人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

システム開発会社勤務の者です。システムの見積について質問です。
10人日で見積もったシステムですが、システムに不具合があった訳でもないのに、何度も作りなおしを迫られ1ヶ月の作業を余技なくされました。しかし、お客さんは10人日分の請求しか受け付けないと仰っています。
これは法的に請求することは出来ないのでしょうか?
法律関係に強いの方、また同じケースにあったシステム会社の方、教えてください。

●質問者: yoiko333
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
✍キーワード:システム 不具合 人日 会社 法律
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kurukuru-neko
●23ポイント

基本的には契約次第です。

最初の10日で見積もった内容で

システムで開発契約・承認をもらった場合

相手が不当です。

下記URLの下請法(資本金により決まる)

に該当する場合、受領拒否、不当なやり直し等の禁止

に該当するので、下記URLの最寄の支店

で相談をお勧めします。

偶然来月は、キャンペーン月間なので親身に相談に

乗ってくれます。

下請法に該当しない場合は、契約と明らかに違う

場合訴訟するか、今期よく交渉するしかありません。

下請法

http://www.jftc.go.jp/sitauke/

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

参考にさせて頂きます。


2 ● Twill
●23ポイント

>システムに不具合があった訳でもないのに、何度も作りなおしを迫られ

この理由が問題です。

kurukuru-nekoさんもおっしゃっていますが、契約内容とこの状況とを比較する必要があります。

失礼かもしれませんが、「システムには不具合はないが、要件の確認を充分にしていなかった」という可能性も(はてなの文章上では)0ではなかったので。

そして

>1ヶ月の作業を余技なくされました。

ということですが、ここも契約内容との突合せになります。

完成したシステムを引取っていただけなかった(この会話では請負契約となりますが)ということであれば、その理由は明確にすべきと(一般的な契約書のテンプレを使用したのならば)契約書にうたっていると思われます。

このようなトラブルの場合、やはり契約内容=契約書の記載が非常に重要ですので、契約書と状況(NGとされた書面など。最悪メールでもないよりかはあったほうがよい)を持って法律相談をされたほうがよいと思います。

◎質問者からの返答

御回答ありがとうございます。

契約書はなく、人日換算の見積書のみです。

システムは引き取って頂いております。

どうやら分が悪そうですね。。


3 ● konchan117
●22ポイント

前出ですが、契約内容によると思います。


>システムに不具合があった訳でもないのに、何度も作りなおしを迫られ

・・・とありますが、有償or無償の修正(サポート)の契約内容はなかったのでしょうか。

また、作り直しの内容はどのようなものだったのでしょうか。(仕様内、仕様外)

基本的には、10人日との契約、システムに不具合がないのであれば作り直しに応じる前にきちんとした取り決めが必要でしょう。

そこで取り決めをしなかったのでしょうから、全く落ち度がなかったとは言えないと思います。(今更ですが)


どうしてもかかった分の料金を払ってもらいたいのならば、その道の方に相談するのが一番早い方法ですよ。

時間がたつともっとこじれてしまう場合もありますし。。。


あまりお役に立てなければポイントは結構です。

◎質問者からの返答

御回答ありがとうございます。

契約書はなく、人日換算の見積書のみです。

サポートについても取り決めはありません。

システムは引き取って頂いております。

どうやら分が悪そうですね。

最悪支払い拒否になりそうな雰囲気なので。

払ってもらえるうちに和解する方向で考えます。

ありがとうございました。


4 ● paxil
●22ポイント

契約・仕様・要件定義の内容次第だと思います。

そこで明記してない分の作業の分は請求できるでしょう。

契約等があいまいだったとすれば、残念ですが、実際は泣き寝入りとなってしまうと思います…。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ