人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: tian
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:いもの
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

6 ● goldman
●20ポイント

ビッグバンの直後、物凄く膨大なエネルギーが生まれ瞬間に広がった。そのエネルギーが生まれた点は特異点で今の物理法則は通用しない。光速以上の速さで広がった。

ビッグバンから3秒で、宇宙は直径1000光年の大きさになったと思われる。

まさに、超光速の世界である。

◎質問者からの返答

どこからかの引用であれば

引用元を示してください。


7 ● ROYGB
●25ポイント ベストアンサー

影、もしくはスポットライトやレーザー光線によって照らされた部分。

例えば、月に向かってレーザーを向けて、1秒に1回転のスピードで動かした場合、月の表面にあたったレーザーの動く速度は、月までの距離を40万キロ、円周率を3として計算すると秒速240万キロの速度。この速度で、レーザーに照らされた部分が移動する。ざっと光の8倍です。1秒に10回転の速度にすれば光の80倍になり、100回転にすれば800倍。また、月よりも遠くの目標なら、さらに速くなります。この速度には理論上の限界はありません。物質が動いているわけではなく、レーザー光も光速で動いているだけで、見かけ上の動きが光速を超えているだけです。


水中などでは光の速度が遅くなるので、その遅くなった速度よりも速く素粒子が移動することは実際にあります。そのときに発生するのがチェレンコフ光です。

http://icrhp9.icrr.u-tokyo.ac.jp/japanese/cherenkov.html

http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/sk/ykphd/chap3-1j.html

◎質問者からの返答

なるほど


6-7件表示/7件
4.前5件|次の5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ