人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

妻と2人で株式会社の設立を考えています。

設立時の資本金の出資率ですが、私が100%にした方がいいのか、それとも私が50%、妻が50%にした方がいいのか。

それとも私が70%、妻が30%。

上記それぞれの場合のメリット、デメリットを細かく教えていただけないでしょうか?

あと、会社を設立する際に必要な実印ですが、夫婦間で1つの実印しかもっていない場合は、妻のために新しい実印を用意しないといけないのでしょうか?

ヘルプお願いいたします。

●質問者: eekate
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:デメリット ヘルプ メリット 会社 出資
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Baku7770
●60ポイント

民事局

確実な方から。

>必要な実印ですが、夫婦間で1つの実印しかもっていない場合は、妻のために新しい実印を用意しないといけないのでしょうか?

あり得ません。登記が必要ですから、確実に一つだけです。ただし、社長印と専務取締役印といったような印鑑の持ち方は可能です。

出資比率の関係ですが、贈与税や相続税の関係などもありますので判断できません。現在奥様に相当の資産があるのならどちらかが亡くなられた時のことを考えて、半々にされておいた方がいいとは思いますが、増資の関係もありますので判断しかねます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ