人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Wal-Mart は、世界で一番大きな会社であり、メキシコ、イギリス、ブラジル、ドイツ、プエルトリコでは、ITを採りいてたシステムで順調に拡大しています。日本でも西友の株を67%以上獲得して、再建と拡大を進めています。フランスのCarrefourは日本に進出して撤退しましたが、はたして、Wal-Martは世界でももっともはげしい日本の市場で成功をおさめることができるのでしょうか。

●質問者: nothridge
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:Wal-Mart イギリス システム ドイツ フランス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● 狂人日記
●20ポイント

一応の成功はするが、大成功はしない。

その理由は、日本は米国の52番目の州にしてまえ、と思っている人も多いが、それには断固として抵抗する人もいるだろうからです。

藤原正彦さんの著作(例えば、

国家の品格 (新潮新書)

国家の品格 (新潮新書)

  • 作者: 藤原 正彦
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 新書

)

を読んだ人なら、安直に米国と手を結んだ

SEIYUにワザワザ行こうとはあまり思わない。

行っても、画一的で大してオモロないのが目に見えてるんだもん。

でも先日は、行こうかな、とは思ったが、面倒なので止めた。

(歩きたくなかったから、という説はある。)

画一的がお好きな人は、行ってもオモロいでしょうけどね。実際、僕も昔はよう行ってた。


2 ● katokoban
●20ポイント

西友の状況を見る限りでは難しいのではないでしょうか?

少なくとも最近の決算数値や株価を見る限りでは明らかに失敗してるとしか言いようがないでしょう。

http://www.seiyu.co.jp/index.shtml

http://quote.yahoo.co.jp/q?s=8268.t&d=c&t=5y&l=off&a...

日本ではただ安くだけでは評価されず卸業者との関係がいま一つうまくいかず売れ筋商品を揃えきれない点が表層的な点,

深層的にはそもそも過当競争の日本で負け組みの西友と組んでも良い人材もイメージも集められない点に致命的な欠陥があるのではと個人的には思います。

どちらかと言うとウォルマート(と言うかサム・ウォルトンの)肯定派ですが,この人のメルマガが結構詳しく分析していると思います。

http://www.cool-knowledge.com/#chishikigen


3 ● rennet
●20ポイント

http://www.retailweb.net/020/021/

ウォルマートの基本戦略はEDLP、つまりエブリデイロープライス、

毎日、安いものを売りますよ、ということでした。

そしてそのベースにあるのがリテールリンクという自慢の

システムです。

西友でもこれをやりましたが見事失敗でした。

特売日を止め、「レジにて半額」を止め、特売日を知らせる

チラシの配布を止めたところ売上は激減しました。

また仕入れ値を引き下げるはずのリテールリンクも

うまく機能しませんでした。

安ければ売れるはずの商品、中国のくだものの缶詰や

米国のジュースなどは日本では売れません。

現在の西友は特売日を復活し、レジにて半額も復活し^^

チラシも配りまくっています。

結局、日本の消費者の研究が足りなかったということに

なりますが、ウォルマートが日本に進出する時に語った

「日本のマーケットを十分に研究する」は言葉だけだった

のでしょう。

日本人は安いものばかり買う国民ではなく商品によって

したたかな選別をしています。

そこのところが分からないウォルマートは今後も同じような

失敗を繰り返すと思います。

ただ、今回はダイエーの取得に失敗しましたが、別の

流通業あるいはそれに類した業種を取得した場合、

つまり戦略に変更が出た場合はうまくいく可能性があると

思います。規模ということではなく日本の消費者への対応に

変化がでると考えられるからです。

ITではTAGの利用などで最先端を行っています。

他の流通業にとってはおっかない存在です。


4 ● 狂人日記
●20ポイント

つまりSEIYUの欠点は、安直に長いものに巻かれたことです。

その点、JUSCOはまだマシ。

米国型を指向はしているが、まだ日本のことを考えている。

先があるのは、SEIYUよりJUSCOでしょうな。

dummy http://www.aeon.info/jusco/


5 ● pikupiku
●20ポイント

必ず失敗します。競争のゆるい国でしか通用しません。

流通密度が違いすぎます。 ドラッグストアやホームセンターがスーパー化してますから入る隙間はありません。

エブリデイロープライスも特売チラシ攻撃にはかないません。


反対に日本のコンビニは発祥の地アメリカで増えそうですが・・・・・・

http://q.hatena

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ