょうか?
(2)差出人が詐称の場合、業者が集めた実在のアドレスでしょうか。それとも
実在しない個人・アドレスをランダムに作成したものでしょうか?

また、「バウンスメールを悪用したスパムを封じ込めるためにはバウンスさせないのが常識」という意見を見つけました。このバウンスとは、サーバが自動で返す「アドレスが存在しない」を伝えるエラーメールですよね。
(3)バウンスを返すと、業者はそれをどのように悪用するのでしょうか?
メールで返事を書くと、当方のアドレスの実在性が業者に伝わるので駄目と理解できますが、なぜバウンスが駄目なのでしょうか。
上記1、2、3をお聞きします。

●質問者: kurokumi
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:Hp URL ほと アドレス エラー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● tikirou
●30ポイント

(1)本文中のURLをクリックさせHPに導く広告に間違いありません。

(2)業者自身のアドレス、もしくは架空のアドレスでしょうね。フリーメールの場合もよくありますね。

(3)バウンスを返すと、このアドレスは存在しないと業者に気づかれるからです。

ランダムに送信してバウンスの有り、無しで簡単に生きてるアドレスか判断できます。

一方、バウンスがないと業者には本人から返信がない限りアドレスが生きてるか死んでるのか

判断がつきません。

◎質問者からの返答

> バウンスを返すと、このアドレスは存在しないと業者に気づかれるからです。

そうですよね。でも存在しないと気づかれる(というか、気づかせる。場合によってはわざと存在しない振りをする)ことは、むしろ良いことではないのでしょうか。業者がバウンスに対しての何らかの対処をしていれば、(期待薄かもしれませんが)送信先のリストから外してくれるのではないでしょうか。


2 ● sibazyun
●30ポイント

(2) ランダム発生がほとんどと見る。

根拠は、ある種のメーリングリストのアドレスである。メーリングリストでは、例えば、xxx@yyy.or.zz (架空です)あてに出すと、複数の登録者全員にメールが発信されるが、xxx@yyy.or.zz 自身が発信者となることはシステム的にできない(という設定がある)。ところが、スパムメールが、xxx@yyy.or.zz から着たのに返事、というのをよそおっていることがある。

したがって、(1)も広告目的と思われる。

◎質問者からの返答

差出人が存在しないアドレスということは、そこにバウンスを返しても、業者には届かない、エラーの処理をしていないということでしょうか。


3 ● b-wind
●30ポイント

1.99%広告で間違いありません。

2.架空・もしくは人のものを利用している場合もあります。

3.「悪用」のパターンは思いつきませんが、ほとんどの場合業者自身のアドレスを使用していませんので、バウンスメールは関係ない第3者のサーバーに届きます。

アドレスが存在すればその人にとって迷惑ですし、存在しなければダブルバウンスのメールが発生することになります。

いずれにせよバウンスメールの本来の役割すら果たせず、更なる迷惑メールを生むだけになります。

◎質問者からの返答

皆さんのおっしゃるとおり、広告なんですね。

ちなみに、私の質問文で引用した「バウンスメールを悪用?」は以下です。

http://forum.tsukaeru.net/viewtopic.php?p=9542&sid=b9a796c67...

架空の場合はダブルバウンスとなり、存在する他人の場合はいわば迷惑メールの転送となって、いずれの場合も、迷惑となる。それがb-windさんのおっしゃるとおり「悪用」なのかもしれませんね。


4 ● pons
●30ポイント

(1)本文中のアドレスをクリックさせる目的です。

また、urlがないメールもありますが、返信しても定型の返事が返り、結局はurlクリックもしくはアドレス収集に使われます。

メールを受け取って2日後くらいに 迷惑メール文面の一部をコピーして ブログ検索してみるとネットで同じ文面のメールを受け取ってブログに記載した人の記事に面白いくらいにヒットしますよ。

http://blog.goo.ne.jp/(たとえばこういう検索で ブログ全てで検索してみるなど。

(2)架空のアドレスが多いです。urlが記載していないメールの場合は返信させることが目的ですから実在のアドレスですが、相手は架空の人物です。

(3)バウンスを返すと悪用するというよりは、spamよけをかいくぐるために 送信先のメールアドレスを fromに指定して、toに架空のアドレスを埋め込むという手段が悪用と言われているもののようです。

たとえば、kurokumiさんから 架空の人に対してメールをだしたかのように装って fromにkurokumiさんのアドレスを指定した スパムを送ります。 すると相手側のサーバーは kurokumi さんに 「あなたが 架空の人に対して送ったこのメールは アドレスが間違っています 本文は「こんな本文になっています」と本文つきで返します。

偽装することで、本来はspam対策済みで 到達しない差出人からのメールがkurokumiさんに届くということになります。

http://search.luky.org/linux-users.a/msg02592.html



◎質問者からの返答

なるほどなるほど。(3)のケースも最近よく来るようになりました。このケースは質問の出会い系とは異なり英語のメールが多いですね。当方が出したように偽装されて、もし相手が存在して受け取ってたとしたら、そのうち苦情が来るのではと頭を悩ましていたところです。


5 ● b-wind
●30ポイント

バウンスメールを悪用とはこういうことのようです。

http://d.hatena.ne.jp/hiro-ueda/20060928#p2

直接 spam を送るのではなく送りたい相手を From にしてわざと存在しないアドレスに送る。

そうすればバウンスメールは送りたい相手に届くし、内容は(大抵添付ファイルとして)バウンスメール内に書いてある。

バウンスメール自体を迷惑メールフィルタにかけてしまうと本来の用途(間違って送ったりで届かなかったりした場合の通知)に問題があることを利用しているようですね。

◎質問者からの返答

なんとも巧妙な手口です!

届いたバウンスメールは無視するとします。

出会い系スパムに対しては、バウンスさせようかと思っていたところですが、届かない可能性が高いようですので、適当にフィルターにかける方針でいきます。

皆さんありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ