人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

建物賃貸借契約における、
連帯保証契約について教え下さい。

借主の滞納等が恒常的で悪質な場合において、
連帯保証人からの申し出により、
現在存する滞納家賃全額を自分(連帯保証人)が
一括で支払うので、その条件として、
連帯保証契約を解除し、今後の債務責任は負わないとすることは可能でしょうか。

尚、主債務者である本人とは連絡がとれない、
または、文書等による承諾が取れない状態であることと仮定し、
また、連帯保証人と貸主との間では、
連帯保証契約の解除につき、合意が得られているものと仮定します。

宜しくお願い致します。

●質問者: kamo-kamo
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:債務 債務者 契約 家賃 建物賃貸借
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● hamster009
●60ポイント

連帯保証人は貸主との契約なので、両者が了解すれば解除することは可能です。

しかし、滞納家賃を払わせた後に、荷物を出すとすると、滞納家賃がない状態ですから、本人との契約を解除する理由がなかったことになります。だから、この辺順序的にむつかしいですよね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ