人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「青空文庫」で冊子づくりをしようと思います。芥川龍之介の「蜜柑」は決めたのですが、何かお奨めのものがありましたら、ご紹介下さい。作者と作品名をお願いします。

●質問者: aoi_ringo
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
✍キーワード:お奨め 芥川龍之介 蜜柑 青空文庫
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● ポチル
●10ポイント

夏目漱石の「硝子戸の中」是非お願いいたします!

◎質問者からの返答

さっそくの回答をありがとうございました。

そうですね。あの静かな感じは何度読んでもいいですね。入れます。

ありがとうございました。


2 ● icchan0000
●10ポイント

冊子の目的がわからないので、コンセプトから外れていたらノーポイントでオネガイシマス。


芥川を入れるなら、ロシアの芥川(え?)ゴーゴリも是非。

http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person207.html#sakuhin_list_...

◎質問者からの返答

冊子は、「楽しい本」がコンセプトです。あとで、読みますね。回答者様がお気に入りなら、それでいいんです。ありがとうございました。


3 ● peach-i
●10ポイント

夏目漱石の「こころ」はどうでしょう

◎質問者からの返答

そうですね。ちょっと長いかも・・。文庫本でももってるから・・。でもお気持ちはうれしいです。ありがとうございました。


4 ● TomCat
●10ポイント

http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person93.html#sakuhin_list_1

南方熊楠「十二支考」

青空文庫にはまだ、虎、兎、蛇、馬しかないですけど、作業中の作品に期待しつつ一項目ずつ製本して、ゆっくりコレクションしていく楽しみがありそうです。

ほら、子供の頃、ありませんでした? 小さな薄い絵本が可愛いケースにまとめて収まっていたようなセット。将来的にはそれと似たような大人のコレクションが作れそうですよ。ちょっと楽しくなってきます(^-^)

また、こういうPCではちょっと読み疲れしてしまう作品こそ、冊子作りには最適ではないかとも思います。

http://www.aozora.gr.jp/cards/001128/files/43037_15804.html

日本国文部省「あたらしい憲法のはなし」

今、憲法問題がやたら激しく政治の舞台で語られていますが、

といったことを知るための一つの手がかりがここにあります。

もう、めったに見ることのない文献だけに、この一編に潜む価値は極めて高いと言えるでしょう。

この文献から、戦勝国押しつけの卑屈さが見えるのか。それとも、やっと手にした平和と自由への希望が見えるのか。

私たちが憲法問題を語るのは、それからです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ちょっと難しいかも。でも、見てみますね。


5 ● panda50
●5ポイント

癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか (角川文庫ソフィア)

癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか (角川文庫ソフィア)

  • 作者: アンドルー ワイル
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫


文芸作品では、ないのですが、とてもいい本だと思います。

お勧めです。

◎質問者からの返答

えーっと、青空にありますよね?

ありがとうございました。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ