人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

叙情詩、叙景詩、叙事詩を細分化してカテゴリ分けしたいです。
現在詩を扱ったサイトを作成しているのですが、詩のカテゴリ分けに悩んでいます。
叙情詩、叙景詩、叙事詩を大分類として下にそれぞれ10ずつくらい細分化したいのですが、
何かアイデアがあればお願いします。

例えば
叙情詩(うれしい、かなしい、楽しい)
みたいな感じです。

●質問者: chococorn
●カテゴリ:ウェブ制作 芸術・文化・歴史
✍キーワード:アイデア カテゴリ サイト 作成 分化
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

[1]良くも悪くもちょっと詩的な分け方? sui-ren

この分け方は・・・・詩の感じ方はそれぞれだし、一つの詩は一度に色々な色合いを持つものでもあると思うので、実現はかなり難しいかもしれませんが、詩から感じる色で分けるというのもありかな、と思いました。

(取り扱っていらっしゃる詩が、ご自身の詩ではなくて大勢の方のものならば、さらに分けにくいかもしれませんが・・)


と書きながら色の詩集を思い出しました。一編ごとに様々な色の海が広がり不思議な詩集だった気がします。


[2]>1 ありがとうございます。 chococorn

なるほど色ですか、考えつきませんでした。

ぜひ参考にさせていただきます。

詩は自分が書くだけではなくて書きたい人が投稿していただけるようなサイトを考えているので、

なるべくわかりやすく、幅広くカバーできればいいと思って考えているのですが・・・

もちろん私のアイデア以外で何か考えつく分け方があれば参考にさせていただきますので、

皆さんよろしくお願いします。


[3]>1 確かにそうですね。 konoha788

詩のサイトをやってますが、まだ、そういう分け方をしたことがありません。

逆に勉強になりました。

私はまだ勉強が足りないせいもあるのですが、ゆる?い分け方をしています。

でもキッチリ分けられるのも、

chococornさんのサイトの特色になって面白いかもしれません。


[4]たとえば「漢字」で。 rikutakumi

http://www.tssplaza.co.jp/sakuhinsha/book/zui-hon-list.htm

「日本の名随筆」というシリーズをご存知でしょうか。

膨大で多様な内容を、漢字1文字(後期2文字)でカテゴライズしています。センスを感じる編集だと思います。ヒントにされてはいかがでしょうか。


[5]>4 ありがとうございます。 chococorn

漢字一字で表現するのは面白いですね。

案外そういう表現のほうが柔軟に対応できてわかりやすいかもしれません。

参考にさせていただきます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ