人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

野外で水性ペンキを使用して絵を描いて、乾燥したので立てかけて片付けたところ、ペンキが垂れてきていました。原因と対策を教えてください。

●質問者: ito21694
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:乾燥
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●27ポイント

http://users.arcmedia.co.jp/eco/100/08/8-4.htm

これはおそらく厚塗りした部分が垂れてしまった、ということなのだろうと思います。

水性ペイントというのはエマルジョン、つまり水に溶けない物(ペイントの場合は合成樹脂など)が小さなツブ状になって水の中に分散している状態で出来ています。で、塗って水分が蒸発すると、合成樹脂が残って塗膜を形成するわけですね。

そうして塗膜になったものは再度水には溶けず、ある程度の耐水性も持つようになってくるわけですが、しかしミクロの世界で見てみると、やはり粒として水中に拡散していた合成樹脂は固まっても粒は粒で、溶解した物から溶剤が抜けて固まった物とはわけが違います。つまり水性塗料の塗膜には、湿気などを通してしまう性質がある、ということです。

したがって、厚塗りされた部分は表面が塗膜になっても内部はまだエマルジョン状態のままの可能性があり、この場合、吸湿してゆるくなれば、当然垂れることもある、というわけです。

これを防ぐためには、厚塗りを避けることが第一です。下地の色が抜けて見えてしまうような所はまず下塗りをして、それが完全に乾いてからさらに上塗りをする、といった方法でやっていくのが一番です。


2 ● jyouseki
●27ポイント

http://oshiete.homes.co.jp/kotaeru.php3?q=2364898

>DIY用の塗料は少し乾燥時間が長くなっていますので、思っていたよりも長めに乾燥が必要だったのですね。

>乾燥時間は触ってもくっつかない時間というだけです。

>物を乗せられる時間はまた別でして、普通の塗料だと1?2週間位経ってからが乗せられる強度になるようになっていますね。


水性塗料が完全に乾くには1?2週間もかかるそうです。

1週間以上たってから紙やすりでムラになった部分を平らにして、再塗装してください。

万全を期待するのであれば、1週間横にしておくといいです。


3 ● love-and-peace
●26ポイント

こんにちは

1.原因

ペンキを厚く塗りすぎたため、表層は乾いているが、内部の水分が抜けきっていなかった。

2.対策

a.一度に大量のペンキを厚く塗らない。薄いペンキを何度も重ね塗りするようにする。(乾いては塗り、乾いては塗り、と繰り返す・・・これは鉄則)

b.1昼夜くらいは立てない。サイズにもよりますが乾燥室のようなものが用意できるならそこになるべく長く保管する。

3.余談

油彩ですがポロックという画家はものすごい量の絵の具を使うことで知られていました。バケツでぶちまける感じです。この人はもちろんキャンバスを床に置き書き上げて数ヶ月は放置していたようです。

http://www.coara.or.jp/~tt/books/bkshelf/bkmain5.htm



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ