人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

もしあなたの自宅にスパコン(スーパーコンピューター)があったら
やってみたいことを答えてください。

●質問者: tian
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:あなた スパコン スーパーコンピューター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● lancer855
●0ポイント

円周率を永遠に求めつづけるか、ややこしい計算をたくさん解く。

どっちかやりたいです。

◎質問者からの返答

以降、回答される方は質の高い回答をお願いします。

なぜ普通のパソコンでなくスパコンでなければならないのか、を熟慮した上で回答してください。


2 ● ootatmt
●5ポイント

自分の家の周り10Kmの範囲の24時間後の気象シミュレーション。

これで雨に濡れることがなくなるはず。

◎質問者からの返答

以降、回答される方はもう少し詳しく書いてください(最低でも10行は欲しいところですね)。

自分の家の周囲だけの気象シミュレーションというテーマにしても、突き詰めればかなり深められると思いますが。


3 ● you-pon
●10ポイント

質の高い考えではないかもしれませんが・・・


地球を完全に再現した世界を作って、その中を自由に動き回れるゲーム(?)をやってみたいですね。

実写と見間違えるような最高品質のグラフィックはもちろん、

全世界のあらゆる建物の内部から、

地面に落ちてるもの、そんな細かいものまで全てを再現。

また、人を含めた全ての生き物の動き、思考パターンまでも考慮され、

その中ですでに社会が成立している。

まるで、今の人生とはまったく異なるひとつの独立した人生を体感出来る様な、

そんな世界をスパコンの力で体験させて欲しいです。

もちろん、その世界をどう生きるかは自由。

私は、その世界で沈没船や埋蔵金なんかの宝探しに情熱を燃やしてみたいですね。

もっと言えば、地球に限らず、宇宙全体を再現して欲しいところです。

気軽に宇宙旅行が出来て、

自分が気になる惑星を自由に探索出来るなんてわくわくします。

◎質問者からの返答

なるほど。面白いと思います。


4 ● きょくせん
●35ポイント

ライフゲームによる地球規模生態系のシミュレーション。

学生時代レポート目的でやった『ランダムウォークシミュレーション』(微生物が栄養(ここではグルコース)を摂取する時まず第一点で測定した濃度を基準に第二点でその濃度が高くなったか低くなったかを測定し、その結果直進するか否かを判定して移動する=その動きが酔歩様をとるという話を元に、その直進判定を行う所をモデル化して行ったシミュレーション)をやった時、3モデル200回で一晩かかった思い出があるのですが……当時は386-12MHzぐらいだったと思うんですがね、スパコンであれば地球規模ぐらいで生産者・消費者・分解者の3者と大気組成ぐらいはシミュレーションできるかなぁ、と。で、どうなってくかボンヤーリと眺めていたいと思うのですよ。生物種には変異パターンなんかも入れておいて、その遺伝子がどうなっていくか、とか。当然より複雑化して行くものと思うのですが、むしろ単純化していくのかなぁ、とも。その辺りは種の個体数で判定すればいいですよね。

個体の具体的なモデル設計は詰まる所遺伝子となるんですが、可能であれば各個体ごとに変異もさせたいですし、ウィルスなんかも投入したい。センダイウィルスのようなものが進化にどういう影響を及ぼすかというのもシミュレーションしてみたいですね。

で、問題になるのは形態まで描くのかどうか。遺伝子データ上で形態を規定する所だけ作っておいて、それがどう変化していくかというのだけでも見ていて面白いとは思うのですが、それを実際の絵として見れたら面白いのは面白いですね。それと知能や翼なんかのファクター。この辺りは遺伝子上に一定の変化が蓄積されたら可能になると言うような仕組みを入れておかなきゃなら無いのかもしれないのですが、そうなると現在では存在しない生物がシミュレートできない知れない。

モデルを何処まで単純化するのか?と言った話にもなりますけれども、スパコンだったら結構な事ができるのかなぁ、とも。

◎質問者からの返答

なるほど。これも面白そうですね。

簡単な人工生命体みたいのを作って、それに最低限の思考ルールを与えて、後は放置。

で、10億年たったらどうなっているか。とか、やってみたいですね。


5 ● jyouseki
●35ポイント

http://www32.ocn.ne.jp/~yss/index_j.html

このページの管理人はコンピュータ将棋選手権で常に上位に入賞している将棋プログラム「YSS」の作者です。

http://www.computer-shogi.org/


現在の将棋プログラムを最速クラスのパソコンで動かした場合、このページではアマチュア5段の棋力があると書かれています。

5段はアマチュアの中ではトップクラスで、6段以上は全国大会で優勝してもおかしくない棋力です。

アマチュアのトップとトップクラスのプロ棋士の棋力の差をはっきり数値で示すことはできないのですが、スーパーコンピューターが使えれば将棋プログラムは人間のトップに追いつくか、あるいは抜く可能性があります。

将棋ファンでコンピューターに関心が強い私はぜひやってみたいです。

そんなプログラムが書ける腕は自分にはないので、一流の将棋プログラマーを雇わなければなりません。

◎質問者からの返答

なるほど。

私も最近チェスのプログラムについて考えたことがあったんですが(http://q.hatena.ne.jp/1160631265)

将棋にしろチェスにしろ強いプログラムを作るには、結局のところ

過去の譜面をデータベース化して、それをどれだけ速く検索できるか、10手先20手先30手先まで読めるか、

という話に尽きるんですよね。やっぱり。


譜面のデータベース化に頼らずに、アルゴリズムだけで名人級の将棋プログラムが作れたら凄いなーと思います。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ