人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「アナゴ」、「ハゼ」、「コハダ」、「アサリ」のトリビア、豆知識を探しています。

●質問者: ata11
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:アサリ アナゴ トリビア ハゼ 豆知識
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● newca
●18ポイント

http://fishing-forum.org/zukan/mashtml/M000125_1.htm

穴子は、地方によって呼ばれ方が違います。

http://www.seto.or.jp/seto/setonaikai/clm8.htm

アナゴ科はマアナゴ、クロアナゴ、ハナアナゴなど15属27種(世界に32属、約150種)

http://www.bioweather.net/bws/recipe/0606/m0606_03.htm

穴子の成分、効能です。

http://www.q.turi.ne.jp/anago/index.html

穴子の見分け方、釣り方です。


2 ● peach-i
●17ポイント

http://www.chitaya.com/shop/marukin/unchiku.htm

穴子のウンチクです


3 ●
●17ポイント

http://www.sotoasobi.net/topic/trivia/

3番目の項目「エビの掘った穴に居候する魚がいる!!」にハゼのトリビアが書かれています


4 ● jyouseki
●17ポイント

http://www.rakuten.co.jp/ehime-hamaya/756378/

>「アナゴの刺身が存在する」


http://zazu01.at.webry.info/200409/article_10.html

>ハゼとエビは砂地に穴を作り(リーフタンクって言います。)そこを住処に仲良く暮らしています。


http://www.asahi-net.or.jp/~wh4k-bnb/dosa/2001/20010114.html

コハダという魚は正式にはいない。コノシロというのが本当の名前。


http://www.naoru.com/asari44.htm

「アサリ」の語源は「漁る」である。


5 ● bijyou
●17ポイント

天保改革で水越(水野越前守忠邦)が高級なスシ種に目をつけ、江戸のすし職人をふたり逮捕した。危機感を抱いた江戸のすし職人たちは小骨が多いため敬遠していた大衆魚のコハダに目をつけ、どうにかスシ文化を守った(コハダしか食べられない時期が巡り巡って、現在コハダを最初に注文することが通とされるにいたる)。同時期に生み出されたイナリとあわせて、江戸ずしの二大看板となり、美声の男がコハダとイナリの入った桶をかついで売り歩くのが江戸の新名物となった(スシ売りの美声は坊主の美声と比べられた)。歌舞伎役者がスシ職人に転身したという話もある(以上は週刊文春に連載されていた『お言葉ですが』で知ったうんちくと記憶している)。

絹を禁止したところで綿の値段が高騰して何の意味もなかったように、高級魚の売買を禁止したところで大衆魚の値段が上がっただけだった。水越の政治は一事が万事この調子だった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%8F%E3%83%80


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ