人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

C型肝炎のウィルスが発見されるのに20年かかったとのことですが、どうやって(というか どういう測定、アッセイ、検査などの技術)見つかったのでしょうか? なんらかのブレイクスルーがあったのでしょうか?

●質問者: isogaya
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:C型肝炎 アッセ ウィルス スルー ブレイク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● hoshi-ygc
●15ポイント

http://www.nikkei-bookdirect.com/science/beyond-discovery/hepati...

なかなか大変なことだったようです。「分子生物学的手法」によりとしかありませんが・・・。


http://www.sam.hi-ho.ne.jp/tootake/ckata.htm

ここにも簡単にですが・・・。


2 ● みつ
●30ポイント

発見されたときの論文は以下のものです。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?orig_db=PubMed&...

技術的にはランダムプライマーを用いてcDNAライブラリを作成し、それをガシガシ調べていったことになりますね。

ブレークスルーと言うより、努力の賜物なのではないでしょうか。

その後の経緯に関しては以下に多少述べられています。

http://www.medissue.co.jp/virus/journal/v53-1pdf/virus53-1_87-91...

◎質問者からの返答

ウィルスの遺伝子をぶつ切りにしてcDNAつくりまくり、それを大腸菌でタンパク発現させ、抗体に反応するか調べるわけですね。大変ですね。

ただ、ウィルス粒子がみつかっていないという記述があるのですが。

http://www.minohonosaru.com/cigatakannennuirusu.html

本当なのでしょうか?


3 ● skinheadbutt
●30ポイント

以下のサイトで viral particles が見れる。

http://www.epidemic.org/theFacts/hepatitisC/hepatitisC.html

http://www.epidemic.org/theFacts/hepatitisC/anatomy.html


免疫電顕によって初めてC型肝炎ウイルスの観察を報告した論文(1994)。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=pubmed&cmd=...


4 ● きょくせん
●30ポイント

http://www.igakuken.or.jp/kenkyu-katudo/press/050614.html

傍証となってしまいますが、ウィルスの株としての分離は行われていますし、skinheadbuttさんの紹介のように電顕での観察も行われていますのでウィルス粒子は発見されていると考えていいかと思います。

http://jstore.jst.go.jp/cgi-bin/seeds/bunya_ix/detail.cgi?data_i...

ただ、粒子そのものを単離すると言うのは非常に困難の様です。

これは、HCVがエンベローブを持ち、細胞内物質と親和性が高いという事に由来するのではないかと考えます。

◎質問者からの返答

プリオン説はほんとうか??タンパク質病原体説をめぐるミステリー (単行本)

福岡 伸一 (著)

P226 には、C型肝炎ウィルスは、いまだにはっきりと電子顕微鏡像としては見ることができないという記述があります。

これは、どのような判断にもとづいているのでしょうか?

別の質問してあげていますので、わかりましたら回答お願いします。

電顕での観察への批判がどこかにあるのかと思われます。

http://q.hatena.ne.jp/1160317929

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ