人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

実家にいる両親がそろそろボケるんじゃないのか?と心配です。
アルツハイマー病は、今でもはっきりとした原因不明ですから仕方ないとして、
加齢によるボケを防ぐには、どういうのが効果的とされているのでしょうか?
胡散臭げな物じゃなくて、(変な生薬とか)
ちゃんとした医師とか、痴呆学会とかのお墨付きの、
科学的にも効果があると思われる方法を、なるべく多種類挙げて下さい。
(ボケ防止のために特別なことをやる、というのよりも、日常生活に組み込めるタイプのものがうれしいです)

また、それとは別ですが、
弧発性(遺伝性ではない)アルツハイマー病は疫学的に言って、
どういうのがリスクファクターで、どういう群では逆に発症が低いとされているのか、
そういう疫学的調査もあれば教えて下さい。
老人性の痴呆に関しても、同じような疫学的な調査があれば教えて下さい。

●質問者: match7
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:お墨付き アルツハイマー タイプ ファクター ボケ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● KairuaAruika
●16ポイント

実際に自分の親にしてもらってることです。

携帯でのメールのやり取りをするようにしています。

指先を,考えながら動かすことが一番です。

又,NintendoDS等で,ごく簡単なアプリを一緒にしてあげるのも良いと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

しかし、それには根拠があるのでしょうか?

よくいろいろな話を聞きますが、

evidence basedじゃないけど、根拠を聞いたことがありません。

本当に指先を○○ってのは効果があると考えるに足りる根拠があるのか?

何となく、みのも○たとかの影響で、僕なんかもそういう風なイメージはありますが、

出来れば根拠付きで、

(Butうちの親が…と言った個別的な根拠ではなく、理論もしくは疫学的調査)

そういう方法を推薦して頂けると幸いです。

ちなみに、うちの親は広島ですので、一緒に何かはできません…


2 ● daikanmama
●16ポイント

こちらに厚生労働省の研究班による研究結果が紹介されています。

http://www.inetmie.or.jp/~kasamie/AlzYobou0527Yomi.shtml

具体的には、週3?5回、1回20?60分、音楽に合わせてステップを踏む簡単な有酸素運動を行った。また魚の脂質に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などを含む栄養補助剤を毎日摂るとともに、30分以内の昼寝をした。

なかなか興味深い研究だと思います。

適度に運動をして、魚を食べて、昼寝をすると、認知症の発症率が下がるということが実証されたということです。

◎質問者からの返答

文中の統計的分析の結果が知りたいですね。

本当にどれだけ有意さがあるのか?

この分野での差が分からないんだけど、

3%と4%の差は、十分な有意差なんですかね?


3 ● IAMTHESUN2
●16ポイント

認知症予防は運動・栄養・昼寝…厚労省で研究データ

http://socialsecurity.nablog.net/blog/b/20150795.html

生活習慣の改善による認知症予防の成果が確認された研究データ。

対象は、茨城県利根町の65歳以上(2001年から2005年)

希望者に以下の指導を行った。

?週3?5回、1回20?60分、音楽に合わせてステップを踏む簡単な有酸素運動

?DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などを含む栄養補助剤を毎日取る




?30分以内の昼寝

その結果、

認知症の発症率: 指導したグループ 3・1% しなかったグループ 4・3%

記憶能力のテスト: 指導したグループの成績が約16%向上


それと、以下のサイトで 認知症の予防について 科学的裏づけのあると思われる情報提供がなされています。

http://www2f.biglobe.ne.jp/~boke/prevent.htm

それぞれの記事にsouce(evidence)が紹介されています。

◎質問者からの返答

下のサイトは面白そうですね。

専門じゃないから、いちいち見るのはヘビーですけど。

ありがとうございます。


4 ● white-cherry
●16ポイント

アメリカで薬が人体実験の段階に来ていますよね

早ければ2年後くらいに、認可されるかもしれないらしいです。

現在の医学ではこの脳の収縮を止める方法はありません

ボケを防ぐには周囲の人間の協力も必要です

過去の出来事と、現在の出来事を交互に思い出すことも重要らしいです

例えば、母親に、私が生まれたときはどうだった?

という、話をし、昨日はこういうもの食べたよねというふうに

今の話をする

これが脳にとっていいらしいです

普段から家族と会話をする、友人と過去を振り返るなどという

ことも、大事なようですね

新しい記憶は海馬に記憶され、古い記憶は大脳皮質に記憶されています

この両方を使うことが重要なポイントのようです

◎質問者からの返答

あーん、面白そうな話なのに、ソースが無いのが残念です。

脳の収縮…はアルツハイマーですか?それとも老人性痴呆?

まあ、どっちにしても、脳の衰えは仕方ないけど、

アルツハイマーは急激だから対処の方法がないけど、

老人性だったら速度は遅いので、

シナプスを増やすことで何とか対抗はできるはずですよね。


5 ● sinceres
●16ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%84%E3%83%8...

>散歩などによる昼夜リズムの改善、なじみのある写真や記念品をそばに置き安心感を与えるなど、薬物以外の介入が不眠や不安などに有効な場合もある。

>介護保険やデイケアなど社会資源の利用も有用である。

>緑黄色野菜、魚介類の摂取はアルツハイマー型痴呆の発症リスクを減少させ、肉類の摂取はリスクを上昇させるという結果が出ている。

だ、そうです。

◎質問者からの返答

wikiは玉石混合ですが、面白いですね。

むしろ、リスクファクターの項が面白かったです。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ