人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

認知症の母が熱発で入院しました。
今現在点滴だけで、口からの食事はしていません。
又、嚥下がうまくできず、将来のどに穴をあけ
管から食事をとるようになるみたいです。
そういう選択を拒否すると、罪に問われるのでしょうか?なるべくなら、身体に穴などあけたくないのですが

●質問者: ikukomama
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:なるみ 入院 嚥下 現在 認知症
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/5件

▽最新の回答へ

1 ● flying_baobab
●70ポイント ベストアンサー

拒否は可能です。

ご本人の意思の確認が第一ですが、現状でむずかしいようですので、ご家族が医師とよく話し合ってください。

当面、点滴を続ける

胃ろう(PEGともいいます) http://www.peg.or.jp/eiyou/peg/about.html

http://www.peg.gr.jp/

が主な選択肢で、

「のど」から管を通すのは、胃を切除している患者さんなどで胃ろうがうまく作れない特殊な場合が中心になります(PTEG http://www.geocities.jp/sigechan0123/syokudourou.htm )

点滴の場合でも、長期間に亘る場合は、(多くは)胸の静脈から管(カテーテル)をいれることになります。

嚥下困難については、気管に誤って入りにくい専用の食品も開発されており、リハビリに利用して、最終的には口からものが食べられるようにするのがベストです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ