人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

いわしですみません。
JR線で
駆け込み乗車が絶えない某ターミナル駅があります。
そこの駅員さんは「危ないのでやめてください!!」と怒鳴っていますが、
何しろそんな声を聞いていてこっちが気分が悪いですし
列車が今すぐ発車するのをわざわざ教えているみたいで
心なしか逆効果に思えてなりません。

比較的頻繁に列車がやってくる路線では
「次は○分後に参ります、しばらくお待ちください」
あるいは
「次の列車は○分後の○○行きです、しばらくお待ちください」
といったアナウンスにしたほうが目的達成のためによっぽど乗客の心理にかなっていると思うのですが、皆さんはどう思われますか?ご意見をお聞かせ下さい。
鉄道関係の方のご意見があれば特に歓迎致します!

●質問者: pkb_wn
●カテゴリ:旅行・地域情報 生活
✍キーワード:いわし アナウンス ターミナル 列車 意見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 37/37件

▽最新の回答へ

[1]ビュースイカカードのお得度 dream76

うーむ、難しい問題ですね

JRの乗務員さんは(悪意や善意にかかわらず)

事務的な対応が非常に多いと感じています。。

例えば旅行に行った際(いわゆる田舎)に

「この地域でフリーきっぷありますか?」

と言う質問に、10分くらい待って調べてもらったことありますが、大都市圏内ではありえないでしょう。

そもそもJRは何かのマニュアル(それに近い)ものがあり、

それに従って、業務を運営していると考えられるので、

現実問題としては、こうした問題の改善は難しいと思います。

(あくまで個人的には、業務全般がマニュアル化されていると考えられているため)

じゃどうしたらいいかと、

個人的な見解を申し上げると、

少々料金を払ってでも快適なサービスを受ける

(ホームライナーその他、グリーン車の利用など)

いわば回避することが、重要となります。

例として、平塚→宇都宮の普通車グリーンでは平日1000円弱で

いけるわけです。このような普通車グリーンを有効に活用すべきと思います(ビューカードと併用すべき

JRのビューカードに加入すると、グリーン車の特典その他

ポイントなど、JRで金銭的に得します。

http://www.jreast.co.jp/card/


[2]駅にも寄りますが朝の山手線とか埼京線とか… wakachang

駆け込み乗車は多い、走って乗り込んでくる人たちに感じられる殺気。あれに駅員さんが優しい言葉をかけても、きっと人身や地震なんかで一時的に電車が止まった時みたいに「お前のせいで遅刻するんだぞ!」とばかりに食ってかかっていく人が出てしまうのでは…。そして、駆け込んでくる人たちはアナウンスなど耳にも入らないと思います。ipod聞いてたりして…。


[3]>1 善意 fuk00346jp

例えば旅行に行った際(いわゆる田舎)に

この地域でフリーきっぷありますか?」

と言う質問に、10分くらい待って調べてもらったことありますが、大都市圏内ではありえないでしょう。

JRでと限定してませんよね?私鉄・バスとかも調べてくれてたのかもしれませんよ?

ネット端末叩いてJRで無かったら「無いですねぇ?。」はぃ、次 みたいな都会捌きは嫌いです。


[4]同じです。 fuk00346jp

[5]後の電車をご利用ください toohigh

・・というアナウンス自体はどこかで聞いたことがあります。( 後の電車もすぐ来るぞ、という趣旨の表現も入っていたかと思います )

が、その口調は結局怒鳴っているまではいかなくてもそこそこ耳に障る感じだったので言う内容が変わったくらいではあまり変化ないかもしれません。

あと、言う内容が変わってもタイミングが同じだと駆け込みたい人に情報を得た得るという意味では同じわけですから、実質的にはあまり変わらないんじゃないかな、という気がします。

それなら、もしもの事故の際に「日頃から警告していた」という実績を残すために「危ないので」アナウンスを行うという答えになるのもしょうがないように思います。


[6]>5 大阪環状線と阪急電車 yucken

みなさまの意見(「後の電車ご利用ください」アナウンス)に賛成ですね。駆け込み乗車のメッカ、大阪(笑)での状況を報告します。

大阪環状線の大阪駅では、「次の電車、すぐに参ります。無理なご乗車はご遠慮ください?。」というアナウンスが、よく聞かれます。

阪急電車の梅田駅では、乗客の流れが一番多い南端(かつ最後尾)の車両のドアで、車掌さんが、ドアを手で押さえて待ってくれています。

# ちなみに、梅田と大阪、駅名は違いますが、両方とも大阪の梅田地区にあります。


また、JR 西日本の各路線では、駆け込み乗車があった電車では、発車の車内アナウンスで、「無理な駆け込み乗車は大変危険です。列車遅れの原因にもなりますのでご遠慮ください。」と車掌さんが、やや怒り気味に言うことがあります。


[7]スローライフには駆け込みがない Im_Me

出張が多いので、ローカル線に乗ることが多いです。

そうすると、駆け込みがありません。

一時間の内に何本もの電車があるわけでなく、一本を逃すと1時間、2時間後なんてザラ。それなのに。

問題は、駅員さん、もしくは改札なんですよ。

ローカルや田舎の改札では、駅員さんが人手不足もあって改札を特定の時間しか空けず、締めちゃう事も多いです。

その際に、駅員さんがどこに行くのか聞いてくれて、何分後だよとか、ホームに入っていた場合、駅員さんが判断して閉まっていた改札を空け、車掌に連絡をして止めてくれていたり。

勿論全てを都会に適用はできないかもしれませんが、分かりやすい表示を心がける事はできると思うんですよね。

ましてや何本もくるなら次の時間を示せばいいだけだと思います。

問題は、「次が何時来るか」という不安感(表示の問題)と、「まだ間に合う」ですよね。

改札に次の電車の情報を表示して、改札から「駆け込み」に繋がるような時間しかない情報は表示しない。点滅なんて以ての外。

また、発車時のベルやアナウンスを必要最低限にして、音楽を流すと良いとも読んだことがあるのですが、ちょっとソースが見つかりませんでした。

(曲も選ぶ必要があるでしょうが)

乗る人の気持ちを安心させ、リラックスさせる事を前提にすれば駆け込む気もおきない…んじゃないかなぁ


[8]裁判になった時のことを考えると Baku7770

私は「危ないから駆け込み乗車を止めろ」といった内容の方がいいと考えます。

センサーをつけて、駅員を配置して、さらに止めてくれとまで言っているのに、服とか体の一部を挟んだまま電車が発車したので怪我をした或いは死んだ。カバンを挟んだまま発車したのでカバンを紛失した。それで生じた損害は?今時なら、高価な宝石や有価証券が入っていなくても、顧客データベースを複製したDVD1枚紛失したら、会社にもよりますが、社長がTVの前で土下座です。

注意しているのを無視した方にも責任が生まれるじゃないですか。駅員に抗議できるような状況なら真っ先に言われますよ。

「なんでアナウンスを無視して駆け込み乗車をしたのか」

って。

ここは他の客が少し不快に思っても、事故を防止する以上に電鉄会社は自身を守るべきです。


[9]事故が起きた時のためやも bijyou

ちゃんと注意いたしましたので、当方に責任はまったくございません。


[10]HISIさんに一票 tachibana26

私も急いでいるときはつい駆け込み乗車したくなりますが、そんなとき「次の電車まもなく参ります!そちらをご利用ください!」とか「次の電車○○(隣の駅)を出ました!」といった駅員さんの一言で「あ、じゃあそっちでいいや」と思いとどまることが多々あります。

ただ単に「やめてください」と言われても、右から左です。


[11]駆け込み乗車する人は、なにを言ったってやると思う tehi

僕は、間に合いそうもなかったら諦めちゃいますけどね。


[12]利用者自身の先情報が見えやすくなれば・・・ mikagekawase

どの路線のどの時間帯か判りませんが、本数が多い時間帯の場合は、「発車後続いて列車が参ります」と案内があれば、待たずに空いている列車が来る気がして待つ気にもなりますね。

ただし、駆け込みする人の心理で考えると、運転区間が目的地の手前だったり乗り換えの接続時間に余裕を持ちたいので駆け込みしたいって居る心理があると思います。

「焦らない為の余裕を貯める」為に「焦る」と言った感じでしょうか?

数分差で乗り換え列車を逃した場合、先が見えないのでその先が見えないのが不安と言うか・・・。

私自身東京の西荻窪から浅草まで通勤した事がありますが、土日になると列車が1本違うだけで12分の到着時間のズレが生まれる事がありました。

個人的には、JRに接続列車や運転区間の状況を考えて運転区間の延長を行って欲しいですね。


[13]指がドアに挟まると conduct_1_1

電車のドアは、指が挟まれたくらいでは「閉」と認識しますので、車掌が気が付かなかった場合、そのまま発車します。実際に、都営地下鉄ではそのことで、おばあさんが亡くなった事故がありました。


[14]>2 標識やアナウンス、忠告を見ない、聞かない人ってどの分野にもいるものですね... HISI

声を抑えてほしいというよりも

今発車する列車でなく次に来る列車に意識を向けさせたいと思うのです。

もっとも、聞かない人には無駄でしょうが...

社会が変なことに優しいと思うんですよね。

酔っ払いやデリカシーの無い人間に妙に優しくしたり

いい大人が本人の勝手でしたことに、

事故が起きたら管理責任者出て来い!みたいな論調をぶつプロ市民やマスコミがいたり、

なんだか思いやりを間違って(それとも意図的に?)解釈している人が沢山いらっしゃるようで...。

iPodやウォークマンの車内騒音にも参ります。


[15]>1 駅のアナウンスの着眼点を変えてみては?と提案をしてみたかったのです HISI

どうも有り難う御座います。

あえて厳しく書かせてもらいますと、

駅のアナウンスの基準を決めている部署があるのなら、

その部署において基準を変えてもらいたいものです。

こちらは一応客なので、会社の体質上無理、なんてのは屁理屈にもならなくて

現場レベルで無理なら後方部署に上げてでも考えてもらいたいと思います。

難を回避することは重要なことでとても同意します。

しかし残念ながらグリーン車を利用しても、普通車よりは快適とはいえ

結局駅のホームで乗降するわけですし、ライナーでも使わない限り列車も一緒ですから。

とりとめなく不満を書き連ねても公共機関という時点でアウトですけどね。

私が影響力のある大企業のお偉いかプロ市民で、グリーンカウンタに物申せば聞いてもらえるかもしれませんね。

東京都内に限っては

JRの駅員さんは周りのいくつかの私鉄よりも丁寧だと個人的には思っています。(関西はさらにこの傾向が強い)

今回の題はたまたまJR線ですが、JRにだけ特にどうのこうのとは思ってはいませんので

念のために付け加えておきます。


[16]>3 丁寧な駅員さんに会うと嬉しくなるものです HISI

私は東京都在住で、主にJR東日本線を使っています。

JR民営化数年は、お上的態度の駅員さんがとても多かったと思います。

みどりの窓口でも相当横柄で

お客に「そんなことなんでわからないの?」や「こっちは忙しいんだ」(それが仕事だろうに...)みたいな態度をしたり

小ばかにした気持ちが見え見え、な人が結構いました。

(腹が立つので、旅行代理店で購入したりしていました。)

JR東日本に限ると、ちょうど民営化10周年のキャンペーン(格安の乗り放題切符を発売したり色々)をきっかけに

がらりと変わった気がします。

あとここまで書くと鉄道マニアっぽくて嫌ですが、JRグループでもいろいろ違って感じます。

JR西日本の駅員さん(近畿周辺)は、民営化直後からとても親切丁寧な方(乗客の身になって対応してくれる。いい席番をすすめてくれたりもありました。)が多かったですし、

JR東海ではかつて新幹線内の改札なんか無言でほいほいやっていたのに、愛知万博以降急に丁寧になった気がします。

余談ですが、区市町村役場も10年前と比較するとだいぶ変わったものです。

「失われた10年」の間に、官公庁や半官半民企業の因習も一緒に消えてくれたのでしょうか。


[17]>4 歩行者用信号機の点滅に近いものがありますね HISI

何卒お気をつけ下さい。。


[18]>5 具体的に次の電車のことをイメージさせる必要があると思います HISI

有難う御座います。

「次の電車は○分後の○○○行きです」と具体的に案内すると

だいぶ違うと思います。

今の電車を避けさせるニュアンスに近いアナウンスでは

どのような表現にしても、あまり効果がないように思われます。


[19]>6 「ドアを閉めさせていただきます」->「ドアを閉めます」に変えたのも、関西発でしたね HISI

有難う御座います。

阪急電車の事例は興味深いです。

列車の遅れ解消はともかく、あせって走る乗客の精神的切迫感(=無謀さ)は減りますね。

発車後のアナウンスも、車内の見せしめになってある意味効果高そうです。

関東でも駆け込んで来てドアが閉まったあとで、すがすがしそうな顔をする人よくいますし。野球のつもりなんでしょうか?

これからも生活文化のパイオニア地域であること期待します(笑)


[20]絶叫 kazkim

「本当に危ないからやめてくれ!」

「これで事故が起きたら、電車が遅れてしまう。そうすると、その電車に乗ってる乗客に迷惑がかかる。他の鉄道会社との振替輸送の手続きもしないと・・・」

この2つの心理が絡み合って絶叫しているのでは。


[21]>7 同意します。心理面はずいぶんと大きいと思います。 HISI

有難う御座います。

確かに、地方の駅では列車ごとに改札時間を決めている所が多いですね。

こ線橋がない駅も多いですし、都会より切迫した安全面重視もあるのかもしれません。

それから駅まで自家用車で来たり、駅までのバスの本数が少ないことも

それぞれ余裕のある時間を作ることができるのかもしれません。

お書きになられたように、都会の駅では駆け込みを煽ってしまう表示やアナウンスをいろいろ見かけます。

このような分野の心理学的研究をいろいろされていると思い(思いたい?)ですが、

最近よく実施される「社会的実験」と銘打ってぜひやってもらいたいものです。

医療と大量交通機関は、事故が怖いしなかなか保守的になってしまう業界のようですが...。

通勤通学時間を1分1秒でも短縮するサービスから

安全・安心・快適な通勤通学時間を求める質的変化を次世代に求めたいです。

個人的な例ですが、東海道新幹線の数分のスピードアップのために2階建て構造の食堂車が無くなってしまった(時代がゆとりを無くしたこと)が象徴的です。


[22]>8 逃げ腰になってほしくありません HISI

有難う御座います。

私が思うのは「現状の駅のアナウンスは、かえって駆け込み乗車を煽っていませんか?」

といった疑念です。

私は鉄道会社の経営者ではないので、まったく客の立場で書かせていただきますと、

場当たり経営で逃げ出したら、鉄道や社会の文化的進化への大きな損失だと思います。

本気で駆け込み乗車を無くしたいと思っているのか、面倒なことや経営的な損失を防げればよいのか

時間が経てば、大きな差になっていると思います。

製品だけでなくアイデアやサービスを創出する力を持たない逃げ腰経営が染み付けば

いずれ同業他社に潰されるかもしれませんね。

夜行列車は夜行バスにやられたわけですし、鉄道会社だからといって安心できないと思いますけど...


[23]>9 裁判でさえ「当方にまったく責任が無い」と言い切れなくなるときが来るかもしれないですよ HISI

有難う御座います。

「裁判になった時のことを考えると」(Baku7770さん)

に書かせていただいた内容と同じく思います。


[24]>10 有難う御座います。 HISI

私も同じく経験します。。

心理学(NLP:神経言語プログラミング)の分野では、

「○○しないで下さい」と見たり聞いたりすると

脳内には○○をイメージしてしまって

(「○○?」->(○○をイメージで具体化)->「しないで下さい」の順に解釈する)

かえって相応しくない行動をしてしまったりすることがあるとされています。

高い木に登った子供に「すべって落ちちゃうから危ないよ?」と諭すと

本当に落ちてしまったりする場合があるようです。

大人であっても、気持ちに余裕がないときや酔っているときなど

自制がうまく働かなくて、同様になることも十分考えられます。


[25]>11 100%防ぐことは無理でしょう HISI

有難う御座います。

私もそう思います。

ただ、今まで毎列車ごとにあったことが、

1日に数回になったら

だいぶ様相が変わると思いませんか?

少数派になれば

駆け込むことに覚悟が必要になります。

たばこなどはよい例だと思います。

(喫煙は自由だと思いますが、列車内をはじめ生活空間から明らかにヤニ臭や黄ばみ、吸殻が減りました)


[26]>12 土日のダイヤの差は結構シビアな時がありますね HISI

有難う御座います。

普段と違う時間の列車に乗ってしまうと

ベストを尽くしたくなりますね。

(その点で、携帯電話の経路検索は結構便利です)

やはり、精神的余裕(=>社会の余裕?)が根本にあるのでしょうか?


[27]>13 駆け込みとはまた別の問題だと思います HISI

有難う御座います。

満員列車であれば、駅員さん(いわゆるプッシュマン)が各ドアを見守っています。

駅のドアの開閉のたびに傘やかばんが出てしまったり、

そんなことは当然本人の故意ではなく不可抗力に近く、鉄道会社に別途配慮頂きたい内容と思います。


[28]>20 まず駅員さんが冷静になってもわらないと... HISI

有難う御座います。

アナウンスの声色から察するに

そこの駅の客層はガラが悪い傾向にあり、普段からナメられている(と思っている)のがあると思います。

コントのネタっぽくなりますが

扉の内側に本当にかなづちか刃物でもつけておいて「危ないですから...ほら危ないって言ったのに」ってやってやるのも一考かな...

なんて不謹慎なことをつい想像してしまいます。

(絶対誰もやらないで下さいね!!)

あと、車掌さんが「閉まります」「閉まります」と連呼しておいて1分も2分も閉めないと

本当に閉める気があるのか、いい加減腹が立ってきます。

おおかみ少年の話を彷彿させますよ。


[29]逆効果? qjpem028

やめてください、と言われると走りたくなるのでしょうか。初耳です。


[30]いっそ要望してみてはいかがですか? Twill

JR東日本では安全をテーマにいろいろと取り組みをしているようで、当然のごとくホームに対する対応方もある程度ガイドラインがあると思われます。

http://www.jreast.co.jp/safe/platform/index.html

・・・では今回のHISIさんのご提案ですが

はてなより確実にJR東日本社員の目に映るであろう場所へ投稿するのはいかがでしょうか?

http://voice.jreast.co.jp/faq_qa.asp?ctg=15&quest=71

(お客様相談室について)

https://voice.jreast.co.jp/user_input.asp

(フォームからのご意見・ご要望受付)

100%回答が来るとは限らないと思いますが、HISIさんのように考えている方も多いと思うので、それなりな回答は返ってくるのではないでしょうか(と思いたい(^^ゞ)

告げ口ではありませんが、その駅特有かもしれませんのでどの液化も伝えたほうがいいかもしれません。(例でも駅と日時がはっきりしていればいった人がかなり特定されるので不適切だった場合は改善される可能性も高くなります)

===

ちなみに個人的には「言っても言わなくても同じだから言わなきゃいいのだが、言わないと言わないJRのせいだ!ととばっちりをうけるから無理を承知で言うんだろうな、ばかばかしい」と思っています(^^ゞ


[31]責任を負いません。 mododemonandato

とアナウンスするのはどうでしょう。

「駆け込み乗車によって事故を起こした場合、JRは一切の責任を負いません。」と言えばかなりの抑止力になるのでは。少なくとも今までの、ただ、おやめ下さい、と言うよりもましだと思います。


[32]>30 有難う御座います。投稿してみます。 HISI

有難う御座います。

文章をまとめて投稿してみようと思います。


[33]>31 確かにそうですね。 HISI

有難う御座います。

コンニャクゼリー「蒟蒻畑」の警告表示あたりを例にするとおおよそ...

・窒息死事件発生

->「子供に食べさせるときは注意して下さい」

・さらに発生

->「子供に食べさせると、のどに詰まらせる可能性があります」

・さらに発生

->「子供に食べさせると、のどに詰まらせ最悪窒息死の危険性があります」

・発生しなくなった?

と、より具体的なイメージを喚起する表現に変えてきています。

窒息事件がなくなったのは、商品の形を変えたり他の努力もいろいろされてきた結果と思いますが...

(最新の表現はどうなっているのでしょう、買ったことが無いのでわからないですが)


[34]発車のベルも問題かも arakiseizou

実際の現場がわからないのでなんともいえませんが人が駆け込みするのはけたたましいベルに反応してだとおもいます。なのでベルではなく光で知らせるとかそういう対策を考えたほうがいいのではなかと考えます。


[35]効果的なアナウンス例 mododemonandato

幾つか考えて見ました。

「五分の為に一生を無駄に捨てないでください」

「次の列車はゆっくりのって十分間に合います」

「電車に乗る前に、もう一度行き先を確認してください」

こんな所ですか。


[36]>34 ベルの音が心理的に煽っているかもしれませんね HISI

有難う御座います。

そういえば、中国地方ではベル(メロディ)音が、

列車の発車時ではなく列車が近づくときに鳴る駅があって、慌てます。

発車ベル(メロディ)は、日本独特のものらしいですね。

同じような意見の方のWEBページを見つけましたので

リンクさせて頂きます。

http://www7.cds.ne.jp/~lully/mon_ami/archives/1997/02/post_162.h...


[37]>35 「注意一秒けが一生」のような想起する標語も効果的ですね HISI

有難う御座います。

踏切事故防止キャンペーンのように

CMでセンセーショナルな映像を流してみると

割と危険を認識してもらえるかもしれないですね。

やらないのは、ほぼ一方的に車側が悪い(鉄道会社が全くの被害者)踏切事故とは異なって、

ホームの整理・整備などが不十分で鉄道会社側に過失が認められる状況下においても

人身事故を起きてしまうことが考えられるから

消極的になってしまうのでしょうか。

>「電車に乗る前に、もう一度行き先を確認してください」

急いで乗ったら列車が少しだけ遅れていて1つ前の快速列車だった...なんてこと

私も経験があります(汗

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ