人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

真保裕一さんの小説「奪取」のあとがきで
連載時と単行本はラストが違うという内容がかいてありましたが連載時のラストってどんな内容だったのでしょうか?

●質問者: TONTON3
●カテゴリ:経済・金融・保険 書籍・音楽・映画
✍キーワード:あとがき ラスト 単行本 小説 真保裕一
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sylphid666
●60ポイント ベストアンサー

このスレの536に書いてあります。

ただ、ネタ元が2chなのと詳しい内容までは書かれていないので、的確な解答ではないかもしれませんが。

小説のラストもひねりが効いていて面白いのですがああいう変化球的な終わり方をされると連載時の結末を知りたくなりますよね。私もそう思った人間なので、調べたのですが、なかなかないですね。逆にこの解答に書いたスレの終わり方だとそれはそれで物足りない気もしてしまいますが。読者は勝手なもんです(笑)。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1063869409/

◎質問者からの返答

なるほど、ありがとうございます。

たぶん正確な内容だとおもいます。

ちょっと痛快すぎましたよね?最後

実は三井のおっさんだけでなく実は彫りの鉄も生きてて二人にだまされるってのを期待してたんですがw

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ