人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

半年ほど前に、ブログ(はてなブログではない)で、ある知人から、
「もっと面白い話をかけばよいのに。」
と言われました。

私はブログの内容なんて書く人の自由だと今でも思っていますが、そう言われたことが本当にショックでした。面白くないと感じるなら読みに来なければよいのに、と思いました。

私は自分のブログの内容を面白いともつまらないとも思っていません。

けれどこの知人にはつまらないと感じさせてしまっているようです。

私が悪いのですか?

半年くらい悩んでいます。教えて下さい。

●質問者: perishable
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:はてなブログ まら 半年 面白 面白い
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/16件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●14ポイント

これは、ブログというものの「そもそも」を分かっていない人の意見ですね。

ブログというのは元来Web Log。ちょっとしたメモ代わりに気軽に使える、そんなCMSとしてはじまったものなんです。

いちいちHTMLファイルを書いてFTPで転送して、などという面倒なことなしに、まるで掲示板に書き込むようにサッと書き込める便利さ。それを使って、ネットで見かけた面白い物、興味深い物などをどんどんメモしていこうと。そんなきっかけで生まれてきたものですよね。

ですから、内容は全く各自の自由でいいわけです。気に入ったWebページのURLをメモしておくだけでもいいですし、誰の反応も期待しない独りよがりのつぶやきでも構いません。面白い物、エンターテインメント性の高い物を書こうとしても構いませんが、それは各自の自由なんです。それが本来のブログというものです。

また、面白い、エンターテインメント性の高いブログを意図しているとしても、面白さ、興味深さなどというのは人それぞれですよね。万人に面白いと思ってもらえるものを書こうなんて考えたら、もうその時点で個性が失われて、その点で面白くなくなってきてしまう恐れが大です。

自分が面白いと思ったら、それで100点満点。それがブログという物です。つまらなかったら来なければいい。それが正解です。

他人の目ばかりを気にして自分が楽しめなかったら、もうブログの楽しさは半減です。今のままで行きましょう。

自分のブログは、まず自分の楽しみのために書く。そして、それを同じように面白いと思ってくれる人がいたら、君のためにも書くよと。そういう輪の広がり方が理想ではないかと思います。

◎質問者からの返答

ありがとう!

今のスタイルでよいという自信がでてきました。


2 ● bijyou
●14ポイント

マンガ家に言ったらなぐられるセリフやね(笑)。

ブログ云々以前の、人間性の問題だと思います。

世の中には趣味のわるい人間がいます。具体的に言えば、思いついたことを自分や相手の立場を考えずにそのまま口にする者です。

「もっと?」と言われて、気分を害さない人、助言として受け入れる人など稀です。発言を受けてperishableさんになにをしてほしかったのかがわからない(perishableさんに嫌われたかったのなら理窟に合いますけどね)。最低でも改善すべき点を挙げなければ、「もっと?」なんて口にしてよいことばではありません。

言ってしまえば、「じゃあ、あなたは書けるのか」という話です。もしかしたら、その人は、文章を書くこと、なにかを生み出すことのむづかしさを知らないのかもしれません。

その人は文章の上手な人でしょうか。

下手だったら、そんな品のない者の言うことを聞く必要はない。

上手だったら、そんな嫌味な人間の言うことを聞く必要はない。

◎質問者からの返答

その人は日記はあまり書かない人で、読んだこともないです。

いろいろありがとう。

まだまだ回答お待ちします。


3 ● 狂人日記
●14ポイント

人間は、自分の脳が良いと思ったことしか良いと思えないのです。

他人の意見は、あくまでも参考意見の一つに過ぎない。

でもきっと、blogってーのは、見たけりゃ見る、見たくなけりゃ見ない、で良い世界なんだと思います。

「私は自分のブログの内容を面白いともつまらないとも思っていません。」当然です。

「面白くないと感じるなら読みに来なければよいのに」と僕も思います。

この大前提を見誤ると、戦前の日本の社会に逆戻りです。

御上が良い、と思うことを盲目的にやらされてしまうからです。

日本人というのは、多分、もともとこのように安易に他人の意見に従ってしまう民族なのです。

それは、一見楽なことですが、反面非常に危険なことです。

戦前の日本の社会がどういう結末にたどり着いたか、を考えれば簡単にわかるでしょう。

貴方にとって、その知人は大切な人ですか?

だったら、その知人が面白いと思うことを想像して書く内容を吟味した方が良いでしょう。そうではないなら、他人の言うことにイチイチ耳を貸す必要はありません。

◎質問者からの返答

正直、この知人(女)に対しては、不信感でいっぱいなのです。自分の他から見られる印象ばかり気にしている嫌なヤツです。

ありがとう。


4 ● kolchak
●14ポイント

貴方が気に病む必要は全く無いと思います


自分もBlogを始めた当初はアクセスを上げようと

いろいろやってみました。

実は同時期にBlogを始めた友人と競っていた気持ちが

あったのですね


話題のネタを取り上げたり

イベントに行ってレポを書いたりしましたが

段々疲れてきて

今では本当に好きなことしか書かなくなりました

コメントなども殆どありませんが

気が楽です 時々ウケは狙いますが…


それでも時々、同じような話題の他のBlogを見ると

こんな風に書けたら良いのに…と思ったりもします


でも途中で止めるより続ける方が自分にもためになると

思いましたので頑張っています

「継続は力なり」とも言います

いつの日かその知人が「面白い」と言う時が来るかもしれませんよ

◎質問者からの返答

その知人はもう見に来てはいないようなのですが、この一件があってから、ショックで落ち込み続けています。

ありがとう。


5 ● KairuaAruika
●14ポイント

いや,全くあなた様の自由ですから,どうぞご安心下さい。

感受性は人それぞれです。

情報発信は,営利目的でなければ,自分の創作で自由にできます。

気にしないで下さいね。

可能であれば,拝見させていただきたいと思いますが,URLを公の場にアップしてしまうと,炎上してしまう可能性もありますからね。

◎質問者からの返答

直接ブログのURLをお教えできなくてごめんなさい。激励ありがとう。


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ