人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【大田原牛が生きているときはどんな牛なのでしょうか?】

http://gjm3.net/otawaragyu.html
こちらのページによると、「大田原牛の脂肪の融点は19℃」だとありますが、
もしそうだとすると、生きているときの大田原牛は自分の体温で脂が溶けてしまい、液体生物?のようになってしまうのではないでしょうか。

・融点19℃は嘘である
・融点は確かに19℃だが、このような理由で液体生物にはならない

など、仮説・御意見・解説をお願いします。

※大田原牛の味、美味い不味いは回答として求めておりません。あくまで「脂肪融点19℃などという哺乳類が存在できるのか?」という素朴な疑問です。

マグロとか魚類なら脂肪融点が低いのもわかるんですがねぇ・・・

●質問者: noni_juice
●カテゴリ:グルメ・料理
✍キーワード:マグロ 哺乳類 大田原牛 存在 意見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● dum
●35ポイント

http://www.matsusakaushi.jp/bunseki/index.html

他の牛も融点は体温以下ですよ。

脂肪細胞という細胞の形であるから液体でも大丈夫なんですよ。

逆に固体だったら、栄養として取り出すのが難しいと思う。(だから、冷たい海で泳ぐ魚の脂肪の融点はかなり低い)

死んだり冷凍したりしたら細胞膜が破壊されて溶け出すんでしょう。

◎質問者からの返答

なるほど。ありがとうございます。

参照ページをみると、松坂牛の融点は17.4℃とありますね。

融点低いほうがエライのなら、

松坂牛>大田原牛 ということになりますね。


2 ● HONMA9691
●35ポイント

あくまでも脂肪ですから。姿形は骨、筋肉ですし。

生きている間、脂肪が液体なのは人間も同じでしょう。固体だと脂肪吸引できません。

◎質問者からの返答

なるほど、そうですね。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ