人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

経済/経営に関する本

経済や経営に関する本で、これは読んでおいて損は無いぞ!というような、有名な本(多く引用されていたり、経済に関する話に出てきたり、常識といえる本)で英語が原典である本を紹介してください。

フラット化する経済 や ビジョナリーカンパニー のようなものを想定しています。

●質問者: miyatyu
●カテゴリ:学習・教育 経済・金融・保険
✍キーワード:カンパニー ビジョナリー フラット 原典 常識
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●0ポイント

http://item.rakuten.co.jp/book/3680195/

『人にいえない仕事はなぜ儲かるのか?』

この本を持っています。

経済の仕組み、裏話など、興味深いことが冷静沈着に分析されていて、とても面白いです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


英語が原典ではないのが残念ですが、気が向けば読むかもしれません。


2 ● flying_baobab
●28ポイント

基本・・

企業価値評価(上)(下) マッキンゼー

今年第4版が出ました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478470820/ref=pd_sim_b_2/250...

競争優位の戦略―いかに高業績を持続させるか マイケル・ポーター

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478370192/ref=pd_sim_b_1/250...



ビジョナリーカンパニーであれば、まさに

ジェームズ・コリンズの ビジョナリーカンパニー?及び?

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4822740315/sr=1-1/qid=1159531...

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4822242633/sr=1-2/qid=1159531...

個人的には特に?が興味深い内容です。

◎質問者からの返答

回答どうもありがとうございます。


いい感じに紹介してくださりどうもありがとうございます。

『企業価値評価』ですか。うぐぐ、分厚いですね。これは日本語で読もうかしら。

「競争優位の戦略」や「ビジョナリーカンパニー」は日本語で読んでしまっているのが残念です。


これから回答しようと思っているかたで、このコメントを読んだ方に。

後出しで申し訳ないのですが、原典で読もうと思っています。あんまり難しいと...^^なので、どうぞそこら辺を汲み取ってください m(_ _)m


3 ● くいっぱ
●27ポイント

P.F.ドラッカー経営論集―すでに始まった21世紀 (ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス経営論集シリーズ)

P.F.ドラッカー経営論集―すでに始まった21世紀 (ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス経営論集シリーズ)

  • 作者: P.F. ドラッカー
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • メディア: 単行本

個人的には何を差し置いてもドラッカーです。

この本は寄せ集めなのであまりお勧めではありませんが、彼の著書を一冊もよんだことがないのであればダイジェスト版なのでとっつきやすいです。

ちょっと「これが経営だ!」というマネジメント論からは外れてしまいますが、非常に示唆に富む文章と文章の間に教えてくれるものが多く含まれている著作です。


これが経営だ!という観点から行けば、

ビジョナリーカンパニーの著者でもあるコリンズさんのレポートはどれも面白いものばかりです。

日経BPなどへの特別寄稿などで細かくまとまっているもののほうがおもしろかったりします。。

・・・あぁいうのは書籍になってるのかな??

◎質問者からの返答

回答どうもありがとうございます。


ドラッカーですか。ご高名は何度も(訃報も含めて)聞いたことがあるのですが、実はまだ一冊も読んだことがありません。

原書で読むなら、やはりダイジェスト版・論集じゃなくて一冊の本を読んでみるべきですかね。


//今までいただいた回答は経営ばかりですが、経済な本も募集中です。


4 ● tabin
●0ポイント

松下こうのすけさんの「道をひらく」です

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4569534074

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


松下幸之助さんは英語で本を書いていらしたのですね。世界派だなぁ。


//『英語が原典である本』というところが、もしかしたら見落としやすいのか?と少し不安になってきました。


5 ● NY505
●27ポイント

この本は面白かったですよ。

「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと」

Marcus Buckingham (原著), 加賀山 卓朗 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4532312639/sr=8-22/qid=115954...

◎質問者からの返答

回答どうもありがとうございます。


なるほど。とてつもなく残念なことは、この本が既読であることです。なんか本屋で平積みになっていたので買ってしまったのです。


この本の3大テーマのもう一つ『継続可能な個人としての成功』が、邦題には現れていないのはなぜなのでしょうかね。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ