人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

著作権とアフィリエイトについて質問です。

アフィリエイト目的で「用語集」を作っている人が多くいますが、元データはどこから取ってきているのでしょうか?

たとえば他のサイトからコピペだったら当然違法ですが、微妙に文言を変えつつ辞書を転記するような場合は法的にどうなんでしょう。

用語集サイトがアフィリエイトの一手法としてよく紹介される割には、その点にまったく触れられてないので質問してみました。

法律に詳しい方、ぜひ教えてください。

●質問者: bababa
●カテゴリ:インターネット 政治・社会
✍キーワード:アフィリエイト コピペ サイト データ 微妙
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● myrmecoleon
●35ポイント

コピペ(転載)は著作権法でいう複製権の侵害です。

文言の変更はこれに同一性保持権の侵害が追加されます。

引用の要件を満たす場合は転載ではなく引用として認められますが,用語集という形態はこれには該当しません(引用部分が大半であるため)。

ついでに出所や原著者の氏名の表示を怠った場合,これも侵害の用件に加わります。


つまり,黒。

コピペする文書にもよりますが,通常は違法ですね。


ちなみにウィキペディアのように改変まで含めて転載を認めているサイトもあります。こうしたサイトの文言であれば転載して用語集を作成するのもよいでしょう。ただし,著作権とは別の縛りがある場合もあるので注意。たとえばウィキペディアなら以下。

Wikipedia:著作権


2 ● shun262
●35ポイント

微妙に文言を変えた場合は同一性保持権の侵害になります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E4%B8%80%E6%80%A7%E4%BF%9...

微妙に変えるくらいなら、書き直した方が安全です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ