人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

個人事業の開業に伴い電話加入をしようと思っているのですが、ISDNにするかIPホンにするか迷っています。つきましてはISDNにする場合とIPホンにする場合のメリット、デメリットをそれぞれ教えてください。

※ネット接続は必要がなくビジネスホンとしてのみ使用する場合です。

●質問者: masterkton
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:IP ISDN デメリット ネット ビジネス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● nikumarukun
●30ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1159617702

業務に利用で、かつ電話番号を公開するなら社会信用度を

考えてISDNもしくは光電話(NTT)をお勧めします。

IP電話はプロバイダ経由の一般的なものは050番号で

信用度が今ひとつの風評があります。

ネット会社とかパソコン関連ならそれほど毛嫌いはされな

いでしょうけど。

問題が残ってはいますが、固定番号を利用できるIP電話

端末も販売されてはいますが、長期では対応会社の存続も

考慮しなければならないので不安材料となります。

ネットはしないならばISDNにて、少しでも高速回線を

併用する予定なら光電話(これも先日の障害を考えると!

考えますけど)を検討されてはいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

社会信用度・・そうなんですよねえ、いろんな会社の概要見ても050で始まる番号見たことないですし。分かりやすい説明ありがとうございます。


2 ● jyouseki
●30ポイント

http://www.kantan-ipdenwa.jp/

>中小企業が、IP電話(インターネット電話)を利用する際のメリット・デメリット

>IP電話のメリットは?

>料金が圧倒的に安いことです!


>IP電話のデメリットは?

>(1)110番や119番などの特番や、0120番号などの電話サービス等に発信できない。(NTTのひかり電話サービスは除く)


110番や119番が通じないのは問題ありませんか?

大地震などのとき、携帯は使えなくても固定回線は通じることは起こり得ます。

◎質問者からの返答

リスクもたくさんありそうですね。ありがとうございます。


3 ● kurukuru-neko
●30ポイント

会社としてなら停電時にも使える、アナログ電話回線

をお勧めします。 ISDNでも使えなくはありませんが

電池切れで動作しない事が多い。

加入電話・ライトプラン

http://www.ntt-east.co.jp/shop/annai/sin/sin-k.html

遠距離への発信が多い場合料金によっては

アナログ+IP電話の検討の価値があります。

==============================================

KDDIのメタルプラスもあります

http://www.kddi.com/phone/matomete/metal/index.html

◎質問者からの返答

料金は安いんですけどねえ。万一のときも考えないといけませんね。ありがとうございます。


4 ● DRY
●30ポイント

事業で使用するならNTTの固定電話にしたほうがいいです。


社会信用度はもちろん、タウンページに掲載されること、フリーダイヤルや番号案内等のNTT各サービスが利用出来ることも大きいです。


通話料が何万円もかかるような仕事なら、発信用のIP電話と受信用の固定電話両方持つことをお勧めします。


小さな個人事業であればそれほど気にしなくても大丈夫だと思いますが、事業が拡大した時に番号を変えるのは痛いですので、先を見据えて固定電話がいいと思います。

http://www.ipden.jp/syurui.html

◎質問者からの返答

コスト削減、リスクヘッジ、通話制限。以上のことを考えて、これから検討します。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ