人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

飲むとき、1軒目、2軒目・・・とハシゴするのが楽しいっていう感覚がわかりません。

最初の1軒で長く楽しむのと何が違うんですか?
ハシゴは何が楽しいんですか?

●質問者: shibakenken
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:ハシゴ 感覚 楽しい
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/15件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●14ポイント

?まずは居酒屋で腹ごしらえをしてから、スナックなどに行く。スナックなどではあまりいい食べ物がないことが多いため。


?いまいち今日は話が弾まないというとき、場所を変えると盛り上がることがある。


?酔うと気が大きくなって高い店でも行きたくなってしまう。


2 ● steigen
●14ポイント

こんばんは。

私はたまにしかハシゴ酒はしない方なのですが、わりと好きです。

そこで、はしご酒が楽しい理由を今思い浮かんだだけ挙げてみます。


・飲み会の仕切り直しが出来る。

近場で飲んでいた友人と合流したり、1?2時間くらい遅れてきたメンバーが加わったときに、座が馴染みやすくなるようにするため(飲み始めてしばらくするとテーブルの上のコースターや箸や皿等が汚れてくたびれた感じになるから)。


・腹具合に合わせて場を変えられる。

1件目では飲みながら料理もガッツリ食べて、2件目ではバーのようなところで飲み物だけ飲んで、という感じで。


・終電や帰りを気にしなくていい。

地元の友達と飲むとき等は、1?2件目までは繁華街で飲んで、終電に間に合わせて乗って、最後は地元で飲み続けることもあります。


多分上記の3つの理由が複合的になった結果、ハシゴ酒になるのではないかと思います。

パターンとしては、メンバーが全員そろうまでパブ等で時間を潰しながら軽く飲んでる→皆がそろったらレストランや居酒屋に移動して飲み食いする→食べ終わったら少人数に別れて移動してバー等でお酒だけ飲む、っていう感じですかね。

また、店の回転率のことを考えると長時間1つの店にいるのが申し訳ないような気がして(店自体が混んでいて2時間制の時もある)、

話たりない時に「じゃー、もう少し話したいから移動するか?」となります。


3 ● kaoru1107
●14ポイント

私も“はしご”それ自体には楽しみを見出すことはできません。

ただ、忌憚なく楽しい会話を楽しめる相手や仲間と酒を酌み交わすのは楽しいです。

私にとって“はしご酒”とは、そういう相手や仲間と離れがたい、別れがたい気持ちの表れです。


4 ● peach-i
●14ポイント

人それぞれの意見あると思いますが、店を変える事で気分が変わりますよね

おなじ店にずっと居ると何故か疲れます。

次第にダラけてきて、会話も盛り上がりにかけたり・・・

ただ私の場合のハシゴは、ま一軒目の店が閉店するのが早いときなんかは2件目を利用したりして、朝までやっている店に移動する・・・なんてときにハシゴすることが多いですね


5 ● alfalfarm
●14ポイント

結論:同じくよく分かりません。それでぼくなりに考えた理由を。

店によっては客の長居を嫌うもので、注文しないならお勘定をお願いします、という意味のことを言われたことがあります。普段はそんなに露骨に商売の本音を言われないだけ、と考えたほうがいいのでは。

2次会へ移動するという理由によって、店は気持ちよく送り出せるし、客側のメンツも保たれる、ということなのかなと思ったりします。多分そういう側面はあるでしょうね。


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ