人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私は男性ですが、先日山田詠美の本を読んで非常に新鮮な感覚を覚えました。私が普段男性作家の小説しか読んでいないせいだと思います。
そこで、女性作家が女性視点で書いている小説でお勧めがありましたら教えてください。
回答は女性に限らせていただきたいと思いますが、回答の集まりが悪かったら、途中で変更します。
URLはできたらアマゾンで。既出の作品はなるべく避けてください。

●質問者: jwo
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:URL お勧め アマゾン 作家 女性
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● mmmx
●17ポイント

やはり、女性らしい、となりますと

きらきらひかる (新潮文庫)

きらきらひかる (新潮文庫)

  • 作者: 江國 香織
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

つめたいよるに (新潮文庫)

つめたいよるに (新潮文庫)

  • 作者: 江國 香織
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

江國香織さんを思い出します。

冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)

冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)

  • 作者: 江國 香織
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)

冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)

  • 作者: 辻 仁成
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

この2冊を読むのも面白いです。

一つのストーリについて、男性からの視点と女性からの視点

両方が楽しめるので。

◎質問者からの返答

冷静と情熱は映画見ましたけど、面白くなかったです。江國さんのは以前から読んでみようと思っていました。


2 ● peach-i
●17ポイント

バッテリー (角川文庫)

バッテリー (角川文庫)

  • 作者: あさの あつこ
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

このあたりは如何でしょう

◎質問者からの返答

ベストセラーになった作品ですね。こういうひと言回答を見ると、回答者が読んだ上で回答しているのか不安になるのですが、自分が読んで、これは人に勧められると思った本だけにしてもらえますか。


3 ● kurupira
●16ポイント

私も山田詠美時々読みます。

あとは山本文緒をおすすめします。

最近だと「プラナリア」です。

女性の嫌な面もうまく書かれています。

◎質問者からの返答

なるほど。プラナリアは気になってました。読んでみようかな。


4 ● threecloudjp
●16ポイント

恋愛中毒 (角川文庫)

恋愛中毒 (角川文庫)

  • 作者: 山本 文緒
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

私も山本文緒かなぁと思います。

ドラマにもなった「恋愛中毒」なんか女性として共感を覚えるところがとても多いのですが、男性が読んでどんなふうに感じるかが逆に知りたいなぁと思ったりも。

文体は割合ドライで男らしいですが、描かれている心情はものすごい女らしいものだと思います。良くも悪くも。

◎質問者からの返答

二人目のお勧めですね。これは読んでみなければ。


5 ● steigen
●16ポイント

印象に残っている現代女性作家の作品を一つずつ挙げます。


永遠の出口 (集英社文庫(日本))

永遠の出口 (集英社文庫(日本))

  • 作者: 森 絵都
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4087460118/sr=1-4/qid=1161013...

女友達の話を聞いているような感覚で読めました。

それゆえ、一生に渡って何度も読み返すような小説ではないなぁとも思いました。


西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

  • 作者: 梨木 香歩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101253323/sr=1-2/qid=1161014...

梨木香歩の作品はすべて購入しています。

『西の魔女が死んだ』はベストセラーにもなりましたが、ちょうど読了した頃に、私が尊敬する恩師(50代の男性)も読んでいたことを知ってえらく感動した覚えがあります。

これに限らず、好きな人が読んでいる小説って無条件に良いものに思えてしまいます。


キョウコ モリ『シズコズドーター』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4042786014/sr=1-2/qid=1161014...

作者の自伝的要素も含まれているようで、とても主観的な作品です。決して万人受けするような作品ではありませんが、私自身は思春期の頃に読んで涙が止まりませんでした。ただ、感動が薄まるのが怖くて初読以来一度も読み返していないので、過剰評価しているかもしれません。


ちょっと昔の作家(すべて故人)になりますが、林芙美子・向田邦子・有吉佐和子なんかも女性の心理描写が巧みなのでお勧めします。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。書評について、こうして自分の言葉で話してくださるのが一番参考になります。そろそろねます。また明日。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ