人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大切な人を縛ってしまいます。
とても辛いところからその人に助けだしてもらいました。
いつのまにか依存してしまっていました。
依存ではなくて、一歩下がって、適度な距離を保たないと…
と思うのですが
上手にほどけなくて、縛ってしまいます。
そういう経験がある方
あなたの経験を聞かせてください。
解決策を提示してほしいのではなくて、
あなたの体験が聞きたいです。

●質問者: na-ru
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:あなた 依存 経験
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● peach-i
●20ポイント

私も大切になると依存して、そして自分だけのものにしたいと思ってしまいすぎます

大切であればあるほど、依存して、そして、重くさせてしまいます。

しかしながら、依存の先には裏切りしかないことを知りました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

最後の1行が気になりますね。

2回まで回答できるようにしたので

よろしければ最後の1行について聞かせてくださいませんか。


2 ● n
●20ポイント

依存には2つ種類があると思います。

一方的な依存と、お互いが依存しあう共依存です。

さみしいから、辛いから、だから一緒にいて・・・

そういう感じだと、依存は存在します。

与えるでもなく、受け取るだけでもなく、個を強くもつことが大切だと思うのです。

実体験から言うと、依存をよくされるのですが、Giveの行為をやめたときに、相手が私を怨んだり、態度を豹変させるのです。

それは私が与えすぎるのかもしれませんが、相手側が自立していないともいえるのです。

例えば、電話やメール。

誰でも心地よい相手とは話したいのです。

話し続けたいのです。

でも、相手はあなたのためだけにいるわけでないのです。

貴重な一生という時間のうちの僅かな時間をshareしてるのです。

そこに楽しみがあれば、お互いが人らしく、縛りもせずに過ごせるのではないでしょうか??

◎質問者からの返答

たぶん共依存に近いんだと思います。

Give and Takeの関係じゃなくてShare

なんとなく伝わってきます。

表現が上手ですね。

探していた調度よい距離感はShareだったんですね。

ありがとうございます。


3 ● komeke
●30ポイント ベストアンサー

このご質問は恋人を束縛してしまうことについてで良いんですよね?

その理解で回答します。


私の場合、最初に相手から束縛されはじめたんですが、気が付くと自分も束縛してしまっていました。


お互い毎日5?6回の電話を欠かさず(会う約束をしている日でも)、それぞれの予定で一緒にいれない時には誰と何処で会うのか、どういう関係なのかを確認しあっていました。

好きだから不安になり、行動を逐一把握せずにはいられなかったんですね。


最初は少し嬉しかったりしたんですが、それが徐々に束縛する事、される事に息苦しさを感じるようになってきました。

それでもなかなかそれをやめることはできないんです。

癖みたいなものになっちゃってたんだと思います。

そう思いつつも束縛しちゃうのは結構辛いんですよね・・・。


今振り返ると相手を信じていなかったんだと思います。

携帯チェックまでしたことがありましたから。笑(ほんと情けない・・・。)

でも携帯を見たところで不安や疑いは晴れないんですよ。

携帯に登録されている人全て確認する事はできないし、携帯を見る事で不安はより一層高まるんです。

それからは携帯なんて見るもんじゃない。と思っています。


だけど、好きな人を信じられないなんて寂しい。

それに気づいてからは彼を束縛する事、束縛される事で愛情を量るんじゃなくて、彼の言動からちゃんと愛情を感じよう。と考えを変えました。

すると、今まで当たり前だと思っていたことでも、愛情があるからこそやってくれているんだ。と再確認できました。

そして、私も彼にもっと愛情を注ごうと思いました。

そうするようになってから私も彼も適度な距離を置けるようになったような気がします。


残念ながらその彼は今はもうそばにはいませんが、大事な事を沢山教えてくれ、気づかせてくれたと思っています。


私の場合は依存している自覚があまりなかったため、依存という視点については書けませんでした。

お聞きになりたかったような体験談じゃなかったらすみません。

◎質問者からの返答

>このご質問は恋人を束縛してしまうことについてで良いんですよね?

はい。明記しておかなくてすみませんでした。


komekeさんのお話、共感することだらけでした。

私も会う約束をしている日でも毎日メールしてしまいます。

束縛して、されるという関係をいけないと考えつつも、

その関係を壊すことがとても恐いんです。


>だけど、好きな人を信じられないなんて寂しい。

>それに気づいてからは彼を束縛する事、束縛される事で愛情を量るんじゃなくて、彼の言動からちゃんと愛情を感じよう。と考えを変えました。

相手が何気なく自分にしてくれることを「当たり前」ではないんですよね。頭では分かってるつもりなのに。


>お聞きになりたかったような体験談じゃなかったらすみません。

そんなことありません。ちょっと楽になりました。いつか自分もkomekeさんのように適度な距離を保てるようになれる気がしてきました。

ありがとうございます。


4 ● you-pon
●30ポイント

私もいつの間にかに、相手に依存しすぎてましたね。

もともと束縛しがちな性格であることは分かっていたんですけど、

気付かない内に、自分が思っていた以上に大きな存在になっていたようです。

それに気付かされたのは、自分から別れ話を振った後でしたね。

常に束縛して、自分のそばにいて、頼っていたパートナーが居なくなった瞬間、

何とも言えない孤独感に襲われました。

運悪く、彼女には新しい彼が出来てしまい復縁も出来ない。

この寂しさを紛らわすために、誰かに頼りたくても、

これまで依存し続けたパートナーはもういない・・・

これがとてもきつかったですね。


あんまり束縛とは関係の無い体験談ですみません。

◎質問者からの返答

>気付かない内に、自分が思っていた以上に大きな存在になっていたようです。

ほんとに、気付けないものですよね。いつのまにか相手の存在を当たり前と考えるようになっていました。最初は傍にいてくれるだけで感謝していたのに。

束縛という関係の後には孤独感が残るのかもしれませんね。私はそれが恐いです。

>あんまり束縛とは関係の無い体験談ですみません。

いいえ、辛い体験なのに話してくださってありがとうございます。


5 ● masyuta
●20ポイント

約束ひとつ

「信じる」と「真実」は関連がありそうで実は関連ありません。

「信じる」とは自分に「信じる事」を許す事です。

「真実」とは多面的に評価して、その中で最も整合性の高い事実の事です。

つまり「信じる」とは自分自身がそうありたい(信じたい)という気持ちを自分自身で許す事で、自分の内面の事象に過ぎませんので、その信じた事が「真実」であるかどうかは、全く別の事象です。(なにやら禅問答みたいになってしまいましたかw)

束縛と言うのは、相手を信じたいがために相手の「真実」を、より多く相手に求める行為だと思います。しかし、相手からどれだけの「真実」を求めて得られようが、あなた自身があなたに「パートナーを信じても良いよ」と許してあげなくては、束縛からは離れられないでしょう。そして、na-ruさんはパートナーだけでなくna-ruさん自身も束縛しているのです。

私には、なかなか会えないパートナーがいますが、たった一つの約束を信じています。そして、その約束によって私はパートナーの他の全ても信じています。もちろん、パートナーは私に対して全ての真実を伝えている訳ではないでしょうが、それでも「伝えない理由も含めて」私は信じています。これは私が私自身に「それで良いよ」と許したからです。

可能性として結果的に私は間違った選択をしているのかもしれません。しかし「私の人生で私自身がそう許した事」なので、後悔もしなければ、信じた事が「真実」でなくてもパートナーをとやかく言う類(たぐい)の事ではないと思っています。

私たちのたった一つの約束は。

「これから先、お互いの気持ちや考えが変わって、これまで通りの関係でなくなるとしても、それはそれで仕方が無い。でも、もしそうなった時には、必ず相手に誠実にきちんと伝える事。自分を偽って無理したりしない事」

私はこの約束が守られる事を信じていますので、それ以外は安心して相手に任せ、束縛しようとは思いません。

束縛した経験談ではなく申し訳ありませんが、参考にでもなれば幸いです。

◎質問者からの返答

>na-ruさんはパートナーだけでなくna-ruさん自身も束縛しているのです。

私が陥っている状況を端的に言葉で表現されて、少し視界が開けたような気がします。自分で自分を縛っている感覚はあったけど、言葉として意識していませんでした。

上手くいかない!

とフラストレーションを感じることがよくあります。意図していたことと現実が違くて苦しいというか。信じると真実の関係に似てるかもしれません。

少し難しいお話ですね(笑)熟考して整理しています。Shareの話とも関連があるようにも思えます。方向性が見えたような気がします。ありがとうございました。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ