人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

周波数 20kHz、測定電圧 10Vrms、アドミタンス 20mS、静電容量 3000pF、最大許容入力電力 200Wのボルト締めランジュバン振動子を出力150VAで振動させる回路を製作したいと考えています。
発振器は手元にあるものを利用できるのですが、RFパワーアンプはレンタルでも結構高価なので、自作できないかと考えています。このような高出力に耐えるパワートランジスタまたはオペアンプは、
どのようなものがあるのでしょうか?また、回路設計についての知識があまりないので、どのような回路にすれば良いか、また注意点などもお教え頂けると幸いです。
なお、製作に使える予算は5万円程度です(最大でも10万円)。

●質問者: malma
●カテゴリ:科学・統計資料 家電・AV機器
✍キーワード:Rf アンプ オペアンプ タン トランジスタ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● jan8
●60ポイント

回答にならないのでポイントは要りません。

製作例があります。自励式ではなく、PLL発振回路で他励する回路ですが、パワーアンプは参考になるのではないでしょうか?

「実験で学ぶパワー・スイッチング回路」

「超音波発信機の試作(その1)」

トランジスタ技術2001年11月号283p-289p

「超音波発信機の試作(その2)」

トランジスタ技術2001年12月号238p-246p

ランジュバン振動子の駆動条件は、周波数 38kHz前後、アドミタンス 43mS(無負荷)~8.3mS(負荷)、静電容量 10000pF前後、出力 100Wです。パワーFET 2SK1168を2個使ったハーフブリッジ回路で駆動しています。

◎質問者からの返答

製作例があると非常に参考になると思います。

情報ありがとうございます。

上の文献を調べてみたいと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ