人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「テレビCMの効果が薄れてきている」という説を補強するようなデータがあれば教えてください。

●質問者: おら
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:テレビ データ CM
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● europeo
●27ポイント

「テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0」の第一章がネットで読めます。

米国の例ですが、データも提示しあって参考になると思います。

http://www.digitalmediastrategies.com/lifeafter30/TVCM.pdf


本の紹介は

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798111147/natafull-22/...


2 ● ぺこぽん
●27ポイント

テレビCMの価値が奈落の底--ネットとHDDレコーダーで加速

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20084029,00....

記事の中で以下の様に書かれています。

「調査によると、HDRユーザーのうち、HDDに録画した番組を視聴する際にテレビCMをすべてスキップする人の割合は23.4%となっている。この数字と、テレビCMの80%以上をスキップする人の割合33.0%を合わせると、過半数の人がほとんどのCMをスキップしていることになる。」

関連した記事では以下のようなものが有ります。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20084869,00....

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20085555,00....


3 ● IAMTHESUN2
●26ポイント

1次Souce:

http://www.nri.co.jp/news/2005/050531.html

2次Souce:

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20084114,00....

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20084029,00....

業界では NRI のレポート(上段URL)は衝撃的でした。このレポートを要約解説したのが CNET Japan の記事(下段2つ)です。

プレゼン、資料等のevidece としては十分な情報だと思います。


それと、NHKを除く(広告がないため)、民放テレビ視聴時間量(週平均1日)の推移も参考資料になるのではないでしょうか。つまり、民放テレビ視聴時間量の停滞傾向はCM効果の頭打ち現象と捉えることができるというロジックです。

http://www.fujiseal-ir.jp/library/pdf/annual_2002.pdf

(P9下段のグラフ)

ちょっと古いのですが、NHKの全国個人視聴率調査の結果をグラフにしたものです。

2001年以降のデータを追いかけてNHK放送文化研究所の放送世論調査を確認しましたが、2001年から2004年までの調査資料は掲載されていませんでしたが。

http://www.nhk.or.jp/bunken/research/housou/shichou/list_shichou...

しかし最新の2006年6月の調査結果を見ると、民放総計2時間43分となっており、民放テレビ視聴時間量は、インターネットが商用化された1996年以降、停滞傾向にあるようです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ