人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

雑誌などでの「純広告」と「タイアップ記事」と、どちらの方が効果があるか?それぞれの役割は、どのようなものと考えるか?

●質問者: おら
●カテゴリ:ビジネス・経営 書籍・音楽・映画
✍キーワード:タイアップ 広告 雑誌
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

[1]1人の受けてとしては(読み手としては)タイアップ記事は、食わず嫌い aoun

タイアップ記事を見ると、つい記事の内容の信憑性を疑ってしまうので、ついつい読まずに飛ばしてしまいます。普通の雑誌広告は、気に入れば、「綺麗な写真だなあ」とか「良いタレントだなあ」などと見てしまいますか。私の場合ですが。私が受け手の場合は、ですので、タイアップ記事よりも、純広告の方が広告効果があることになりますね。(タイアップは読まない癖が付いてしまっていますので、実際には内容比較が出来ないのですが)


[2]ユニークな純広告には興味を惹かれます。 takahiro23

「純広告」ではかっこいい写真、ユニークなグラフィックなどには心を惹かれ、そのブランドだったり商品に興味が沸きます。

とても興味の惹かれる広告だった場合はネットなりで自分で調べます。

「タイアップ記事」は商品だったりをあからさまにごりおしされているの印象をうけた場合は読みません。

幾つかのメーカーを並べてそれぞれのいい所を比較しているような記事は好きです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ