人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自分がもし北朝鮮の将軍(トップ)だったら、自国(北朝鮮)と自分自身のために次はどういう手を打ちますか?
将軍や軍人としてのプライドがあると考慮した上でお願いします。
(プライドも何も無ければ、殺される前に逃げた方がいいかもしれないけど。)

●質問者: match7
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:プライド 北朝鮮 将軍 考慮 軍人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● you-pon
●16ポイント

核を直接打ち込んだら後が無さそうですからね・・・

核を、世界中のテロ組織や国家などに売りさばき

資金を稼ぐと共に、世界に混乱をもたらす。

でしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

それ、一番怖い将軍様ですね。

you-pon将軍の国は怖ぇぇ。

(K将軍はyou-pon将軍ほど怖くはなさそう


ちなみに、僕だったら、

ギリギリまで瀬戸際外交をしながら、逃げ場を確保して、

もうダメだ!と思ったら、

軍部をけしかけた後、自分達一族は金を持って高飛び、

後は戦争をしたがっている軍部に、日米韓連合と死戦をしてもらいます。

僕みたいなチキン将軍だったら、将軍が国外逃亡した時こそが、

体制崩壊ではなく、むしろ戦争直前の時ですね。


2 ● eiyan
●16ポイント

核保有として答えます。

核弾道ミサイルの開発、軍備増強、核攻撃防衛対策そして、協力してくれる国との親密さの増進。

近隣国との核論議の参加。

経済支援の催促。

核保有による核廃棄の充分かつ大きな見返りの催促。

核廃棄の見返りには大きな経済支援、北朝鮮への攻撃を絶対しないという世界的非攻撃確約条約文書の催促。

等々の交渉。

◎質問者からの返答

交渉決裂でうまく進まなければ?


3 ● くまっぷす
●16ポイント

次、でいいんですよね(その先は考えないとして)。

だとすると、あと数回の核実験を割と短期間に行い、並行してミサイル発射実験を再開。

それと反米諸国(特にいまだとイランやベネズエラあたり?)との連携を考えます。

どこの国からも攻撃される心配は当面ないので、出来る可能性があることは何でもやる、そして全世界的に核攻撃能力があると認識させることが最重要だからです。どこかの国を制圧するとかでなければ、核保有+ミサイル保有がもっともお手軽な戦力増強手段なんですよ。非難されても屁の河童だろうし。

そして最大限脅威を見せ付けた上で有利に経済支援(封鎖解除)や体制存続の会談に臨みます。それも日中韓ロは置いといてアメリカ合衆国とだけ。今のところの究極の目標は国内への「アメリカに勝ちました宣言」かなと思うので。

ただし、その途中でどこかの国が本気でキれて攻撃されたりしたら完全にアウトですけどね…。

◎質問者からの返答

うーん、Kumappusさんのは今の将軍に近いかなあ。

イランはともかく、ベネズエラ達は組んでくれないんじゃないのかな?

少なくとも、外交という観点では分が悪いと思います。

Kumappus路線のその後はどうなるのだろうか?


4 ● sadakichi09
●16ポイント

北朝鮮の主目的は、米国との2国間協議です。曲がりなりにも核を保有した今日、核兵器を保有しない国家である日本は交渉相手とは見なさなくなるでしょう。

中国、ロシアは何だかんだ言っても北朝鮮相手に心底怒らず、対話による解決を図る限りはのらりくらりとかわせます。

また韓国も、交戦状態ではあっても同族という意識があり、再び交戦関係に戻るとはあまり考えていません。

このため、関係6カ国は国連を舞台にして様々な手を打ってくるでしょうが、その雑音を一切消し去り米国のみとの交渉を狙うのならば、次の一手は周辺の雑音を消す事だと思います。

つまり、国際連合脱退でしょうね。NPTも6カ国協議も反古にした北朝鮮ですから、十分にあり得る選択肢です。

つまり歴史は、1933年を繰り返している事になります。

◎質問者からの返答

1933年の繰り返しってことは、行き着く先は……


5 ● moaizo
●16ポイント

中国との首脳会談。かな。応じてもらえなさそうだけど。

で、その次は新たに経済制裁をした国の近海に弾道ミサイル

をうちこむ。もう自滅

◎質問者からの返答

moaizo将軍も怖いっすね。

中国の出方次第では全面戦争か……


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ