人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

いわゆる「多目的トイレ」内に設置されているべき設備やその配置について、何か法的基準やガイドラインは存在するのでしょうか? 最低限、
「洋式便器と手洗いと鏡と手すり」
は存在するようですが、たとえばその配置に
「どのようなタイプの車椅子ユーザなら、これを問題なく利用できるんだ?」
と疑問を感じることが多々あるもので、どのような基準によって設置されているのかを知りたいと思っています。よろしくお願いします。

●質問者: みわちゃん
●カテゴリ:政治・社会 医療・健康
✍キーワード:ガイドライン タイプ トイレ ユーザ 多目的
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kimudon
●27ポイント

http://inax.co.jp/ud/universal/town/hotel02.html

企業内の基準と思われますがこの様な設計がされていると思われます。


http://www.fukushi.com/news/2001/05/010508-a.html

「東京都福祉の街づくり条例」内に基準がある様です。


http://www.adf-international.jp/index.php4

この様なフォーラムがあります。

◎質問者からの返答

重要な情報をいろいろとありがとうございます。これから、一つずつ見てゆきます。


2 ● daikanmama
●27ポイント

下記サイトを見る限り、大まかな基準しかないようですね。

http://www.hinokogyo.co.jp/main/products/toilet01/heartbuilding....

こちらには、こんな風に書いてありました。

http://stray.littlestar.jp/access/toilt_fuz02.htm

「車椅子マーク」表示のためのISAの規格は、「利用しやすい場所にあり、外開きドアで、仕切り内部が広く、手すりが付いたものとする。」なんですから。これだけの基準で「車椅子マーク」を表示できるというのも、ちょっとなあ…。

こちらでは、理想的な障害者用のトイレに関して、深く考察されています。

http://members.jcom.home.ne.jp/wheel-net/toire.htm

◎質問者からの返答

なるほど。「実際に使えるかどうか」の検討が義務付けられている……といったことはないんですね。


3 ● Spaceshuttle
●26ポイント

法律としては「ハートビル法」

http://up.t.u-tokyo.ac.jp/law/heart/hbhouindex.html

や「交通バリアフリー法」

http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrier/mokuji_.html

があります。

しかしながら「何を配置すべきか」は決まっていても「具体的にどのように配置すべきか」は決まっておりません。

(はっきり言ってこれから手探りの状況です)

特にこれらの法律の施行前に建設された施設の中には(明らかに)使いにくい設備があるのも確かです。

設計者も若年の健常者が多く、考えの到らない場合が多々ありますので、ぜひ当該施設の担当者等に要望を伝え、改善を求めて下さい。

将来、それらの積み重ねで、より良い施設が造られる事に繋がります。

◎質問者からの返答

なるほど。事情は分かりました。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ