人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【MTSのトランザクション管理について】マイクロソフトの製品でMTSというものがあります。これを使うとデータベースとファイル操作の管理が1トランザクションで行えるようになるのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

●質問者: mukoubuti
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:データベース トランザクション ファイル マイクロソフト 操作
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● nzg
●60ポイント

MTSの分散トランザクションサポートは、MS DTC (Distributed Transaction Cordinator)プロセスを介した2フェーズコミットによって実現されています。このとき内部的に利用されるプロトコルが、X/Open XAプロトコルです。すなわち、MTSの分散トランザクションでは、X/Open XAプロトコルをサポートするデータベースが対象で(SQL Serverを始めとするほとんどの商用データベースが該当します)、逆にXAプロトコルを持たないファイルシステムを、同一トランザクション内に組み込むことはできません。「データベースとファイル操作の管理」を1トランザクションで行うのは無理だと思います。

ところで、mukoubutiさんは、たまたま MTS の言葉を知ったのか、それとも意識して使っているのか、どちらでしょう? MTSは 元々 Windows NT 4.0のアドオンパッケージとして登場した製品ですが、現在では「COM+」の名称で、Windows 2000 および Windows XP に直接統合されています。また Visual Basic 6.0では、COM+アプリケーション作成の際にいくつかできないことがありましたが(Visual C++ 6.0が必要)、Visual Basic .NETであれば COM+の機能をすべて利用できます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ