人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

同じアルコールでメチルは目がつぶれる、というし
エチルはお酒の主成分です。何故?

●質問者: Crisp-8
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:お酒 アルコール
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●23ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%AB%E3%82%A...

>メタノール中毒による他の症状としてはギ酸が目の網膜を損傷することによる失明がよく知られている。

メチルアルコールを飲むと失明することがあります。死に至ることもあります。

なので「目が散る」といわれます。


余談ですがエチルアルコールは、こじつけで「胃が散る」→「気持ちよくなる」と憶えろという意見があります。


2 ● daikanmama
●23ポイント

こちらに詳しく説明されています。

http://www.sci-museum.kita.osaka.jp/~ono/medicine/no13.html

メタノール(CH3OH)という燃料用アルコールがあります。これはエタノールより炭素が一つ、水素が2つ少ないアルコールです。これが体内でのエタノールと同じ変化をすると、ホルムアルデヒド(HCHO)ギ酸(HCOOH)というものに変わっていきます。実は、このホルムアルデヒドやギ酸は、エタノールが分解されてでてくるアセトアルデヒド(CH3CHO)よりも毒性の強い物質なのです。

こちらにシンプルに説明されています。

http://homepage2.nifty.com/seikandai/rika/004/memo.html

単純に言うと,「分子の小さなメチルアルコールの方がエチルアルコールに比べてが吸収が速いために,人体への影響がでやすい」ということです。


3 ● leibe-katz
●22ポイント

エチル、つまりエチルアルコールは、体内で分解されると

アセトアルデヒド、酢酸と変化しますが

メチル、メチルアルコールは、

ホルムアルデヒド、蟻酸へと変化します。


ホルムアルデヒド、蟻酸共に体内で悪影響を及ぼします。

こちらに詳しく書いてありました。

http://www.wdic.org/w/SCI/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%8E%E3%83%BC%E...


4 ● reje55
●22ポイント

メチルアルコールとエチルアルコールの代謝産物が異なります。

メチルアルコールは酸化されるとホルムアルデヒドになります。

CH3OH→HCHO

ホルムアルデヒドは細胞や組織の固定などに使われる物質です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%82%A...


一方エチルアルコールは代謝されるとアセトアルデヒドになります。

C2H5OH→CH3CHO

このアセトアルデヒドが「酔い」の正体です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%88%E3%82%A...


つまり、同じ「アルコール」であっても

その代謝産物の毒性が異なるために

摂取したときに違いが出るのです。


5 ● WANT
●10ポイント

エチルアルコールと、メチルアルコール、

どちらも体内に入った後に酸化されますが、

酸化された後にできる物質が異なるため、症状に違いが出ます。

エチルアルコールは、体内に入った後、

エチルアルコール→アセトアルデヒド→酢酸に変化します。

(なお、アセトアルデヒドも有毒ではあり、二日酔いなどの原因になります)

対して、メチルアルコールは

メチルアルコール→ホルムアルデヒド→ギ酸に変化します。

酢酸は言ってしまえば調理などで使用する”酢”であり、

人体に対して毒性は持ちません。

対して、ギ酸というのは劇物に指定されるほど毒性が強い物質で、

人体(正確には血液の酸性度)を酸性に強く傾けます。

そうなると、意識障害・血圧の低下・痙攣・呼吸障害となり、

最悪死亡してしまうことになります。

この違いが、同じアルコールに分類されるものでも、

有毒・無毒が分かれる違いです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ